タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
[01/18 あみん (hgn)]
カウンター
アクセス解析
ラーチャブリーの第3級王室寺院、ワット・カオ・ワーンです。
市街から少し南西の方へ行った、低い山の上に建っています。

礼拝堂かな?

奥にチェディーもあります。

礼拝堂の内部。


奥の祭壇。

結構良い感じです。

側面にある仏像とか王様の肖像画とか。


上の方の窓がステンドグラスっぽい色合いです。


さっきのチェディーとその奥の本堂。


小ぶりのチェディーです。


本堂の裏面の装飾。


本堂正面から見たところ。

閉まってました。

本堂の木窓。

木窓だけ古い感じです。

本堂横辺りにある小さいお堂。

経蔵かな?

本堂右側にある礼拝所。


同じく礼拝所の仏様。


同じく礼拝所の仏足跡。

まあ、フツーです。

礼拝堂の手前にある建物。

イベント事?をやっていて、結構人(檀家の人?)が来ていました。

さっきの建物の装飾。

変わった図柄ですね。
3つの星っぽいのが見えます。

中腹の駐車場から見たお寺の建物。


さっきの駐車場から見た景色。

向かいの山に塔が立ってますが、何でしょうか?

まあ、あまり見どころはないですね・・・。
礼拝堂の中が少し変わってたってぐらいで・・・。
イベントがあり手前の建物で説法かなにかやってましたが、それ以外の参拝者は我々以外いませんでした。

地図

拍手[0回]

ラーチャブリーのお寺、ワット・コーク・バムルンラートの続き。

コチラが本堂、かな?

結構立派だし、キラキラです。
大仏、チェディーもそうですが、この本堂も出来たばかりのようです。
お金持ってますね・・・。
残念ながら閉まってましたが。

前から見たところ。


クルッ(ガルーダ)に乗るヴィシュヌ神。


階段脇のナーク。


扉の絵。

守衛のお方でしょうか・・・?
こういうタッチの絵はあまり見ないですね。

本堂の周りに金の玉がイッパイ配置されてます。

埋めるんでしょうか?
それにしても多いですね・・・。普通8個とかの様な気がするんですが。
あと、普通は天然石を削って球にしたもので、参拝者が金箔を貼り付けるんですが、コレはコンクリ製かな?しかも金ペンで塗ってるし・・・。数が多いからかも。

本堂裏面。

裏には入口がありません。
太陽が反射してキラキラしてます。

コチラはエラワンに乗ったプラ・イン(インドラ神)です。

正面のヴィシュヌ神もそうですが、ビミョーに雑ですね・・・。

本堂裏側からチェディー、大仏の方を見たところ。

結界石を置く用の穴?が用意されてますが、まだ設置されてませんね。

本堂の左後方辺りにあるお堂。

結構古そうです。

屋根の装飾。


正面の仏様。

小さいですが結界石が有りますね。
コチラが旧本堂のようです。というか、まだコチラが本堂なのかも。

旧本堂右手にある像。

女神さま?どなただろう?
なぜ首だけ白いんでしょうか・・・?
こういう像、今までたぶん見た事無いです。

左側。

コッチは男性です。
やっぱり首が白い・・・。

旧本堂の内部。

物置きになってますね・・・。

普段は分かりませんが、縁日?のお店が出ていたので、人がイッパイいました。
チェディー、大仏、新本堂と大物を次々建造しているようで、お金持ちのスポンサーでも付いたんでしょうか・・・?
コレら新しい見どころも良いですが、旧本堂も味があって良かったです。
特に左右の(ナゾの)男女像が気になりました。

地図

拍手[0回]

ラーチャブリーのお寺、ワット・コーク・バムルンラートです。
市街から10kmほど東に行った、郊外というか結構田舎の方にあります。

チェディーと大仏が立っています。


チェディーの前のゾウの像。

なんか体が骨と皮みたいになってません・・・?

