タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2019.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
9 10 11 12
15 17 18 19
22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[01/21 坂本 理恵]
[01/02 あみん (hgn)]
[11/15 しぶぞう]
[11/15 NONAME]
[10/23 しぶぞう]
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
カウンター
アクセス解析
チャイナートのお寺、ワット・ワーン・コー・ハイです。
前回、前々回のお寺からさらに西の方へ行った所に在ります。

本堂。

閉まってました。
ごくフツーのお堂です。

本堂の正面。


クルッ(ガルーダ)に乗ったヴィシュヌ神、かな?

クルッがちょっとそれっぽくない、というか、羽根が無い?
足でナーク(ナーガ)を踏みつけてますが・・・、ナーク細いですね・・・。

手前の方に在る祠。


祠の仏様。


横から見たところ。


祠の壁画ですが・・・、ビミョーに変わってますね・・・。

六臂の仏様ってあまり見た記憶がないですね・・・。

お寺の建物。

田舎のお寺に行くと、こういう高床式の大きい木造の建物がよく有りますね。

まあ、ごくフツーのお手ですね・・・。
夕方だったからか、祠以外は閉まってましたし。

地図

拍手[1回]

チャイナートのお寺、ワット・ウィチット・ランシーターラームです。
前回のお寺からちょっと東の方に行った所に在ります。

道から結構目立つ建物が有ったので、入ってみました。


手前の祠の仏様。


同じくプラ・メートラニー。


その奥のお堂?

仏像が通りからもよく見えるようになってます。

大仏と言うほどではないですが、ちょっと大き目の仏様です。


お堂を斜めから見たところ。


屋根の所の装飾。


さっきのお堂の裏に有る建物。


更に奥に進むと、こんなのが建っています。

本堂かな?
新しくて立派です。

スロープで本堂に上がっていくようになってます。

閉まってましたが・・・。

斜めから見たところ。

周りに堀が・・・、というか、池の中に建っているという感じでしょうか?

なんか独特の装飾ですね・・・。


結界石。


奥の本堂は新しくて立派ですが、閉まっていたので残念です。
時間が遅かったからかもしれません。

地図

拍手[1回]

チャイナートのお寺、ワット・ノーン・カムです・・・。
ひょっとしたら、お寺名が違うかもしれません・・・。
チャイナートのかなり南の方、シンブリーとの県境に近い辺りです。
テキトーに入った、ごくフツーのお寺です・・・。

コンクリを打った広い敷地に、ポツンと本堂が建ってます。


本堂。

閉まってました。

正面の仏像と結界石。

結界石は塀の上に乗ってます。

正面の壁画。


壁画の左の方。

スイギュウに乗ったお方がいます。
どなたなんでしょうか?

同じく右の方。

コッチには馬に乗ったお方がいます。

木窓の装飾。


木窓の上、プラ・メートラニーがいらっしゃいます。


裏側の壁画。


ジミに地獄図が有ります。

キバを剥く怪物みたいなのは何なんでしょう?

本堂の前辺りに有る立仏を祀る祠。


「まぁまぁ」のポーズ?です。


当然ながら、閑散としてました・・・。
特に見るモノも無いですし・・・。

地図

拍手[1回]

シンブリーンの第3級王室寺院、ワット・ピクン・トーン・プラ・アラム・ルアンの続き。

敷地奥の方にもう一つ大きい池が有り、プラ・ピッカネー(ガネーシャ神)像が建っています。

6,7メートルほどで、そんなに大きい像ではないです。

コレがそのピッカネー像。

タイでは多い、ピンクの肌のピッカネーです。

手前の祠に、お決まり?の、願いをピッカネーに伝えてくれるネズミがいます。


台座にイロイロなヒンドゥー神の像が並んでます。

左から、ドゥルガー女神、カーリー女神、ヴィシュヌ神(ナラヤナ)ですね。

大仏エリアの回廊の右手に有るお堂。


お堂の前に有る、サルの像。


お堂に祀られているお坊さん像。

結構大きいです。

以上、大仏様とその周辺のエリアですが、これだけでそうとう広いです。
で、さらに道を挟んだ所にも、敷地が続いていました。

その飛び地?に有る本堂。

コレは裏から見たところです。
大仏エリアの方は結構参拝者が居ましたが、コチラの方にはあまり居ませんでした。

結界石。

壁というか柱に埋め込まれています。

扉の装飾。

見ザル言わザル聞かザル・・・せザル、でしょうか?

