タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2018.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[11/15 しぶぞう]
[11/15 NONAME]
[10/23 しぶぞう]
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
カウンター
アクセス解析
プレーのチャオ・プラヤー修道院の続き。

お坊さんの像。


外に有ったのと同じ、チャクラを指差す仏様。

コッチがオリジナルでしょうか?

洞窟の横にある建物の祭壇。


さっきの建物を外から見たところ。


右の方に行くと、山の上に登る階段が有ります。

車で行くルートは無いので、仕方なく登ることにします・・・。

途中で追い抜いて行ったイヌ・・・。

「早く来いよ」って顔で見てます・・・。

やっとこさ大仏様の所まで登りました・・・。

デカい鉢が有ります。

大仏様の土台部分。


大仏様を見上げたところ。

割と特徴的なお顔です。

土台の中に祀られている仏様。


ココにも4面仏が有ります。


チェディー。

そんなに大きくないです。

チェディーの内部。

聖水?か何かが祀られてます。

チェディーの裏にある祠。

かなり粗末ですが・・・、案外コレが元々有ったモノなのかもしれません。

頂上から見た景色。

周りは山・・・のみです。

頂上に登るのは結構キツかったです・・・。
大した高さじゃないですが、ずっと階段なので。
何組かお参りに来ていました。
売店とかも有ります。
観光で来るほどの見どころは無いですが・・・。

地図

拍手[1回]

プレーのチャオ・プラヤー修道院(?)です。
よく分かりませんが、お寺ではないようです。
プレー市街から西の方へずっと行き、結構山の中に入った所に有ります。

コレはソンクランがらみのヤツですね。

ソンクラン中、プレーのお寺でよく見ます。
右奥に有るのは、山の上に資材を運ぶロープウェー?ゴンドラ?みたいなヤツです。

弥勒仏。


仏像とかイロイロ・・・。

2羽のアヒル?ハクチョウ?がよく分かりませんが・・・。

変わったポーズの仏様です。

右手にチャクラを持ち、左手でそれを指差しておられます。
他では見たことないです。

柱の上に4面の顔が載っています。

ときどき見かけますが、何でしょうか?
プラ・プロム(ブラフマー神)かな?
アンコールのバイヨンの像っぽいです。

奇妙な形の塔?が建ってます。

建設途中ですね。
下が祠になってます。
その右、山のてっぺんに仏像とチェディーが見えます。

祠の中の様子。


ココにも4面仏?が有ります。

穏やかなお顔ですね・・・。

別の礼拝所(テント)の仏様。


下から見上げた仏像とチェディー。


分かりづらいですが、奥の方に洞窟っぽいのがあります。


洞窟の中から見たところ。


そんなに深くなく、イロイロ祀ってあります。


洞窟の仏様。


ウドラカさん、かな?


2/2に続く・・・。

拍手[0回]

プレーのお寺、ワット・シ・チュムです。
プレー市街、ワット・プラ・バート・ミン・ムアンとか市役所とか近くに有ります。

境内にはお堂が3つ並んでいます。
左のお堂。

結構ジミなお堂です。

お堂内には立仏がいらっしゃいます。


立仏足元の祠(?)


祠の仏様。


真ん中のお堂。

奥にチェディーが見えます。
コレも割とシンプルな装飾ですね。

正面の装飾。

拝んでる3人のお方はどなたなんでしょう?

お堂の内部。


お堂の仏様。


右の方の仏様。

左のはガンダーラ仏っぽいです。

奥のお方はプラ・サンカチャイかな?

あまり太っていないですが・・・。

右の方、プラ・メートラニーがいらっしゃいます。

お堂内にこういう感じで祀られているのって、あまり見ない気がします。
なかなか良い感じです。

このお方はどなたでしょうか?

リュートを奏でておられます。
プラ・イン(インドラ神)かな?