反対側のゾウ。

ミョーにリアルですね・・・、色んなところが・・・。

チェディー。

まだ建築中です。
そんなに大きくはないです。

チェディーの前にあるクジャクの像。

向こうの方、露店とか見えます。
縁日か何かで、お寺の前の広場にお店がイッパイ出てました。

大仏様。

光背?のあるタイプの仏様です。

大仏様の前の礼拝所。


礼拝所右の方の剣を持ったお方。

コレも仏様なんだろうか?

大仏の周りの回廊の所の像。


大仏の横にある像。


これまでも何度かこのお方の像を見た事ありますが、どなたなんでしょう・・・?


大仏の前辺りにある、王様の像。

ナレースワン大王・・・かな?

あと、そこそこ大きい観音様の像もあります。

下が祠になってます。

祠の中の観音様。


さらに奥には観音様とその他の男女の像が並んでます。


反対側。

8人いますので、「八仙」の面々でしょうか?
一人柱で見えませんが・・・。

観音様の右の祠。


祠に祀られてる仏様。

ピー(精霊)を祀ってるのかと思いきや、仏様でした・・・。

2/2に続く。

拍手[0回]

ラーチャブリーの第3級王室寺院、ワット・チョン・ロムです。
街の中心辺りにあるお寺です。

礼拝堂かな?

小さめのお堂です。

礼拝所の裏の方にある礼拝所。

鉢を持った立仏が祀られてます。
水曜日(午前)の仏様ですね。

お堂の内部。

まあまあ参拝者が来ています。

ここにも3体の立仏がいらっしゃいます。

結構有名な仏像なのかもしれません。

なんかお顔だけ感じが違いますね・・・。

首から下は金箔が貼られた跡だらけですが、首は全く無いです。
塗り直したんでしょうか?

立仏の右後ろの仏様。


同じく左後ろの仏様。


3立仏の後ろにある仏足跡。


真ん中に浮くような感じで石があります。

どういう意味が有るんでしょうか?

指のところ。


仏足跡の後ろにも仏像、そして一番後ろに3体のお坊さん像があります。


本堂。

まあ、フツーですね。
閉まってました。

本堂の門の装飾。

皿を使った装飾です。

門の内側に描かれたお方。

三叉戟とチャクラを持ってます。

反対側の緑のお方。


本堂の正面。

ココにも水曜午前の立仏がいらっしゃいます。

チャオしたプラクルアン。

どちらも水曜午前の立仏です。

裏面。


観光的な見どころ自体は少ないお寺ですが、王室寺院であり、また有名(たぶん)な立仏が有ることから、参拝者はそこそこ来ていました。
お堂が2つあるだけの、こじんまりしたお寺です。

地図

拍手[0回]

ラーチャブリーの第3級王室寺院、ワット・マハー・タートの続き。

プラーン仏塔を囲む回廊の仏像。

なんか赤っぽい色をしてます。

涅槃仏。


涅槃仏のお顔。

結構特徴的というかユーモラスなお顔です。
眉毛がつながってます・・・。

プラーン。

中段の部分まで階段で上り、中に入れます。

プラーンの装飾。

ブッダの出家シーンでしょうか?
横から身を乗り出してる?テワダー(?)がオモシロいです。

プラーン内部の仏様。

結構古そうです。
鉄格子の中にあるので、格子の隙間から撮りました。

プラーン内部の壁画。

結構色あせてますが、なかなか良いですね。

石を吊ってあります。

鐘の代わりみたいです。
そんなに音はしないと思いますが・・・。
赤丸とか黄丸とか矢印とか書いてますが、何でしょうか?