本堂の内部。

壁画とか全く無く、結構シンプルな内装です。

ご本尊。

台座がやたらと立派です・・・。
上の方、丸いイガイガ?がズラーッと並んでます。
光が見えてるので、明かり窓なんでしょうか?

本堂の横に有る小さ目のチェディー。


本堂の斜め前辺りにある祠。


祠にはお坊さんが祀られています。


一番左の祠。

ネコの親子が寝てますね・・・。

奥の方に有るお堂?。

お坊さんにお経を上げてもらう所かな?

本堂の方から大仏様を見たところ。

道路の方に背中を向けておられます。

チャオしたプラクルアン。

マーブル柄?が入ったプラ・ソムデットタイプです。
ちょっと毒々しいかな・・・?

裏面。

左は分かりづらいですが、どちらもお坊さんのお顔が描かれてます。

大仏様、プラ・サンカチャイ像、プラ・ピッカネー像と、大きな像が多く、見どころが多いお寺です。
王室寺院でもあり、有名なお坊さんもいらっしゃる様で、参拝者も多かったです。

地図

拍手[1回]

シンブリーの第3級王室寺院、ワット・ピクン・トーン・プラ・アラム・ルアンです。
シンブリー県の南の方、アーントーンから少し北上した辺りに在るお寺です。

コチラの大仏様が結構目立ちます。

台座含めると、30メートルぐらいは有るでしょうか?

大仏様の手前に祠とかが並んでいます。
コチラは一番左の祠。

正面の装飾の模様?ヤントラ?が変わってますね。

祠の内部。

観音様が祀られています。
頭上の木が特徴的です。

中央の礼拝所。

左の方、プラ・シバリー像とプラ・サンカチャイ像が有ります。

右の方の祠。

お坊さん像とかが祀られてます。

大仏様の周りを囲む回廊に貼ってある絵。

ブッダの生涯とかですが、リアルタッチの絵です。

プラ・メートラニーのシーンですね。

プラ・メートラニーが美しいです・・・。

大仏様を右手の方から見たところ。

なんか胸が尖がってますね・・・。
周りの緑地帯にトラなど動物の像が有ります。

台座の上から大仏様を見上げたところ。

迫力あります。

台座から見た正面の景色。

回廊の向こうに池が有り、その向こうに太い道が続いています。

さっき上から見た池。

コイツはナーク?中華風の龍っぽい気もしますが、あまり見たことない感じですね・・・。

池の向こう側から見た大仏様。

よく見ると印相がちょっと変わってますね。
よく有る降魔印と違い、掌を上にし、親指と人差し指で輪を作っておられます。

池に浮かぶ小島のプラ・シバリー像。


さっき上から見た正面の太い道。

この道、数百メートルで終わり、その先はフツーの細い道になってます・・・。
お寺が自分たちで造ったって感じですね。

大仏様の左手前の方に有る、プラ・サンカチャイ像。

そこそこ大きくて、高さ10メールぐらいあります。

手前の祠の、通常サイズのプラ・サンカチャイ像。


大仏様の右手手前の方に有る小さ目のチェディー。


う~ん・・・、なんでしょうか・・・?


そこらじゅうに動物のコンクリ像が有るんですが・・・、ビミョーというか、奇妙なのも多いですね・・・。

何でしょうか・・・、ウシ?シカ?

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

アーントーンの第3級王室寺院、ワット・チャイヨーの続き。

木の精(ピー)を祀る祠に有った仏像とプラ・メートラニー像、ナーン・クワック(招き女)像。


本堂の近くに有る祠と、塀の外に有るチェディー。


祠の内部。

ラーマ5世、かな?

