タイ在住。訪れたタイのお寺は500寺以上・・・。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。 タイ以外の国のお寺なども紹介します。
2020.01│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[11/02 しぶぞう]
[11/02 くろへい]
[09/24 マレーンポー]
[01/21 坂本 理恵]
[01/02 あみん (hgn)]
[11/15 しぶぞう]
[11/15 NONAME]
[10/23 しぶぞう]
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
カウンター
アクセス解析
ミャンマーのパゴダ、チャウタンのチェックダイヨーン・パヤーです。
読み方テキトーです・・・。
タンリン地区の奥の方、ティラワ工業団地からチャウタンの方へ行く途中に有るパゴダです。

入ってすぐ左手に大きいお堂が有ります。


お堂を正面から見たところ。

結構大きめのお堂ですが・・・、あまり金掛かってなさそうな感じです・・・。

お堂に祀られてる仏様。

ギリ大仏と呼んで良いかな?ぐらいの大きさです・・・。
まだ工事中のようです。

ミャンマーのパゴダには、よくこういう石板が置いてあります。

仏教の教えとかを書いてあるみたいです。
ミャンマー語と英語も併記されてます。

敷地奥の方に有る仏塔。

結構立派だし、ちょっと特徴的な形をしてます。

正面から見たところ。

中段まで上る階段が有ります。
中に仏像が見えます。

コチラが仏塔内部の仏様。

眉毛が特徴的ですね・・・。

裏側に有る涅槃仏。


仏塔の上から大仏のお堂を見たところ。


仏塔の脇に有る小さめの仏塔。


仏塔もう1基。

右に小さい祠が有り、どなたか祀られてます。

大きい仏塔の右手奥に有る祠。


祠に祀られてる立仏。

なんか・・・、ヒョロっとしておられますね・・・。

コチラはどこに有ったんだっけ・・・?

別の祠かな?

2/2につづく・・・。

拍手[0回]

ミャンマーのパゴダ、チャウタンのミャッソーニーナウン(?)・パヤーの続き。

境内入ってすぐ左に有る祠。

お馴染みのボーボージーが祀られてます。

ボーボージーの奥にはウパクダーさんの祠が有ります。


その更に奥に有る祠。

扉は閉まってますが、格子なので中は見えます。

手前側の祠の内部。

左から、白ターバンのお方、濃い顔のお方、弁天様、布袋様に観音様です。

観音様と布袋様(弥勒仏)。

ミャンマーでも、タイほどではないですが、中華系の仏様が祀られてる事が有ります。

奥の祠の内部。

ナッ神かな?
左と真ん中は、たまに見かける黒服の方々です。
右は竪琴を持ったお方。
コチラも以前見たことあります。

コッチにも布袋様が祀られてました。


入り口のすぐ右に有る祠。


祠の奥にもう1基の仏塔が有ります。


階段を上って行った所に有るテラス。


仏塔の周りに祀られてる仏様。


テラスから見たもう1基の仏塔。

そんなに広くないので、ゴチャゴチャしてますね・・・。

ちょっと離れた所に有る本堂(?)。

手前のお坊さんの行列は、入り口の門の右に有ったブッダとそれに続く仏弟子像の続きです・・・。

1人お参りに来てる人とデート中のカップルを見かけましたが、ココもあまり人は居ませんでしたね・・・。
まあ、ちょっとゴチャゴチャした感じが面白いかな、と思いました。

地図

拍手[1回]

ミャンマーのパゴダ、チャウタンのミャッソーニーナウン(?)・パヤーです。
前回のパゴダのすぐ南に在ります。

正面の様子。

仏塔が2基見えます。

正面の門。

両脇の拝んでるお方の服がピンクです・・・。

門の右側。

ブッダとそれに続く弟子たちの行列・・・。

境内入って左手に有る仏塔。


仏塔の下部分は祠になってます。


祠の内部。

中央に柱が有り、周りに仏様を祀った穴がいくつも開いてます。

柱を正面から見たところ。


仏塔の周りに有る祠。

ナッ神ですね。
左はいつもの?緑のお方、右も緑の小さいお方です。

白ターバンのお方。


杖を持ったお方。

デキはイマイチですが、素朴で良いですね・・・。

仏塔の周りの庇の下の地獄絵図。


境内入って正面に有るお堂。


お堂の内部。

最初の5人の弟子たちに説法するブッダ、かな?
リアルタッチの像です・・・。

右手に祀られてるプラ・シバリー。

コチラもリアルタッチで、やけに二枚目ですね・・・。

左の方に有る仏様。


2/2に続く・・・。

拍手[1回]