プラーンの周りにある仏像。

やはり赤っぽい色のが多いです。

回廊の仏様。

胸の前でバッテンをしておられます。
こういうポーズは珍しいですね。
両側の仏弟子?も良い感じです。

斜めから見たプラーン。

周囲に3基の小さめのプラーンがあります。

本堂。
src="http://file.shibuzo.blog.shinobi.jp/Img/1501908884/" alt="" />
本堂はプラーンとかが有る塀に囲まれた部分の北側にあります。
閉まってました。
この辺りはほとんど参拝者が居ません・・・。

プラーンから本堂へ続く道。

デカい石を並べて立ててあります。

小さめのチェディーが並んでます。


経蔵でしょうか?

古いモノのようです。
遺跡っぽいですね。

祠。


ウドラカさんのようです。


トラの像。


チャオしたプラクルアン。

左のプラ・ポンの方、縦2センチぐらいで小さいです。
右のリヤンは中央のお堂(礼拝堂?)の仏様でしょうか?

裏面。


遺跡っぽいプラーン仏塔、背中合わせ仏など、見どころ多いお寺でした。
参拝者もたくさん来ていました。
ラーチャブリー市内の、ほぼ唯一の観光スポット、という感じでしょうか?

地図

拍手[0回]

ラーチャブリーの第3級王室寺院、ワット・マハー・タートです。

お寺の入口正面から見たところ。

正面にお堂?が有り、その向こうにプラーン仏塔が見えます。

お寺の周りはラテライトの塀で囲まれています。

遺跡っぽいですね。

入り口から入って右手にある小さめのお堂の内部。

2体の仏像が背中合わせに配置されてます。
こういうのあまり見ない気がしますが、どうなんでしょう?

さっきのお堂の反対側に、出土品かなにか展示してあります。

結構古いお寺のようです。

正面にある大きめのお堂の右側にあるお堂。

コレも小さめのお堂です。

さっきのお堂の内部。

大きめの仏様の前に仏頭が祀られてます。

コチラもやはり、背中合わせでもう1体の仏様がいらっしゃいます。


ここにもやはり出土品っぽいのが展示されてました。


真ん中のお堂。

お堂と言っても壁が無いですね。

お堂の内部。


もともと古いお堂の跡が有った所に建てているようです。

昔の柱の跡が中にあります。

このご本尊もやはり背中合わせになってます。

どういう意味が有るんでしょうか?

ご本尊の前の仏様。


コチラも背中合わせになってます。


ご本尊の前の涅槃仏。

小さいですが、結構古そうです。

仏足跡。

真ん中で真っ二つに割れています。
なんででしょうか・・・?

側面の壁の外からプラーンを見たところ。


2/2に続く・・・。

拍手[0回]

ラーチャブリーの第3級王室寺院、ワット・スリ・シリヤウォンです。

コチラが本堂。

結構特徴的なお堂です。
残念ながら閉まってました・・・。

正面の装飾。

シンプルでカッコ良いですね。

結界石かな?

本堂の周りの低い塀の上に乗ってる感じです。

本堂正面入り口。


本堂側面。

壁とか、石のタイルで覆われています。

扉の上にウサギがいます。


本堂の裏にあるチェディー。

チェディー自体は小さめですが、土台の上に乗っています。

土台の所の仏像。


敷地奥の方の仏像。

他でも見た事ありますが、この庇みたいなのは何なんでしょう?
ナークプロックの一種?

特徴的な本堂がなかなか良い感じですが、閉まっていたのが残念です・・・。
このお寺もほとんど参拝者はいなかったですね。

地図

拍手[0回]

ラーチャブリーの第2級王室寺院、ワット・サッタナート・パリワートです。

敷地入ってすぐにあるチェディー。

大きさも形も、ごく一般的ですね。

チェディーの向こう側にあるお堂。

閉まってました。
礼拝堂かな?形からすると涅槃仏っぽいですが。

さっきのお堂の奥にある本堂。

ココも閉まってました。
まあまあ立派ですが、それほど特徴的ではないですね。

正面の装飾。

お手(?)をするシンハ。

結界石。


本堂のさらに奥に礼拝所があります。


礼拝所の仏様。


このお方はどなたでしょうか?

