タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.02│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3
6 7 8 9 10 11
12 15 16 17
20 21 22 23 24 25
26 27 28
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
[01/18 あみん (hgn)]
カウンター
アクセス解析
ピサヌロークのラク・ムアンです。
ワット・ヤイの、川を挟んだ対岸にあります。

割と広いエリアが塀に囲まれた公園みたいになってます。

なぜか正面の扉は閉まってました。
側面のは開いていたので、そちらから入りました。

ラク・ムアンのサーラー(祠)。


同じく。


コチラがラク・ムアン・


朝早かったからか、1人ぐらいしかお参りに来てる人はいませんでした。
まあ、典型的なラク・ムアンて感じですね・・・。

地図

拍手[0回]

ピサヌロークのお寺、ワット・ナーン・パヤーです。
ピサヌロークのお寺と言えば、ワット・プラシー・ラッタナ・マハータート(ワット・ヤイ)があまりにも有名ですが、コチラのお寺もタイ人にはそうとう有名じゃないかと思います。
プラ・クルアンの「ベンジャ・パキ」の1つ、プラ・ナーンパヤーのお寺ですね。
ワット・ヤイのすぐ近くにあります。

本堂を正面から見たところ。

ご本尊が見えます。

本堂の正面。


入り口脇の弥勒仏像。


反対側にはプラ・サンカチャイ像があります。


本堂内部。

こじんまりした本堂です。

ご本尊はプラ・プッタ・チンナラート風です。

良い感じにライトアップされているので、キレイです。

本堂の壁画。

ブッダの生涯とか、ラーマ・キエンとかじゃなく、どなたかの生涯かなんかそんな感じの絵です。

本堂の横にウドラカさん(ルー・シー)の像が有ります。


1体じゃなく、何体も・・・ってコレ、結界石代わりっぽいですね。


コチラ、額に第3の目が開いてます。

インドの神々の第3の目は縦向きなんですが、コチラの目は横向きですね。

全部ウドラカさんかと言うと、そうではなく、仏様もいらっしゃいます。


他にもラーマ5世も。

両脇に迷彩服の兵士が立ってます。
仏様や王様を結界石代わりにするというのは、アリなんでしょうか・・・?

本堂の裏に古いっぽいチェディーがあります。

ひょっとして、このチェディーの内部からプラ・ナーンパヤーが見つかったのか・・・?
違うか・・・?

チャオしたプラクルアン。

三角形の形がプラ・ナーンパヤーの特徴です。
コチラは金属製。

左はプラ・ポン、右は丸形のリヤンです。


裏面。

同じヤン?が絵がかれてます。

プラ・ポンをもう1点。


本堂の隣にある建物。

ワット・ナーンパヤーの一部なのかどうか、よく分かりません。

上の建物の内部。

仏像と、王様?お妃さま?の像が祀られてます。
左の方はナレースワン大王かな?と思ったんですが、右端にも同じ髪型のお方がいますね・・・。
よく解りません・・・。

有名なお寺で、ワット・ヤイからも近いんですが、今回初めてお参りしました。
お寺の敷地はかなり狭いです。
観光的な見どころは、ほとんど無いですね・・・。
ワット・ヤイのついでか、外国人も結構いました。
もちろんタイ人の参拝者も多いです。
プラ・ナーンパヤーは確か女性が持つと良いとかで、女性のさんぱいしゃが多かったような気がします。

地図

拍手[0回]

ピサヌロークのお寺、ワット・ラーチャ・ブラナの続き。

敷地奥の方にあるこのお堂が本堂のようです。


本堂の内部。

礼拝堂と同様、結構古いお堂のようです。

本堂の壁画。


ラーマキエンのシーンでしょうか?

真ん中にいるのがラーヴァナ?

キンナラ?の子供かな?

でも、なんか目が・・・怖い・・・。

新しそうなお堂?祠があります。


さっきのお堂の内部。

聖水、かな?

同じく、仏足跡。


礼拝所。


礼拝所の祭壇。

正月前だからか、なんかイッパイ吊り下げられてました。
20バーツ札を挟んだ飾り?です。

ワニのハクセイ。

口の中に賽銭が入れられてます。

チャオしたプラクルアン。

なんか古いっぽい感じです。
いまいちスポンジのサイズが合ってませんが・・・。

夜、通り掛かったら、チェディーがライトアップされてました。

なかなかキレイです。

古いお堂、壁画とチェディーが見どころでしょう。
なかなか良いお寺です。
近所には、有名なワット・ヤイとかワット・ナーンパヤーとかも有ります。
そこそこ参拝者も来てました。

地図

拍手[0回]

ピサヌロークのお寺、ワット・ラーチャ・ブラナです。

道からよく見える場所にこのチェディーが立っています。

なかなか良いですね。
安定感が有る感じだし、下のレンガの部分も良い感じです。

経蔵かな?