ミャンマーのパゴダ、チャウタンのミンチャウン・パヤーです。
河岸から600mほど北上したところに在ります。

ココも丘の上に建っていて、ふもとに入り口が有ります。


参道入り口両側のシンハーの顔。

ユーモラスな顔です・・・。

参道を上り切ったところに仏塔が立っています。

まあ、よくある形ですが、割と立派です。

参道(左)とミニチュア版の仏塔。


ミニ仏塔の隣に有る祠の内部。

ボーボージー・・・だと思うんですが・・・、今まで見たのとビミョーに違いますね・・・。
指さすてが結構上向きです。

よく見ると、右の方にもう1人いらっしゃいます。

なんでこんな所にもう1体居られるんでしょうか・・・?

ボーボージーの隣の祠。

お馴染み?、濃い顔のお方です。

本堂的なお堂、かな?

ミャンマーのお堂では、こういう風に一部屋根が高くなってる構造のをよく見かけます。

お堂の内部。

5体の仏像が祀られてます。
それぞれ大きさがバラバラで、しかも並びもよく解りませんね・・・。

センターの仏様は、女性的な雰囲気です。


ウパクダーの祠。


別のお堂(?)。


お堂の内部。


祠。


祠に祀られてる5人の方たち。

白ターバンのお方が2人いますね・・・。

別の祠のプラ・シバリー。

ミョーに二枚目です・・・。

ボーボージー?別のお方?


弁財天(サラスバティー)。


境内に停まっていた車。

ミャンマーではこういう作業車をよく見かけます。
タイでも田舎の方に行くと、同じような感じの作業車を見かけますね。

仏塔は立派だし、お堂や祠も多いパゴダです。
数人しかお参りに来てる人は居ませんでしたが・・・。

地図

拍手[1回]

ミャンマーのパゴダ、ヤンゴンのチャウタン・パヤーの続き。

島の一番上流側に階段が有ります。

魚のエサを売っていて、ココでタンブンします。

エサを投げ込んでますが・・・、イマイチ魚が少ないですかね・・・?

タイだと、グワーって感じで集まってくるんですが・・・。

対岸に見えるのは、この前の回でお参りしたパゴダの仏塔です。

どっしりした感じのスタイルの仏塔ですね。

タンブン場所の横に、張り出した部分が有ります。


張り出しの先には、ウパクダーさんが祀られてます。


車座になって食事をする人たち・・・。

ミャンマーではこういう光景をよく見かけますね。
家族連れとかで弁当持参で来て、座り込んで食事をするという・・・。

島の下流側に有る2つの建物。


右の方の建物の祭壇。


左の方。

休憩場所?

下流側にも張り出しが有って、そこに掛かってた絵。

右の方、地獄絵図ですね。
ちょっとタイのと雰囲気が違います・・・。
責めてる人(?)の肌が肌色なのが、違和感感じます・・・。
角みたいなの生えてますね・・・。

別の絵。

タイでもよく見かける、例の木(?)が描かれてます。

張り出しの先に祀られてる方々。


左は、いつもの?緑の方たちです。

ガラスになんか飛び散ってて、見えにくいですが。

真ん中のお方。

トラを従えてます。

足元にはワニがいます。

前回のパゴダにも居られたお方ですね。
ヤンゴンとかのパゴダでは見た記憶がないのですが、この辺りに縁のあるお方なんでしょうか?

右のお方。

褐色のお肌の女性です。
コチラもナッ神でしょうか?

パゴダの配置図です。

今行った張り出し部分は、一番左です。

どうも結構有名なパゴダらしく、参拝者がたくさんいました。
日本のガイドブックにも、サラッとですが載ってましたね。
タイ人のグループもたくさん見かけました。
センターの仏塔と、その隣のお堂のキレイな仏様が良かったです。

地図

拍手[1回]

ミャンマーのパゴダ、ヤンゴン・チャウタンのチャウタン・パヤーです。
前回のパゴダのすぐ近くに在ります。
このパゴダ、川の中州というか島?の上に建てられていて、船で渡ります。

前回のパゴダの入り口のすぐ近くに、渡し船の乗り場が有ります。

ココは工事中で、隣に別の入り口が有りました。
入り口で履物を預け、船代を払います。
外国人は高めの金を取られますが、単独で船に乗せてもらえます・・・。

渡し船の乗り場から見たパゴダ。


島の上にパゴダが建ってます。


パゴダ側から見た川岸。

ミャンマー人は船代安いですが、右のような感じで大勢で乗らされます。
向こうの方に見えるホロ付きのが外国人用です。
救命胴衣も着せてもらえます・・・。

パゴダの入り口のヤック。


センターの仏塔と入り口(左)。

入り口の近くで、外国人は入場料を取られます。

仏塔の別角度。

そんなに大きくはないですが、割と特徴的で良い感じの仏塔です。

仏塔の四方にいらっしゃる仏様。


仏塔の下にイロイロ仏像とかが祀られてます。


仏塔の下部の四方に祠が有り、仏様が祀られてます。


仏塔の隣に有るお堂。

本堂かな?

