タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2018.071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6
9 10 11 12 13
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[11/15 しぶぞう]
[11/15 NONAME]
[10/23 しぶぞう]
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
カウンター
アクセス解析
チェンマイのお寺、ワット・プラ・タート・ドイ・カムです。
チェンマイ市街の西の方、ちょっとした山のテッペンにあるお寺です。

本堂・・・かな?

結界石がないから違うかも。
結構きらびやかなお堂です。
前の石碑にタイ航空のマークが入ってます。
このお堂を建てるのに、タイ航空がお金を出したってことなんでしょう。

お堂正面の装飾と壁画。

クジャクとかイロイロな鳥がいたりして、結構凝ってます。

お堂の内部。


よく見るとメインの仏様の前に涅槃仏がいらっしゃいます。

イッパイ掛けられてる白っぽいのは、花を数珠つなぎにしたモノです。
上の方、ほとんど本体が見えなくなってますが・・・。

壁画にシヴァ神が描かれてます。

ちょっとデキはイマイチですが。
一面四臂の姿は、インドでもまあ有ることは有ります。

コッチはヴィシュヌ神ですね。

ナーガがタイ風じゃなくインド風です。
絵がイマイチなのは良いとして、なんでちょっと右に寄ってるんでしょうか・・・?
背景も手抜き過ぎでしょ・・・。

扉の装飾。

ガルーダに乗ったヴィシュヌ神です。
コチラはタイ風。

本堂の手前の方に大仏様がいらっしゃいます。

パツキンの大仏様です・・・。

お顔のアップ。

結構特徴的です。

大仏の前辺り。

拝みながらゾウ像の下をくぐって回ってる人たちがいます。
奥に何か像が立ってます。

奥の像。

オッパイ丸出しの女性ですね・・・。
どなたなんでしょう?
左手に棒かなにかを持っておられます。

コチラはお坊さんですが、どなたか分かりません。

杖をついて鉢を持っておられます。

コレはお馴染み、ウドラカさんですね。

なんで3体有るのか解りませんが。
あとなぜかプラ・ピッカネー(ガネーシャ神)もいらっしゃいます。

3人の女性?像。

木の精・・・かな?
木が見当たりませんが・・・。

コチラもよく解りません。

女性っぽいです。

大仏様と最初のお堂を振り返ったところ。

結構参拝者多いですね・・・。

2/2 に続く・・・。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.676No.675No.673No.672No.671No.670No.669No.668No.667No.666No.665