一番右のお堂が本堂のようです。

コレが一番小さいですが。
閉まってました。

本堂の扉。


チェディー。

割と立派です。
煉瓦むき出しで上塗りしていません。

真ん中のお堂の裏にある経蔵。

壁に絵が描かれてます。

お寺入り口の所のナーク。


こじんまりしていますが、割と見どころあるお寺です。
参拝者はほとんどいませんでしたが・・・。

地図

拍手[0回]

プレーのお寺、ワット・プラ・ルアンの再訪です。
前回のはコチラ
ヨメさん実家の近くなので、実は何度もお参りしてますが、写真は撮ってなかったので今回が2度目の紹介です。
ちょうど2年前のソンクランの時期の写真です。

本堂。

奥にチェディーが見えます。

正面のナーク。

首の手前で、ひと巻きしているのが良いですね。

本堂の内部。


本堂の壁画。


この場面、たまに見かけますが、ココのはちょっと他のと感じが違います。

ヤック?がなんか違うというか・・・。
それは良いとして、コレってどういう場面なんでしょう・・・?
未だに解りません・・・。

前回も載せましたが、斜めってるチェディー。


チェディーの仏様。


礼拝堂かな?

小さ目のお堂です。
前回も今回も閉まってました。

新しめのチェディー。


前回も載せましたが、経蔵(?)。

なんだか謂れのあるモノのようです。

ソンクランなので、こういうのがありました。

紙に干支の動物が印刷されてます。
どういう意味が有るのか全く解りません・・・。

仏像に水?油?を注いでいます。


お坊さんの手に水を掛ける行列。


水を掛けているところ。

藍染の服を着ている人が多いです。

ソンクラン中ということで、大勢人が来ていました。
普段は割と閑散としているんですが・・・。

地図

拍手[0回]

プレーのお寺、ワット・ポーン・タ・カムです。
スンメン地区の中心部からまっすぐ西の方へ行き、川を越えたところに有ります。
縁日的なお店とかが出ていたので、行ってみました。

本堂。

まあ、フツーです。

よく見ると屋根はトタンですね・・・。


正面の壁画。


本堂内部。


ご本尊。


内部の壁画。


高名?なお坊さんの像が並んでいます。


礼拝堂?

割と大きな建物です。

礼拝堂の内部。


礼拝堂の仏様。


本堂の斜め前にチェディーが有ります。

割と立派な、砂色のチェディーです。

経蔵。


王様の像。


まあ、フツーのお寺ですね・・・。
縁日の客はたくさんいましたが、本堂とかにお参りしている人は数人しかいませんでした。

地図

拍手[0回]

プレーのお寺、ワット・バン・ラオです。
空港の近くに有り、割と目立つチェディーが有るので、気になってました。

コレがそのチェディー。

まあ、フツーですけど・・・。

チェディーの左手にある祠。


正面の装飾。

魚・・・かな?

祠の中には仏様が祀られています。


さらに左手に進むと本堂があります。


正面の装飾。

仏様の下にいるのはラーフだと思いますが、仏様を手で支えています。
コレは珍しいですね・・・。
初めて見ました。

結界石。


ただの石・・・ですね・・・。

丸っこい石を結界石にしているのはたまに見ますが、ここのはかなりいびつな石です。

本堂を左手から見たところ。

奥にチェディーが見えます。

本堂左側の階段の所にいるヤツ。

鼻はゾウっぽいし、キバも生えてます。
コレもあまり見かけない感じですね。

顔のアップ。


本堂内部。


ご本尊。


壁画。

イヌをけしかけられるチューチョックですが・・・、なんかイヌ異様に多いです・・・。
普通2、3匹です・

右、娘を連れて行くチューチョックと、左は・・・何でしょう?この家族は誰なんだろう?

なんか背景の森の描き込みがすごいですね・・・。

コレもさっきの家族かな?

やっぱり誰か分かりません・・・。

う~ん、よく分からん・・・。

タイの壁画とかで、こんな場面見た記憶ないですが・・・。
地元の伝承とかそういうのでしょうか?

こじんまりしたお寺ですが、本堂も開いていたし、意外と珍しいモノも有ったりして良かったです。
参拝者は全く居ませんでしたが・・・。


地図

拍手[0回]

しばらく更新してませんでした・・・。
またプレー編です。
2016年のソンクラーン時期にヨメさんの実家に行った時、お参りしたお寺です。

まずはワット・サム・ポー。
プレー空港の割と近く、北東の方に行った所にあるお寺です。

本堂。

工事中でした。
閉まってましたし・・・。

正面のシンハー。

なんだろ・・・、ツルっとしてますね・・・。
口が四角です。

正面の外壁に絵が描かれています。


本堂を側面から見たところ。
屋根は赤っぽい単色の瓦です。


屋根の真ん中にある装飾。


本堂の裏のチェディー。

まあ、フツーですね・・・。

お寺の門。

割と立派です。

まあ、いたってフツーのお寺です・・・。
法事か何かで人は結構いました。

地図

拍手[0回]