結構古い建物っぽいです。

チェディーの隣に建つ礼拝堂。


礼拝堂内部。

コレも結構古いお堂のようです。
良い雰囲気です。

礼拝堂の仏様。

ライトアップが効いてて荘厳な雰囲気です。

壁画も古そうです。

プラ・メートラニーのシーンです。

同じく、溺れる魔物たち。

カニに首ちょん切られてますね・・・。

礼拝堂の近くにあったチェディー?

上に壺が乗ってます。

同じく礼拝堂近くの建物に祀られている船。

何でしょうか・・・?参拝者が下をくぐってました。

シヴァ神とプラ・ピッカネー(ガネーシャ神)像。

左の笛吹いてるお方は誰だろ?クリシュナ?

ウマ・・・?

足が埋もれてる・・・?

仏様が彫られた木。


木に金銀の棒が立て掛けられてます。

前見たのは、棒の上がT字型になってましたが、コレはただの棒です。

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

チャチュンサオのお寺、ワット・ポー・バーン・クラーの続き。

コウモリがいる林の奥に、というか敷地的には手前の方なんですが、小さいお堂があります。

相当古い・・・というかボロい?お堂です・・・。

お堂の内部には、涅槃仏が祀られています。

小さめの涅槃仏ですが・・・、なかなか良いですね。
いかにも謂れのある仏像、という雰囲気です。・・・よく解りませんが・・・。

上半身のアップ。

肘の部分の壁が切りかかれてますね。
補修して壁が厚くなった、とかでしょうか?

お堂の壁画。

イヌをけしかけられるチューチョックですね。
右のイヌ、ダルメシアンっぽいです・・・。

同じくチューチョックが若い娘を連れだす?シーン。

コレもよく見かけますが、どういう場面なんだろ?
というか、このお方、こういう絵とか見る限り、崇拝されるようなお方とは思えないんですが・・・。

敷地の奥、川の方に向かう途中にある祠。


川に面した所にある観音堂。


同じく川に面した祠にプラ・ピッカネー(ガネーシャ神)が祀られてます。


コレも川沿いの、木の精(ピー)を祀る祠。


ワニに乗った女神・・・ガンガー女神ですね。

後ろにプラ・メートラニーもいます。

お寺内のトイレ。

思いっ切り木が生えてますね・・・。

本堂。

本堂だけ、道を挟んだ場所に離れて建ってます。
閉まってました。

中国人の観光コースに入ってるようで、中国語の看板とかが多く有りましたが、時間が遅かったためか、我々が行った時は全然遭遇しませんでした。
大型バスを停めるようなスペースが有ったので、多分大勢やってくるんでしょう。
チャチュンサオということは、ワット・ソートーンとか、ピンクガネーシャで有名なワット・サマンとかとセットで来てるのかも?
しかし、日本人と中国人では、同じ団体旅行でもずいぶん傾向?が違いますね・・・。
最近日本人はあまり団体旅行とかしないですが、昔でもこういうマイナーな所では全く日本人の団体客は見かけなかった気がします。
タイ人の参拝者はチラホラと見かけました。
見どころはやはりコウモリですが、涅槃仏も良かったです。

地図

拍手[0回]

チャチュンサオのお寺、ワット・ポー・バーン・クラです。

敷地の真ん中辺りに礼拝所があります。

廻りの柵はイヌよけですかね?

礼拝所の仏様。

一番奥にプラ・プッタ・チナラート風の仏像があり、その前にイロイロな仏像が並んでます。

ガンダーラ仏?苦行中のブッダですね。


上の写真にも写ってましたが、プラ・クルアンのデカい版があります。

コレはベンジャ・パキの1つ、プラ・ソムコーですね。

コチラは、一番馴染みのある、プラ・ソムデットです。


仏足跡。

フツーですね。

弥勒仏とウドラカさん(ルーシー)像です。


ヨメさんに言われて初めて気付いたんですが・・・、このお寺、コウモリで有名なようです。
林の中で見上げると・・・。


アップにするとこんな感じ。


更にアップ。

結構デカいですね・・・。
子供の頃に捕まえたりした、ハツカネズミぐらいのヤツと全然違います・・・。
てか、昼でもこういう明るい林に居るんですね。

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

チャチュンサオのお寺、ワット・サメット・ヌアの続き。

本堂の内部。

ご本尊が良い感じです。
やはり結構古いモノっぽいです。

右の方にマネキンが並んでんす・・・。

というかコレ、木の精へのお供え物ですかね?
タイのお寺ではどこにでも有りますが、お堂の内部に有るってのは、初めて見ました。
お堂の柱の木を木の精として祀っているみたいですね。

で・・・、コチラの爺さん?は誰なんでしょうか・・・?