本堂?の内部。


この絵は何なんでしょうか・・・?

カエルがコブラを食ってます・・・。

本堂の奥のお堂。

コッチが本堂?よく分かりません・・・。

お堂の内部。


なかなか立派な祭壇です。


さっきの祭壇の仏様。

高貴な感じがする(?)お顔立ちです・・・。
結構有名な仏様のようでした。

2/2に続く・・・。

拍手[1回]

ミャンマーのパゴダ、タンリン地区のチャウタンという町にあるパゴダ、チャイッテピャタタナウ・パヤー(読み方よく解りません)です。
この辺りもまだヤンゴンなんでしょうか?
ティラワ工業団地から車で20分ほど南下した、川岸の町です。
川の中州に有るパゴダへと渡る船着き場近くの、丘の上に建つパゴダです。

パゴダの参道の入り口。


参道の階段を上り切った所に有る祠。

仏塔の周り4方向にそれぞれ祠が有ります。
コチラは南側の祠です。

祠に祀られている仏さま。


丘の頂上に立っている仏塔。

ちょっと平たい感じで、特徴的な仏塔です。
なかなか良いですね。

コチラが西側にある祠。

コレが一番立派、かな?
祠というより、お堂という感じです。

先ほどの祠に祀られている仏像。

手前の小さい立仏が良い感じです。

祠の壁画。

ちょっと色あせてますが、いつもの「人間橋」の場面です。

仏塔から少し離れた所に有る祠に祀られている弁天様。


弁天様の隣に祀られてるお方。

竪琴を持った女性です。
ナッ神でしょうか?

さっきの女性の足元。

トラ、ワニ、コブラが居ます・・・。
トラの顔、メッチャ凶悪です・・・。

隣に有る小さい祠。

左は観音様かな?
右の方は聖人的なお方でしょうか?
総髪の濃いお顔のオジサンもいます。

さらに隣の祠の白い聖人?のお方。
 

仏塔の北側の祠に祀られてる仏様。


別角度から見た仏塔。


仏塔の右手に有る物体。

ゴールデンロック(落ちそうで落ちない岩)のレプリカでしょうか?
元々ココに有った物かもしれません。

最後、東側の祠。

左にポールが立ってます。

東側の祠には涅槃仏が祀られてます。


涅槃仏のお顔。


涅槃仏の祠の壁画。

何の場面でしょうか?
馬に乗ったヤックと、ウマの尻尾につかまる男・・・。
タイでは多分見たこと無いですね。

有名なパゴダのすぐ近くで、参拝者、観光客も多い場所なんですが、このパゴダにはあまり人はいなかったですね・・・。
地元っぽい人が数人ぐらい・・・。
ちなみにコチラがその有名なパゴダ。

このパゴダからよく見えます。
仏塔も特徴的で、結構良い感じのパゴダでした。

地図

拍手[1回]

ヤンゴンのパゴダ、マハーヴィジャヤ・パヤーの続き。

回廊の内側にも、様々な仏像が並んでます。

ちょっと珍しいポーズです・・・かね?

回廊の一角に祠みたいなのが有ります。


さっきの祠に祀られてる小さい仏様。

結構重要な仏像とかなんとか、書いてあったような気がします・・・。
電飾のせいで、安っぽく見えてしまうんですが・・・。

入り口の所の壁画。

瞑想するブッダを妨害しようとする魔物たち、ですね。
なかなか迫力が有る絵です。

で、コチラが、大地の女神が濡れ髪を絞って起こした洪水に魔物たちが流される場面。

女神様、どこにいるか分かりません・・・。

ヤック?がブッダを攻撃している・・・のかな?

どっかの漫画みたく、光る玉とかを投げつけてます・・・。

ヤックが改心してブッダに帰依するシーン・・・、かな?