バンコク、トンブリー地区の第1級王室寺院、ワット・ラーチャ・オーラサーラームの再訪です。
前回のはコチラ
前回行ったのが2011年ですから、5年弱ぶりの再訪です。
前回載せていないモノを中心に紹介します。
ワット・ナーン、ワット・ナーンノーンと、3つのお寺が隣接しています。

本堂の門を正面から見たところ。


前回アザラシみたいだけど、ウマかな?とか書きましたが、よく分かりません。

シカかも?
前足の曲がり方がおかしいですよね・・・?

本堂。

前回、本堂の写真が無かったです。
トンブリーでよくあるタイプのお堂です。

前回も載せた京劇っぽい(?)ハヌマーン?孫悟空?の顔のアップ。


壁画。


タイのお寺って、仏教説話とかの壁画が多いんですが、こういうモノ(静物?)の壁画は多分珍しいですね。


木窓の装飾。

螺鈿?の龍、かな?

本堂の裏手にある石の祠?

前回は気付きませんでした。

祠の内部。

仏様が彫られてます。

涅槃仏堂とその周りのチェディー。


涅槃仏堂の装飾。

黄色基調です。
動物がイッパイ描かれてます。

涅槃仏堂の周り、石製のツボとか像とかが並んでます。


中華風の衛兵の石像。

トンブリーのお寺でよく見ます。

ナゾの中国人(?)の石像。


窓から見た涅槃仏のお顔。


涅槃仏の全身。

前回は足の方からだけだったので・・・。

足の裏の前に3体の立仏がいらっしゃいます。


礼拝堂。

コレも前回は載せてませんでした。
前に灯篭?があります。
中国のお寺っぽいですね。
日本のお寺にも有りますが。

屋根の装飾。

ちょっと独特の装飾で良いですね。

側面壁の装飾。

果物とかが描かれてます。

礼拝堂の中にあるガンダーラ仏。

タイの仏像っぽくない、写実的?な感じです。

鐘楼も中華風っぽいです。


鐘楼の絵。

三蔵法師と孫悟空と・・・、左上のお方はどなたでしょう?
観音様?

前回来た時には見逃していたモノもいくつか有りました。
第1級王室寺院の割には参拝者は少ない気もしますが、見どころも多くさすが第1級と思わせてくれます。
静かでゆっくりできるし、好きなお寺です。

地図

拍手[0回]

バンコク、トンブリー地区の第3級王室寺院、ワット・ナーンノーンです。
前回のワット・ナーンのすぐ近く、運河?川?に掛かる橋を渡った所にあります。

その橋の上から撮ったお堂。

礼拝堂かな?
白を基調とした、キレイなお堂です。
手前と奥にそれぞれチェディーが見えます。
閉まってました。

礼拝堂の門。

奥に真ん丸の扉が有り、手前にアーチ?が有るんですが・・・、アーチ低すぎです・・・。
まあ、奥の扉が閉まっているので、くぐることは無いですが・・・。
地盤が沈んだんでしょうか?

礼拝堂の装飾。

トンブリーとかでよく見る、ちょっと中華風な感じです。

礼拝堂の奥にあるプラーン型チェディー。


木窓とその周りの装飾。

なかなかキレイです。

敷地のセンター辺りに大き目のチェディーがあります。

上の方、ビミョーに傾いてるような気がしますが・・・。

チェディーの前にある祠のプラ・サンカチャイ像。


同じくチェディーの前辺りにある観音様の祠。

鉄格子で囲まれてるので、中が見えづらいですが。

チェディーの向こう側に本堂があります。

なかなか立派なお堂です。
ココも閉まってました・・・。

仏様の祠の前に石像があります。


なんかイロイロ欠損してますが・・・。

中華風かな?
こういうのトンブリーのお寺によくありますね。

プラ・ウパクッかな?