さっきのチェディー。

小さ目のチェディーです。

オナジミ?のガイコツ君。

無縁仏の供養のための募金をお願いしています。

横のコイツらは何なんでしょうか・・・?

ウシとスイギュウのようですが・・・、キモいです・・・。

コチラはガイコツ君の女性バージョン的なお方。

ココのはちょっとケバいですが・・・。

本堂から結構離れた川沿いに、もう一つお堂が有りました。


お堂の入り口。


お堂の内部。

結構大きいお坊さんの像が祀られてました。

駐車場に面したところに有る建物。

中はお店がイッパイ入ってます。

チャオしたプラクルアン。

スタンダードなプラ・ポンです。
右の方は結構小さ目です。

裏面。


なかなか大きい屋内大仏と、そのお堂が素晴らしかったです。
王室寺院という事も有り、参拝者はかなり多かったです。

地図

拍手[2回]

アーントーンの第3級王室寺院、ワット・チャイヨーです。
アーントーン県の北の外れ、シンブリーとの県境に近い、チャオプラヤー川沿いに在るお寺です。

駐車場から見えるお堂。

デカくてすごく目立つお堂です。

さっきのお堂を反対側(正面)から見たところ。

手前に小さ目のお堂がくっついている感じです。
その小さ目のお堂が本堂のようです。
本堂は閉まってました。

大きいお堂(礼拝堂)と本堂のつなぎ目。

建物自体は別ですが、屋根がくっついています。

本堂横に有る礼拝所。


コレは何なんでしょう・・・?

小さい穴が一周開いてますが、それ以外に開口は無いですね・・・。

本堂の側面壁。

結界石は壁埋め込みタイプです。
金の装飾がリッチな感じですね。

さっきと反対側の礼拝所。

コッチはあまり人が居ません。

礼拝堂との間の本堂側の壁。


礼拝堂の内部。

なかなか大きい大仏様がいらっしゃいます。
印相がちょっと変わってますかね?
タイではあまり見ない気がしますが。

大仏様のミニチュア版。

金箔貼り付け用です。

大仏様の前列に並ぶ仏像。


コレ、どこに有ったのか忘れましたが、千手(?)観音です。


裏側の門(修理中)の近くに有る馬に乗る王様の像。


2/2に続く・・・。

拍手[1回]

プレーのお寺、ワット・プラ・プッタ・モンコンです。
プレー市街から南の方へ数キロ行ったところに在ります。

本堂・・・?

背面しか壁が無い、開放的なお堂です。

正面から見たところ。


内部の様子。


ご本尊は結構大き目の仏像です。

ちょっとクールな?感じの、白いお肌の仏様です。

本堂と、裏に有るチェディー。


割と小さ目のチェディーです。


チェディーの左に有る祠。


祠の前のナーク。

バナナの葉?か何かで造ってあります。

祠に祀られているお方。

どなたでしょうか・・・?

さっきの祠の左に有る小さい祠。


いわゆる「ピー(精霊)」を祀った祠のようです。


境内に有る立派な木。


本堂、チェディーと祠が有るだけで、僧坊とか法事を行う建物とかが無いような気がするんですが・・・。
本当にちゃんとしたお寺なんでしょうか・・・?
別の場所に有ったのかな?
ご近所さんっぽい人が数人、散歩がてらって感じでお参りしに来てました。

地図

拍手[0回]

パヤオのお寺、ワット・アナラヨの続き。

かなり奥の方に有るコチラのお堂が本堂のようです。

ちょっと特徴的なお堂ですね。

本堂の内部。

何というか・・・、かなりシンプルですね・・・。
木製のナークプロック仏が有りますが、ソレはご本尊ではなく、その後ろの窓の向こうにご本尊がいらっしゃるようです。

コチラが(多分)ご本尊です。

さっきの窓の向こうにチェディーが建っていて、そこに収められている仏様です。

チェディーを横から見たところ。

チェディーが本堂内に有り、その中の仏様がご本尊、というパターンは今まで見ましたが、外に有るチェディーの仏様がご本尊というのは、初めて見ました。

結界石。

結構凝った造りです。

更に進んで、一番奥に有る建物。

他にも途中にイロイロ建物が有りましたが、キリが無いので割愛しました・・・。

最後のお堂の祭壇。

なんでしょう?お坊さんの骨か何かが祀られてるんでしょうか?