ヒゲを生やしてます。
衛兵っぽいですが、よく解りません。
色布巻き付けられたりお供え物が有ったりしますが、なぜなんでしょう?

第2級王室寺院という事で、期待してたんですが・・・、あまりパッとしなかったですね・・・。
お堂は全部閉まっていたし、他に見どころも無いですし・・・。
当然?ながら、参拝者は全く居ませんでした。

地図

拍手[0回]

シンブリーのお寺、ワット・アンパワンの続き。

本堂。


本堂の側面。

下の法輪?が結界石かと思ったら、壁の上の方にも結界石っぽいのが有ります。
ダブル結界石(?)でしょうか?

本堂の内部。


ご本尊。


敷地の奥の方にある建物に参拝者が押しかけていました。
その中にはお坊さんのロー人形?が。

どうも相当有名なお坊さんのようです。
で、実はそのお坊さんが亡くなって、その葬儀が行われていました。

お坊さんの葬儀の祭壇。


お寺の建物。


チャオしたプラクルアン。
プラ・サンカチャイの極小像2点。

右は普通、左はピッターです。

背面。


プラ・リヤン。

亡くなったお坊さん・・・だと思います。

普段から参拝者は多いようですが、有名なお坊さんの葬儀という事で、さらに多いようでした。
観光的な見どころは手前のエラワン像ぐらいですが・・・、ほとんどスルーされてましたね・・・。

地図

拍手[0回]

シンブリーのお寺、ワット・アンパワンです。
付近は参拝者の車で渋滞が出来てました・・・。
なんか相当人気?のあるお寺のようです。

かなり手前の方にこういう建物が有ります。

周りにお店とかも出て、人がたくさんいます。

さっきの建物の内部。

真ん中にエラワン、両側にゾウの像があります。
割と大きいし、目立つと思うんですが、ほとんど人がいません・・・。
完全にスルーされてます・・・。

エラワン像の裏手の、木の精を祀るところ。


お寺に続く道。

スゴイ人です・・・。
両側にお店が並んでます。

プラ・メートラニー( x2)と、真ん中は豊漁の女神・・・でしょうか?

何度か見た事ありますが、魚に乗った女神さまです。

白黒の水牛の像。


プラ・シバリー像。


水曜日の椅座仏。


祠。


祠に祀られてるお坊さん。


白ゾウの像。


2/2に続く・・・。

拍手[0回]

バンコクのワット・プラケオの再々訪です。
前回のはコチラ
一昨年に続き、去年も1月にお参りして来ました。
これまで載せてないモノを中心に載せます。

本堂を横から見たところ。

相変わらずスゴイ人です・・・。

モンドップの近くにある・・・なんだろ、コレは・・・?


さっきのヤツの上の方。

やっぱり解りません・・・。
なんか怪しげな物体が真ん中にいます・・・。

階段の手すりのナーク。


同じくナークですが・・・、コッチはお顔が人間です。

喉の緑が蝶ネクタイみたいです・・・。

サルの石像。


礼拝堂?

ここ、いつも儀式か何かやってて入れませんが、入れる時も有るんだろうか?

礼拝堂?の隣のお堂。


さらにその隣のお堂。


回廊の壁画。

クルッ(ガルーダ)かな?

同じく壁画。

どういう場面なんだろ?
ちょっとオモシロいです。

王宮の手前にあるお堂。

前回も閉まってましたね。
ココも入ったことないですが、入れるんでしょうか?

某国の人たちの大群・・・。

家族で写真撮ろうと思ってたのに、お構いなしにやって来て、追いやられました・・・。

とにかく人が多いので、疲れます・・・。

地図

拍手[0回]

ナーンのお寺、ワット・シ・パン・トンの続き。

本堂の内部。

ご本尊は意外と小さい・・・かな?