斜め上の向き方がビミョーです。

コチラもプラ・ウパクッのようですが・・・、太った姿は珍しいですね。


本堂の近くの建物の装飾。

中段左右の鳥、なんかツルっぽいですね。

大きいチェディーをセンターにして礼拝堂と対照の場所に、もう一つお堂があります。

コッチも白基調で、やはり奥にプラーン仏塔があります。

お堂の装飾。

完全に中華風の龍ですね。

プラーン型仏塔。


前回のワット・ナーンに続き、コチラもほとんど閉まってました。
残念です・・・。
やはりほとんど参拝者はいませんでした。

地図

拍手[0回]

バンコク、トンブリー地区の第3級王室寺院、ワット・ナーンです。
トンブリーでも、結構奥の方ですね。

塀に囲まれた中に、本堂、礼拝堂とチェディーが並んでます。

左が本堂です。
本堂も礼拝堂も閉まってました。

真ん中に立つプラーン型のチェディー。

手前両脇に中華風?の石塔とやはり中華風の衛兵?の像が立ってます。

コチラがその衛兵?

カッコいいポーズで決めてます・・・。

斜めから見たチェディー。


チェディーの右にある礼拝堂。


塀の外にある祠。


祠の内部。

お坊さん像が並んでます。

塀の外のチェディー。


反対側にもう1基建ってます。


お堂か何か建築中でした。

この時から1年半以上経ってますから、もう出来てると思います。

建築中の建物の裏辺りにある建物。


さっきの建物の裏にあるモンドップの祠(?)。


なんだろ?経蔵かな?


お坊さんの祠以外はどこも閉まってました。
参拝者は数人見ましたが、通りすがりみたいな感じで、閑散としてました・・・。
本堂とか、格式あって良い感じなだけに、開けておいてくれれば良いのに・・・。

地図

拍手[0回]

ワット・フア・ランポーンのすぐ隣にあるお堂、義徳堂です。
隣というか、お寺の敷地内というか・・・。
フア・ランポーンの一部なのかもしれません。

正面から見たところ。

民間レスキューチームで有名な報徳善堂と同じような、中華系の仏教法人か何かでしょうか?

内部の様子。

「南天三大帝」「観音娘八仙祖師」「?富?財?星君」とか書いてあります。

南天三大帝というのは、この三人のヒゲオヤジのようです。

どういう方たちなのか全く解りません。

?富?財?星君・・・はどちらのお方でしょうか?
二人のお名前に、どっかで分かれるんでしょうか?

左のヒゲオヤジかな?
ヒゲオヤジだらけで見分けつかないんですが・・・。

「観音娘八仙祖師」は、観音娘と八仙祖師っぽいですね。

観音娘ってのは、イマイチ馴染みのない表現ですが・・・。
見たところフツーの観音様です。
八仙は中国でオナジミの方たちですね。
日本の七福神的な位置付けでしょうか?
上に居る白鬚の老人は誰なんでしょう?

横の事務局的な所。

この人たちは寄付とかしてるんでしょうか?
奥の看板、「義徳善堂」になってますね・・・。
正面には「義徳堂」って書いてあったのに。

中華系の人もいますが、ほとんどがフツーのタイ人っぽい感じです。
どう考えても仏教ではない、道教とかの方たちも祀っている気がしますが、まあ良いんでしょう。
なんか知らんけど拝んどけ、的な・・・。

地図

拍手[0回]

ワット・フア・ランポーン再訪の続き。

この辺りは完全に中華ゾーンです。

中華街にも近いですからね・・・。
「神光普照」と書いてあります。
「神の光が普く(あまねく)照らす」ってことですかね?

コチラの方々が祀られています。

真ん中のお方、四面八臂ですが、梵天(ブラフマー神)でしょうか?
中国で梵天を見た記憶無いですが、梵天信仰は残っているんでしょうか・・・?
左右の、黒白の髭の老人は全く解りません・・・。
前の赤いお方は、地蔵菩薩っぽいですが、どうでしょう?
エラワンとかのプラ・プロム像を「四面仏」と呼んでいるのを見ると、梵天信仰はなさそうですが・・・。

両側にずらっと像が並んでます。


なんちゃら大将軍とか名前が書いてあります。

前列に12人、後2列に48人、合計60人いらっしゃいます。
どうも干支というか暦に関わる方々のようですね。

本堂を正面から見たところ。


同じく、横から見たところ。

外壁は大理石ですかね?