さっきのお堂から見た景色。


干支の動物の顔が並んでます。

最後はイノシシではなくブタです。
口から水が出るようになっているみたいですが・・・、出てませんね・・・。

駐車場の所に戻って来ました。
観音様の祠です。


なんというか・・・、オカマのような・・・。


ノラ犬がイッパイ居ました・・・。

タイのお寺ではよく見る光景ですが・・・。

チャオしたプラクルアン。
銅板です。

結構大きくて、11 x 7.5センチぐらいあります。

極小像。

コチラは1.5センチ弱とかなり小さめです。

結構有名なお寺のようで、たくさん参拝者が来ていました。
林の中に建っていて、入り口から一番奥まで数百メートルあります。
お堂や祠が10以上も有り、全部見るのはちょっと大変です・・・。
変わったお堂が多いし、大仏が有ったりして、それなりに見どころがは有ると思います。

地図

拍手[2回]

パヤオのお寺、ワット・アナラヨの続き。

さっきのお堂の隣りのお堂・・・だったかな?

同じようなお堂がいくつも有って、正直どれがどれか覚えてません・・・。

階段の真ん中に祀られてるお方。

う~ん・・・、よく解りませんね・・・。
真ん中のお方は剣を持っておられます。
脇侍のお二方はナークプロックですね・・・。
手前にナークが居ますし、コレもナークがらみのお方のようです。

祠に祀られているシヴァ神とその妻(ウマー)・・・かな?

女神の方、持ち物からしてサントシ・マーという女神で、シヴァ神の神妃ではないんですが・・・。
タイではその辺、結構いい加減で、混同されてる気がします。

ヴィシュヌ神像。


仏足跡。


割と立派なお堂。


さっきのお堂の内部。

広々してます。

お堂の仏様。

こういう、小さ目のチェディーっぽいヤツの中に仏様が納まっているというのは、タイ北部でたまに見かけます。

さっきのお堂、横から見るとこんな感じです。

下に建物が続いていますね・・・。
でも、下の部分には行けないんですが・・・。
下の部分の入り口はずっと下に有って、その建物の上にお堂が乗っかっている感じでしょうか?

さっきのお堂の隣に有る小さ目のお堂。

チェディーがくっついています。

小さ目のお堂の内部。


ちょっと変わった感じのチェディーが有ります。


チェディーの前の仏様。

両側にウサギが居ます。

チェディーの近く、白い大仏様がいらっしゃいます。


更に奥の方にもナーク・プロックの大仏様が。


ココにも小さ目のお堂が有ります。


お堂の内部。

落ち着いた雰囲気のお堂です。

階段の所の装飾。


3/3に続く・・・。

拍手[0回]

パヤオのお寺、ワット・アナラヨです。
これまでお参りしてきたパヤオのお寺は、パヤオ湖の東岸に在りましたが、このお寺は湖の西側に在ります。
ランパーンの県境まで山というか山脈になっていて、一番手前にこのお寺が建っています。

観光バスとかが止まる駐車場が有り、その近くにお店が並んでます。

ランナーっぽい、藍染とか民族衣装っぽい柄の布製品が並んでます。
チェンマイの観光地とかよりずっと安いです。

お寺の上り口の門。

遺跡っぽいですが、別に古いモノではなさそうです。

門の後ろに立つ像。

手前のお方、メース(棍棒)を持って、とぐろを巻くナークの上でポーズを取っておられます。
で、ヒザの上にナークの顔が出てますね・・・。
奥の方、ハヌマーンでしょうか?
ツボを持ち上げていて、なんか子供みたいなのがくっついてます。

さっきのツボの子供たち。

モヒカンみたいな髪型は良いとして・・・、シッポが生えてますね・・・。
なんだろ?ナークの子供たち?