ご本尊の前に大きめの仏様と小さめのが並んでます。

こういう配置は珍しい気がします。

正面の壁画。

城壁で囲まれた街?が描かれてます。
昔のナーンでしょうか?

別の壁画。

何かの物語か歴史でしょうか?
戦闘の様子とかが描かれてます。

また別の壁画。

中央部、火事になってますね・・・。
このお寺なんでしょうか?

本堂の左にある経蔵。


経蔵の隣にあるお堂。

小さいお堂です。
閉まってました。

小さいお堂の扉の絵。

中央、人魚と戯れる?ハヌマーンですね。
人魚がちょっと怖いですが・・・。

本堂の側面出入り口の柱の下部。

正面とかのと同様、ヤックか何かが支えてますが・・・、ココのだけかなり雑です・・・。

本堂のずっと右手の方にひっそりと小さめのお堂があります。


お堂の右側に、やはり小さめのチェディーもあります。


お堂の中には、プラ・サンカチャイが祀られています。

結構大きめです。

正面から見たところ。

結構特徴的です。
目立たない場所にあるので、ココまで来てる人はほとんどいませんでした。

本堂を右斜めから見たところ。

屋根も金ピカです。

本堂正面辺りにあるボート?

スゲー長いです・・・。
実際に使えるんだろうか?

相当金ピカ度が高い本堂でした。
正面の装飾に一部銀が有るだけで、他は屋根も含めて金一色です。
チャチュンサオのこのお寺に次ぐぐらいの金ピカ度です。
観光の中心、ワット・プーミンから少し離れていますが、観光コースに含まれているようで、たくさんの参拝者、観光客で来ていました。
ナーンも結構個性的なお寺が多く、良かったです。

地図

拍手[0回]

ナーンのお寺、ワット・シ・パン・トンです。
街の中心部からちょっと西に行った辺りにあります。

本堂。

なかなか立派なお堂です。
そして金ピカ度も相当高いです。
装飾も個性的ですね・・・。

正面の装飾を上の方から見ていきましょう。

この辺りだけちょっと銀があります。
周りに触手みたいなのが有る物体をゾウが支えており、その台も7匹のゾウが支えています。
その下に、ヤックかなにかがいて、また支えています。
周りにもイロイロいますが、よく解りません。

中段部分右、ホン(ハンサ)に乗ったプラ・プロム(ブラフマー神)がいらっしゃいます。

中央には仏様の手と法輪が、その下にはカーラ?がいます。

反対側にはエラワンに乗ったプラ・イン(インドラ神)がいらっしゃいます。

頭がすごいことになってます・・・。
エラワンは3つ首のゾウという姿が多いですが、本来は33の頭を持つようですので、コッチの方が正解なんでしょう。
まあ、コレは33も無いっぽいですが、足りない分は背後に隠れている、と解釈しましょう・・・。
よく見ると左下にプラ・メートラニーっぽいお方がいらっしゃいます。

プラ・プロムの右辺り、上下にどなたかいらっしゃいますが・・・、どなたなのかよく解りません。


同じく、プラ・インの左のお方たちも、よく解りません。


中央下段にいらっしゃる、魚にのったお方。

コチラもよく解りません・・・。

柱の所にぶら下がってるのは、上半身人間のナーク・・・?でしょうか?

踊ってるんでしょうか?

柱を支えるハヌマーンズ。


コッチはヤックたち、かな?


柱とかの装飾も相当手が込んでます。


ナーンでは珍しい(かな?)、7頭のナーク。

なかなか立派で迫力あります。

なんか両脇にちっちゃい頭が付いてますが・・・、コレも加えると9頭になります。


横の壁に魚とかがイッパイいます。


2/2に続く・・・。

拍手[0回]

ナーンの第3級王室寺院、ワット・プラ・タート・チェー・ヘーンの続き。

本堂とチェディーを囲む回廊の中の仏像。


コチラが本堂とチェディー。

本堂は割とジミですが、良い感じです。

本堂入口上の装飾。

ナークが絡まってます。

本堂内部。

あまり広くないので、ちょっと窮屈な感じですね。

ご本尊。

結構立派な仏様です。

コンジキのウサギ・・・。

「卯年のチェディー」ですので。

卯年のチェディー。

まあまあ立派ですが、まあ、フツーと言えばフツーな気もします。

このトンガリ?は何でしょうか・・・?