本堂正面の立仏。


ご本尊。


正面の壁画。

プラ・メートラニーのシーンです。

魔物たちが溺れたりワニとかに襲われたりしていますが・・・。

よく見ると、チ○コとかキ○ン○マ丸出しになってるヤツがいるんですよね・・・。
ちょっとリアルなので、ココでは大写しできないんですが・・・。
そういうの描いちゃって、イロイロ大丈夫なんでしょうか・・・?

ちょっとですが、地獄の絵も有ります。

割とポップ(?)な感じでグロくないですが。

本堂の裏にあるチェディー。

あまり大きくないので、目立たないですが。

本堂の廻り4か所に祠があります。

コレは前側左の祠。

コチラは右側の祠。


本堂正面の装飾。

大きいクルッ(ガルーダ)の下にいらっしゃるプラ・プロム(ブラフマー神)。

礼拝堂の装飾。

3体のクルッ。

お寺の石碑。

中国語の当て字も書かれてます。
「蓬藍和越」(?)和越がよく解りませんね・・・。

さっきの石碑の周りの装飾。

なんかウシの首がニョキっと出てます。
このお寺、ウシと係わりあるみたいです。
他にもウシいくつもウシが描かれていたりしました。

この写真の時とは別の参拝時だったと思いますが、チャオしたプラクルアン。

その1、プラ・リヤン。

その2、極小仏。

頭のトンガリが無いですね・・・。
たまにこういう仏像を見かけますが、どういう意味が有るんでしょうか?

人気のお寺で、いつ行ってもたくさん参拝者が居ます。
ちょっと変わった像とかも多く、結構楽しめます。

追記。
この時のちょっと後にまたお参りしたんですが、その時に撮った写真です。

真ん中にいらっしゃのは閻魔様でしょうか?
日本のイメージとやはり近いですね。
右の方には牛頭馬頭的な感じのもいます。

地図

拍手[0回]

バンコクの第3級王室寺院、ワット・フア・ランポーンです。
再訪・・・というか、何回もお参りしています。
MRTサムヤーン駅のすぐそばにあります。
前回紹介したのはコチラ
今見ると、あまりちゃんと紹介してないですね・・・。

正面入り口付近の様子。

本堂、礼拝堂がよく見えます。

本堂とその手前にある立仏。


ラーマ5世?の座像。


プラ・プロム(ブラフマー神)像。


プラ・ピッカネー(ガネーシャ神)像。


このお方はどなたでしょう?

前に他のお寺でも見た事ありますが、よく解りません。
ポーズはジャトカム・ラーマテープっぽいですが、太ってますし・・・。
タイ語でなんか書いてますが、読めません・・・。
(追記)よく見ると、左手の上にイタチっぽい動物が乗ってます。
という事は、コチラ、クベーラですね・・・。
インドの神様で金運を司ります。
画像はコチラ。

この像は画像とはちょっと違いますので、中国かチベットでの姿ではないかと・・・。


弥勒仏(布袋様)。

ヘソが賽銭投入口になっている辺り、プラ・サンカチャイと混同されてますね・・・。

で、コチラがプラ・サンカチャイ。

やはりヘソが賽銭投入口になってます・・・。
ピッカネー、名称不明のお方、弥勒、サンカチャイ・・・、ふくよかなお方がそろい踏みですね・・・。

ビシュヌ神かな?


福禄寿・・・ですね。

仏教ではなく道教の神様?なんですが・・・。

観音様。


パール(もどき)のネックレスが供えられてます。

タイではよく見かけますが、完全に観音様を女性とみなしてますね・・・。
中国でもそうみたいですし、日本でもそれっぽい感じはありますが。

ライオンに乗るドゥルガー女神。

タイでは多分、ドゥルガーもパールバティーも「ウマ―」と呼んでるっぽいです。
まあ、シヴァ神の神妃という意味では間違っていないのかな?

ワニに乗る女神。

ガンガー女神かな?
でもインドのガンガー女神の姿とはちょっと違いますね。
ワニの上に、海の女神か何かの像を乗せただけかな?
タイの海の女神は、普通魚に乗ってる気がします。

礼拝所。


左、プラ・ウパクットですね。

鉢を持って右斜め上を見る姿と、ハスの葉を頭に被る姿の合体バージョンです。

ラーフ像。


仏足跡。

指長くないか・・・?