さっきの像の後ろに有る浮き彫り。


お寺に続く階段とナーク。


途中の階段。

実は車で上まで上がれたので、歩いては上りませんでした。
というか、歩いて登ってる人はほとんど居なかったですね・・・。

で、コチラが車で上ったところに有る門。

コレも遺跡っぽい立派な門です。

門の右手の方に有る建物。


さっきの建物の、ナゾの生物・・・。

タイ北部とかで、この手のナゾの生物の像をよく見ます。
何者なんでしょうか・・・?

門のすぐ右のお堂。


門の中に立ってる像。

ラーマ王子、かな?

門の先の階段。

なんかやたらと建物が建ってますね・・・。

門の近くに有った石。

干支の動物が彫られてます。

門の右のお堂を横から見たところ。

内部はまだ工事中で、何も有りませんでした。

2/3に続く・・・。

拍手[1回]

パタヤのお寺、ワット・プラ・タート・チョムトーンです。
前回のワット・シー・コム・カムのちょっと北の、丘の上に建つお寺です。

丘のふもとの、お寺へ続く階段。

上まで車で登れるので、階段は上ってません。

コチラが丘の上のお寺。

丘の上と言っても、木が生い茂ってるので、別に見晴らしが良いわけではないですね・・・。

塀に囲まれたエリアに入ってすぐ左に有るお堂?祠?


さっきのお堂に祀られている仏様。


本堂とチェディー。

本堂は背面しか壁が無いお堂です。
チェディーは結構キレイですね。

このツクシみたいなのが結界石でしょうか・・・?

あまり見たことないタイプです。

本堂の祭壇。


ご本尊。

背後の壁画は古いっぽいですが、どうなんでしょうか?
手前の仏様がちょっと変わってます。

向かって右側の仏様。

素朴なお顔です。

背後の壁画も素朴?ですね・・・。

テワダーでしょうか?

チェディーの前のシンハー。


同じくチェディーの前の・・・トラ・・・。

縞もテキトーだし、目が点なので、全然迫力無いですが・・・。

塀の外から見たチェディー。

この門の上にもトラが居ます。

コレもかなりビミョーなトラですね・・・。


階段を上から見たところ。


階段を上りきった所に立つヤック。

もうそろそろ、お色直しをした方が良さそうです・・・。

さっきの階段の近くに有る祠。


祠に祀られている仏様と仏足跡。


仏像の隣に有るコレは何なんでしょうか・・・?

仏様のお顔っぽいですが・・・。

小さいお寺です。
お堂とかも簡素で素朴な感じでした。
シー・コム・カムに近いからか、参拝者はそこそこ居ました。

地図

拍手[1回]

パヤオの第3級王室寺院、ワット・シ・コム・カムの続き。

コチラも地獄の定番メニュー(?)、釜茹でです。


コレもタイの地獄ではよく見る、ヒョロヒョロの男(?)。


顔がキモすぎです・・・。


内臓が出てる人たちとか、ヒョロヒョロ女とか・・・。


動物の頭にされた人たちが、お坊さんに助けを乞うています。

悔い改めているんでしょうか・・・?

地獄エリアの隣りのゾーン。
苦行中のブッダとリュートを弾くプラ・イン(インドラ神)。


ブッダ涅槃の場面ですね。


石塔の上4方にそれぞれクルッ(ガルーダ)、ハヌマーンとかが座ってます。

クルッはちょっとタイっぽくない顔ですが。

格闘するクルッとナーク(ナーガ)。

この両者は、確か仲が悪いんですよね・・・。

格闘する(?)人魚とハヌマーン。

格闘ではなく、戯れてるんでしょうか・・・?
このシーンもタイの絵とかでよく見るんですが、イマイチ解りません。

地獄とかのエリアからずっと反対の方に進んだ所、礼拝堂の左手に池が有り、その上にお堂が建っています。


少し特徴的なお堂です。

閉まっていました。
コチラが本堂のようです。

結界石でしょうか?

小さい角ばったのが出っ張ってるだけですね・・・。
こういうのは初めて見ました。

チャオしたプラクルアン。
その1、プラ・ポン。

礼拝堂の仏様でしょうか?
シンプルですが、割と良いです。

なんだろ?鳥?