周りにウサギ像があります。

ミニチュア版チェディー。

あまり似てないですが・・・。

チェディー近くの祠。

装飾がちょっと変わってますね。

祠の中の仏様。


祠の仏足跡。

足がビミョーに細長いですね・・・。

コイツは・・・、ウサギ・・・かな?


ナゼかトラ・・・。

しかもかなりビミョーなデキですし・・・。
前脚長すぎでしょ?

チェディーを見上げたところ。


プレーのチョーヘーもそうですが、プラクルアンが安いので、同僚(タイ人)へのミヤゲ用にいっぱいチャオしました。

その1.プラ・ポン。

表はフツーのプラ・ソムデットですが、裏に卯年のチェディーが描かれてます。

その2.コレもプラ・ポン・

同じく裏面にチェディー。

その3.プラ・リヤン・・・ぽいですが、仏様の廻りが板ではなく穴が開いてます。


その4,5.プラ・リヤン。左は違うか・・・?


裏面。
右のは裏にチェディー。


その6.ミニ・チェディー。

似てないですね・・・。

ラストその7.ご本尊かな?

中に水が入っていて、逆さにするとキラキラが舞うヤツ。
・・・、なんか懐かしいですね・・・。
プラというより、オミヤゲモノ感が有りますけど・・・。

干支のチェディー寺はどこもそうですが、やはり人気のお寺のようで、参拝者がイッパイいました。
広いし見どころも多いので、ある程度覚悟して行かないと疲れます・・・。

地図

拍手[0回]

ナーンの第3級王室寺院、ワット・プラ・タート・チェー・ヘーンです。
ナーン市街から東の方へ数キロ行った、丘の上に建つお寺です。
王室寺院としてだけではなく、北タイの干支チェディーのうち、「卯年のチェディー」のお寺としても有名です。

入口正面から見たところ。

丘って言っても、そんなに高くないですね。

お寺の名前の碑。

英語表記がビミョーに違ってる気がしますが・・・。
これじゃ「チェーハーン」ですね。

参道?の所のナーク。

結構立派です。
ナーンは単頭のナークが多いですね。

ナークの胴体。


しっぽの先っちょ。

そういえばこのナーク、いつものヤツに食い付かれてませんね。
珍しい・・・かな?

途中に有ったチェディー。


参道の上にある飾り付け?

正月用かな?
雪洞っぽいですね。
向こうに卯年のチェディーが見えます。

雪洞の左の方にあるお堂とチェディー。


お堂を横から見たところ。

装飾が少ないシンプルなお堂です。

お堂の前の・・・なんだろ?ヤック?

左はヤックっぽくないですね。剣を持ってます。
右はヤックっぽいです。
棒を持って、正座っぽい座り方してます。

お堂の形からも分かる通り、涅槃仏が祀られてます。

10メートル無いぐらいかな?そんなに大きくはないです。

頭側から見たところ。


枕に結界石っぽいのが埋まってます。


足側から見たところ。

足の裏は何もありません。
下側がハゲてるのは、参拝者が触っていくからでしょうね・・・。

さっきの白いチェディーと卯年のチェディー。


チェディーの前のこのイヌは何なんでしょう・・・?


広場にある木。


なんか小さくてジミなお堂が有ります。


さっきのお堂の内部。


結構特徴的な仏様です。

古い仏像っぽいですが、どうなんでしょう?

金ぴかのプラ・メートラニー像。

新しそうです。

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

1 2 3 4 5 6  →Next