額が金箔でピカピカになってます・・・。

本堂内にある仏足跡。

まあフツーですね。

金箔を貼った丸石。

あんまり丸くないのも有りますが・・・。

敷地の割と手前の方にあるもう一つのお堂。

って、オレンジかい・・・?
ここはピンクで統一する所じゃないのか?
趣味が変わったんですかね・・・?

結界石。

さっきの古いお堂にも結界石が有りましたが、アッチは旧本堂なんですかね?
コッチが新本堂なんでしょう。
割と変わった結界石です。

新本堂内部。

まだ完成してないみたいです。
内装はこのままなのかな?
これから壁画を描くのかも。

新本堂の前辺りにあるプラ・シバリー像。


どの建物か忘れましたが、プラ・メートラニーのシーン。

赤、ピンク、金でなんか鮮烈?な感じです。

貼ってあった垂れ幕。

仏様は旧本堂の仏像、かな?
左右のお堂の写真ですが、どうもどちらも旧本堂のようです。
右が修復前、左が修復後なんでしょうが・・・、右の方、すさまじいボロさですね・・・。
コッチの方が見たかった気もしますが・・・。

本堂でタンブンしていただいたプラクルアン。

ソートーン仏っぽいですね。

ピンクの建物、オレンジの新本堂、旧本堂と、結構特徴的なお寺だと思います。
・・・が、ほとんど参拝者はいませんでした・・・。
1組だけ居たかな?

地図

拍手[0回]

チャチュンサオのお寺、ワット・サメット・ヌアです。

手前の方にある建物。

なんかピンクがケバケバしいです・・・。

ちょっと奥の方にある祠。

この辺もピンクの建物が多いですね。

さっきの祠の内部。

お坊さんが祀られてます。
壁がピンクです。
このお坊さんの趣味なんでしょうか・・・?

奥の方の建物(僧坊?)もピンク主体です・・・。


法事とかする場所だと思うんだけど・・・ピンクです!


奥に進んで行くと、唐突にジミなお堂が現れます。

結界石が有るので本堂のようです。
結構古いお堂っぽいですね。

前方から見たところ。


正面入り口脇にコブラがいます。


反対側の白コブラ。


それから・・・、ナゾのワニです・・・。

タイのお寺でたまに見かけますね。
なんなんでしょう?

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

チャチュンサオのお寺、ワット・フア・スアンの続き。

礼拝所の隣、敷地の一番奥に礼拝堂が有ります。

かなり銀ピカなお堂ですね・・・。

銀ピカというか・・・、コレ、ステンレスですかね・・・?

コレは・・・、なかなかオモシロいです。

屋根も瓦ではなくステンレスの角波鋼板だったりします。


結界石も・・・、てか、「石」じゃないんですが・・・。

隣でお祈りしてる人?はフツーなんですg。

正面の仏様。

仏像もフツーです。

クルッ(ガルーダ)の絵ですが・・・、よく見るとステンレス板をレーザーカットしてあります。


同じくレーザーカットで描かれたプラ・メートラニー。


同じくキンナラの絵。


お堂側面外壁の、お祈りする人の絵も全てレーザーカットで描かれてます。


お堂後ろ正面のプラ・シバリー像、「天上天下唯我独尊」像などはフツーです。

まあ、仏像はなかなかステンレスで造れないでしょうからね・・・。

礼拝堂の内部。

天井と壁はステンレス製です。

やはり仏像はフツーです。

フツーと言っても結構変わってはいますが・・・。
なんか光ってるし・・・。

正面から見たところ。

宝冠仏ですね。
服?の模様が独特です。

壁画。

よく見かける、棒状の人?を担ぐヤック?の場面です。
コレ、どうやって描いてるんだろう?
フツーのペンキじゃステンレスに色が乗らない気がするんですが・・・。
・・・と思って調べたら、よく目荒らしして塗れば剥離しにくいみたいですね。

天井は屋根と同様、ステンレスの角波鋼板でできてます。


本堂とかも変わってましたが、やはり目玉?はステンレスの礼拝堂でしょう。
入口ゲートがステンレス製だったので、ちょっと変わってるな、と思ってたんですが、礼拝堂がステンレス製とは・・・。
いままでイロイロ金ピカ・銀ピカのお寺を見てきましたが、金は塗装、銀は鏡を張り付けた、という感じでした。
こういう総ステンレス製(仏像と床以外)のお堂は初めて見ました。
でも、あまり参拝者はいなかったですね・・・。
我々以外に2,3組ぐらいかな?