小枝を削って造ってあります。

リヤンとポン。どちらも水滴型(?)です。

右側、プラ・ウパクッです。

裏面。


ヤックの極小像。


パヤオ唯一の王室寺院で、パヤオを代表するお寺のようです。
格式ある部分も有り、地獄などコンクリ像とかも有り、と、見どころが多いお寺です。
参拝者も多く、賑わっていました。

地図

拍手[2回]

パヤオの第3級王室寺院、ワット・シ・コム・カムの続き。

本堂の右手に在る小さ目のお堂。


正面の装飾。

トラ?片方はヒョウなのかな?中段と下段にそれぞれ居ます。

入り口開口の上に居る赤いヤック(?)。

持ってる棒の先にドクロが付いてます。

お堂の内部。

コチラも内部はシンプルです。

何でしょうか?変わった感じの建物です。

経蔵かな?

右手の方に進むと、ナゾのエリアが現れました・・・。

ヤックっぽい門番?は良いとして・・・、両側に恐竜っぽいのが居ますね・・・。

ウマ・・・ですね・・・。

左奥に布袋様が居ます。

観音様、など。


何でしょうか・・・?極楽浄土とかそんなんでしょうか?


左はアーラーダさんでしょうか?


池の上に中国風の龍とコブラ(ナーク?)が居ます。


更に奥の方に行くと・・・、地獄ゾーンですね、コレは・・・。


何でしょう、コイツは・・・?

口の中に青い球が入ってます。
まさかラーフ・・・?違うか・・・?
角とキバが生えてます。

下半身が埋まった女性・・・。

悲壮なお顔ですね・・・。
何をしてるんでしょうか・・・?

腹に顔が有る人(?)。

タイの地獄図ではよく見る人(?)ですね。
仏像の頭を持っていて、後ろからヤリでつつかれてます・・・。

ヤマ(閻魔大王)の裁きを受ける人々。

左に居るのは書記官?チトラグプタかな?

お馴染み、トゲトゲの木に登らされる人たち。

浮気者がやらされる罰ですね。

3/3に続く・・・。

拍手[0回]

パヤオの第3級王室寺院、ワット・シ・コム・カムです。
パヤオ湖畔、湖の東側中央辺りに在ります。

入り口正面から礼拝堂を見たところ。

たくさんの参拝者でにぎわっています。

入り口の右側に有る、トラとじゃれつくシカの像。

シッポの辺りにカメと子ザルもいます。

反対側。ヒョウとウサギ、子ザルです。


入り口入って左の建物の装飾。

上の方に居るヤツはなんでしょう・・・?
ラーフですかね?
足が有るのはヘンですが・・・。

うーん・・・、何でしょうか、コレは・・・?

内臓みたいですね・・・。
仏様の内臓・・・?
他のお寺でもこんな感じの見た記憶が有りますが、よく解りません。

さっきの内臓?の後ろに有る仏像。


内臓?とかの向かいのサーラーの仏像とプラ・ウパクッ像。


さっきの仏像の後ろに有る仏足跡。

ガラスケースに入ってるんですが、どうやって小銭を入れたんでしょうか・・・?

礼拝堂の正面の装飾。


装飾の中央辺り。

イロイロ、動物とかが描かれてます。

装飾の端の方。

サルっぽいです。
ハヌマーンとその手下でしょうか?

礼拝堂内部。

結構大きいお堂です。
装飾はシンプルです。

礼拝堂の仏様。

なかなか立派な仏様です。

大きな仏様の前の仏像、プラ・ウパクッ像、お坊さん像。

プラ・ウパクッは、ココのもハスの葉を被って斜め上を見、鉢を持っておられます。

礼拝堂を後ろ側から見たところ。


ココにもサルたちの装飾が有ります。

真ん中に居るお方はラーマ王子でしょうか?

軒先で屋根を支える赤ハヌマン?

がんばって支えてます・・・。

2/3に続く・・・。

拍手[1回]

1 2 3 4 5 6  →Next