ウシがいて、エサを与えてタンブンできます。


2/2に続く・・・。

拍手[0回]

ラーチャブリーのお寺、ワット・プラ・シーアーンの続き。

本堂右手の礼拝所。

ココにもトンガリ無し、顔の前に輪っかの仏像があります。

メタリックグリーンのプラ・ピッカネー(ガネーシャ神)。

こういう色は珍しいですかね?
背後にシヴァ神が描かれてます。

礼拝所の左の方の建物。


お坊さんのミイラが祀られてます。


コチラはロウ人形。

ミイラはこのお方なのかな?
こういうお坊さんのミイラって、タイでたまに見かけますが・・・、どうなんでしょう・・・?
本人の意志なんでしょうか?

本堂左手にある観音様の祠。

祠と呼ぶにはちょっと貧弱ですが・・・。

プラ・メートラニー像。


上の池の近くにある自転車。

・・・コレ、人力ポンプですね・・・。
しかも2人乗り。

本堂とかからずっと奥の方に行った所にあるお堂?

相当ジミですが・・・。
閉まってましたし・・・。

格子の隙間から中を覗きました。

一応祭壇みたいなのは有りますが、布が被ってますし、物置きっぽいですね・・・。

さっきのお堂の右手奥にある祠。


祠の内部。

う~ん・・、誰だろう、このオジサンは・・・?
祖先崇拝的なモノでしょうか?
赤いハチマキをしています。

背後の壁の影?が気になりますね・・・。

何なんでしょうか・・・?

隣のショボい祠。


このお方もよく解んないですね・・・。

目が赤いのと、頭の控えめ(?)なナークが特徴的です。
なんか解説書いてますが、タイ語オンリーなので、読めません。

チャオしたプラクルアン。

右のプラ・ポンは、トンガリ無し、輪っか持ちの仏様?です。
コレ、有名なんでしょうか?
左の方、ヒスイ製のプラです。

裏面。


観光的な見どころは、金ピカ本堂ぐらいですかね。
結構金ピカ度が高く、また立派でキレイです。
他にも例の仏像とかお坊さんのミイラとか、ありがたいアイテム(?)が有るためか、参拝者が多く人気寺院のようです。

地図

拍手[0回]

ラーチャブリーのお寺、ワット・プラ・シー・アーンです。
市街からナコンパトムの方に向かう途中に在るお寺です。

本堂。

なかなか立派なお堂です。
屋根は違いますが、それ以外はほぼ金一色です。
なかなかの金ピカ度です。

手前のコレは何なんでしょうか・・・?

右側、赤ん坊を抱くお母さんですかね?
芸術作品的な何か、って感じかな?

本堂の装飾。


入口扉の上、イロイロな神々がいらっしゃいます。


本堂側面。

結界石の前にどなたかが座ってます。
トンガリが無いから仏様じゃないと思いますが、どうなんでしょう?
結界石は3枚歯(?)の豪華仕様です。

それぞれの結界石にブッダの生涯が描かれています。

コレはプラ・プロム(ブラフマー神)の前で髪を切り、修行する決意をするブッダ、ですかね?

本堂を後ろから見たところ。


後ろの装飾。

クルッ(ガルーダ)の両側にシンハがいます。
よく見ると、他にも無数のテワダー(?)か何かがいますね。

後ろの正面の立仏。


本堂内部。

天井が高いし広いです。

ご本尊の祭壇。


ご本尊の前の3体の像。

トンガリが無いですね。
コレも仏様なんでしょうか?
という事は、結界石の前も仏様だったのかな?
顔の前の丸いのは何なんでしょう?

御本尊。

石製でしょうか?白っぽい仏様です。
優しいお顔の仏様です。

本堂の壁画。

ヤック?の顔が真ん中に有って、周りをテワダー?が回ってます。

同じく壁画。

イロイロなシーンが描かれています。

タイでたまに見かけますが、「娘がなる木」の絵。

コレ、いまだにどういうストーリーなのか解ってません・・・。
ここのは葉っぱで股間を隠しているので良心的です(?)。

入口扉の上の装飾。


木窓の装飾。

プラ・メートラニーのシーンですね。
流されている魔物?がなんかカワイイ?です。
角が生えたオニみたいなのがいます。

他の木窓。

矢が刺さって倒れてる人がいます。
ラーマキエンのシーンかな?

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

1 2 3 4 5 6  →Next