地図

拍手[0回]

チャチュンサオのお寺、ワット・フア・スアンです。

お寺の門。

ステンレス製でしょうか?
なんかお寺っぽくないですね。

門から見て正面奥の方にトタン屋根が見えます。

トタン屋根の下にお堂が有るのが見えます。。

コチラがそのお堂。

本堂ですね。
お堂ごと覆ってしまうということは、貴重なお堂なんでしょうか?
割と古そうではありますが、そこまでという感じはしないですね・・・。

屋根の所の装飾。

割と特徴的です。
下の方の手裏剣みたいなのは何でしょう?

外壁にお坊さんの絵がイッパイ描いてあります。

このお寺の歴代のお坊さんなんでしょうか?

反対側も・・・。

お坊さんの絵は、タイではよく見ますが、お堂の外壁面にこんなに描いてあるのは珍しいですね。

本堂内部。

割とシンプルですが、ビミョーに特徴的な気もします。

ご本尊とその他仏像、お坊さん像。


入り口側だけ壁画があります。

コレ、手描きではなく、プリントしたシートを張り付けてます・・・。
・・・ちょっと手抜き感が有りますね・・・。

本堂のトタン屋根から右の方に行くと、やはりトタン屋根の礼拝所があります。

まあ、フツーですね・・・。

木彫りの曜日の仏様。


礼拝所にある中華ゾーンと仏足跡。

奥にある物体が気になりますが・・・。

さっき見えていた物体。

鐘・・・かな?
ステンレス製?

礼拝所の前の建物の装飾。

ヤギ、アヒル、シカ、ウサギ、ウシ、ウマが描かれてます。
どうってことないですが、コレもビミョーに変わってますね・・・。

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

バンコク、バンカピのお寺、ワット・シ・ブンルアンです。
ラムカムヘン通り近くにあります。

仏像とかが並んでます。


宝冠仏?

背後の模様が陰陽?のマークっぽいですね・・・。

センターの仏像2体。

背後の絵がペガサスっぽいですね。

さっきの所の向かいにある礼拝所。


お馴染み?のお祈りする女性像です。


ガラスケースに入った仏足跡。


観音様の祠。


水槽に弥勒仏(布袋様)が半分沈んでます。


シンハー・・・?

ちょっと変わってますね。

ラーフ(右)とボーボージー(左)。


ラーフへのお供え物。

例によって黒で統一されてます。

プラ・ピッカネー(ガネーシャ神)とルーシー(ウドラカ・ラーマプートラ)像。


本堂。

まあ、フツーです。

正面の装飾。


本堂の内部。


ご本尊。


本堂の壁画。

プラ・メートラニーのシーンです。

同じく壁画。

なんか人物が美男美女ですね

プラ・イン(インドラ神)でしょうか?

あまり見かけない場面です。

水牛。

白、というかピンクっぽい色をしてます。

見どころとか珍しいモノとか無いですけど、割と参拝者が来ていました。
有名なお坊さんか何かがおられるんでしょうか?

地図

拍手[0回]

サムットプラカンのお寺、ワット・プラ・サムット・チェディーの再々訪です。
前回、前々回のはコチラコチラ
前回も確かそうだったけど、今回も、お祭りということで、やって来ました。

夜店がイッパイ出て、すごい人出です。

向こうの方にライトアップされたチェディーが見えてます。

礼拝堂とチェディー。


礼拝堂。


チェディー。


プラクルアンをチャオしました。

小さくて安っぽいですが、なんか良い感じです。

いくつかステージが造られ、歌手が歌ってました。

タイでは、全国的にこういうイベント事で歌う歌手がいますが、多分ほとんど無名な人なんでしょうね・・・。
あまり聞いてる人はいなくて、かわいそうでした・・・。

ウズラかな?丸焼き。

伏見稲荷のスズメの焼き鳥を思い出しました・・・。
こういうの今まで見たことないです。
美味しそうです。

ライトアップがキレイでした。

地図

拍手[0回]

サムットプラカンのお寺、ワット・ラート・バムルーンの続き。

チェディーの隣にあるお堂。

屋根瓦の色合いが変わってます。

お堂の内部。

割と大きめの涅槃仏です。
顔つきとか髪とか、タイっぽくないですね。
髪の毛、螺髪じゃないし・・・。
どこ風だろ?中華風?ビルマ風?

なぜかラーフがいます。

太陽(か月)がミカンみたいです。

足の裏にチャクラがあります。


壁画。

上は、たまに見かける、地面に足が埋まってるお坊さんの絵。

敷地奥の方にあるお堂。

礼拝堂かな?

チェディーの建物の2階から見た礼拝堂。

2階建ての建物の上にお堂が乗ってるような感じです。

1階部分の壁画。

地獄の図でたまに見かけるピー(?)ですかね?
コレとか。
なんかマンガっぽいタッチですけど・・・。

釜茹でのシーン。

雑・・・ですね・・・。

なんか説教じみた事を書いてるっぽいです。

左のオッサンはヤマ(閻魔大王)かな?
威厳ゼロだけど・・・。

3階テラス部分のサーラー(東屋)の装飾。

シヴァ神ですね。
踏まれてるのトラのはずだけど、クロヒョウかネコみたいです。

別の部分の装飾。

誰だろ、コレ。
火のついた器?を持ってます。
右手のひらから、花びらみたいなのが出てます。

礼拝堂の内部。

仏様の前に4人の像があります。

プラ・プロム(ブラフマー神)とプラ・イン(インドラ神)です。

プラ・プロムはタイでは四面八臂が多いですが、ここのは四臂です。
チョビ髭だったり、ポーズも独特で、ちょっと珍しいですかね?

コッチは誰だろ?

若い?女の人とおばあさん?
よく解りません。

仏様はバリケードに囲われてます。


チェディー、涅槃仏、礼拝堂と、まあまあ見どころの有るお寺でした。
参拝者はあまりいませんでしたね・・・。
2組ほど見かけたかな?

地図

拍手[1回]

サムットプラカンのお寺、ワット・ラート・バムルーンです。
結構東の方、海岸近くにあるあるお寺です。

本堂。

まあ、フツーですね。
閉まってました。

正面の装飾。

クルッ(ガルーダ)に乗るヴィシュヌ神です。

裏側はホン(ハンサ)とプラ・プロム(ブラフマー神)です。


本堂の横にあるチェディー。

建物の上に金銀のチェディーが乗っています。

チェディーの下の建物の装飾。

ブッダと最初の弟子5人、ですね。
ハトのフンだらけですけど・・・。

別の場所の装飾。

ブッダ誕生のシーンですね。
右に居るのが摩耶夫人ですね。
手にハトがとまってますけど。

コッチはブッダ涅槃のシーン。

ココにもハトがとまってます・・・。

2階部分に祭壇があります。


左の方にあるこの像がちょっと変わってますね。

ミイラみたいにガリガリです・・・。
何なんでしょうか・・・?
即身仏っぽいですね。

仏足跡。


祭壇の所の右にある小部屋の中。

小さいですが中華ゾーンになってます。
観音様と福禄寿です。

その隣の祭壇。

シヴァファミリーの絵、ラクシュミー女神像、女性の像(木の精?)にクマントン・・・。
それにオモチャが供えられてます。
クマントンは水子の霊らしいので、水子供養的な感じでしょうか?

ヤックと本堂。


2/2に続く・・・。

拍手[0回]

チョンブリー、サタヒップ辺りのお寺、ワット・テープ・プラサートです。

本堂。

手前に大きめの仏像が有りますが、「大仏」というほどでもないですかね。

さっきの中仏(?)の近くにある「天上天下唯我独尊」像。

背後に「キャノンボール」の実がなってます。

本堂を前方から見たところ。

まあ、フツーのお堂です。
閉まってました。

銀ピカのお堂があります。

礼拝堂かな?

正面の装飾。

天界?から階段を降りて来られる仏様・・・ですかね。
このシーン、タイでたまに見かけますが、「ブッダの生涯」でこんなの有ったっけ・・・?

正面入り口。

なんでカンガルーなんでしょうか・・・?
トラの模様もビミョーだし。

階段の所のナーク。

真ん中に電球が付いてます。

お堂の脇にある祠。


祠の中にはプラ・プロム(ブラフマー神)が祀られてます。


お堂の裏面。

上の装飾は入滅の場面です。

お堂の内部。

内部も基本銀ピカです。

仏様は金色です。


左の方にある仏像。


敷地奥の方の鐘楼。


礼拝堂は一応開いていましたが、参拝者は全くいませんでした。
銀ピカで目立つ礼拝堂なんですが・・・。
まあ、見どころはソレだけなんで、ビミョーですね。

地図

拍手[0回]

1 2 3 4 5 6  →Next