仏塔の周りの回廊に囲まれたエリアの、隅の方に有る祠の仏足跡と立仏。


回廊の外から見た仏塔。

右手奥に見えるのが、シュエダゴンの大仏塔です。

仏塔の回廊の外に有るお堂。

本堂かな?
閉まってました。
タイとか中国、日本とかと違い、一般参拝者が本堂に入るということが無いようです。

外れの方に有った祠。


祠の内部。

センターにボーボージー、左にお坊さんの像が祀られてます。

右側のお二方。

白いターバンのお方と、顔の濃いお方・・・、お馴染み?のお二人です・・・。

シュエダゴンのすぐ近くということだからか、ミャンマー人の参拝者は結構いました。
でも、外国人はほとんど見かけませんでしたね・・・。
それほど見どころが多いわけでもないですが、なかなか良い雰囲気のパゴダだと思いました。

地図

拍手[0回]

ミャンマーのパゴダ、ヤンゴンのマハーヴィジャヤ・パヤーです。
シュエダゴン・パヤーの南門のすぐ前に、このパゴダの門が有ります。

西門の所から見た仏塔。

手前に池が有ります。

門の側で放生用の鳥を売るバアさん。

その奥で売ってるパンは、池の魚にあげてタンブンする用です。
更にその向こうでは、魚のエサも売ってます。
タイみたく、魚にエサをあげてる人はあまりいませんでしたが・・・。

回廊越しに見た仏塔。

シュエダゴンと比べると小さいですが、そこそこ立派です。

仏塔の別角度。

中がお堂になってます。

扉周りの装飾。


よく見ると装飾の中に緑のインコがいます。


シンハー。


仏塔を見上げたところ。

お色直しでしょうか?
足場を設置中でした。

竹で足場を組んでます。


仏塔内部、真ん中の部屋の様子。

中央に塔が立ってます。
周囲の壁に木々が描かれてます。

天井の絵。

星座・・・?
一般的なのとはビミョーに違う気がしますが・・・。
ミャンマー独自の星座でしょうか?

真ん中の部屋の周りに回廊が有り、内側も外側もガラス張りでイロイロ飾ってあります。


回廊の仏像。


2/2につづく・・・。

拍手[1回]

ヤンゴンのアーレインガーシン・パヤーの続き。

ご本尊のアップ。

緑のお肌です・・・。
どういう意味が有るんでしょうか・・・?

緑の仏像の右斜め前に有る仏像。

指さししておられます。
珍しいポーズですね。
ボーボージーみたいです。

お堂内部の壁際に仏像が並んでます。


壁画。

いつもの人間橋のシーンですね。

お堂を外から見たところ。

かなり独特な形をしてます。

お堂の周り。

迷路になってるんですかね・・・?
このエリアは柵で囲まれてて、入れないようになってました。

仏足跡。


お坊さんの像。

プラ・シバリーかな?

割と大きめのゾウ、ウマ、獅子の像が有ります。


さっきのゾウの奥に塔が建ってます。

ミャンマーであまり見ないスタイルの塔ですね・・・。
こういうの、タイでもないですし、中華風でもないですし・・・。

緑の塔の周りに小さめの仏塔が並んでます。


別方から見たところ。

奥に見えるのがメインのお堂です。

緑の塔の1階部分から本堂?を見たところ。


同じく、緑の塔の最上階から見たところ。

周りの迷路部分は木で隠れてほとんど見えませんね・・・。

お堂の屋根の尖ってる部分。


装飾の、トラに乗ったお方。


緑の塔の近くに有った祠に祀られてた方たち。

ナッ神かな?

緑の仏様、本堂の建物、迷路、緑の塔と、かなり独特の雰囲気を持つパゴダでした。
なかなかオモシロいと思います。
前回書いた、お布施をねだるようなオバサンが何人も居たのが残念でした・・・。
タイのお寺や、他のミャンマーのパゴダでは、そういうの無いですね。

地図

拍手[0回]

ミャンマーのパゴダ、ヤンゴンのアーレインガーシン・パヤーです。
前回のチャウットーヂー・パヤーの近く、車で数分の所に在ります。

パゴダの入り口。

横の壁の緑色が特徴的です。

境内入ってすぐ右手にいつもの柱が有り、その周りに仏像が並んでます。

緑色の肌の仏像です・・・。
変わっているというか・・・、ちょっと異様な感じです・・・。
まあ、「エメラルド仏」も緑な訳ですから・・・。

駐車場の所に有ったガルーダ?の像。

ユーモラスというか、何というか・・・?
そういえば、ミャンマーではあまりガルーダを見ない気もします。
コレがガルーダかどうかも、ハッキリしないんですが。

駐車場の横の仏像と小さめの仏塔。

奥に仏塔が乗った建物が見えます。

さっきの建物の内部。

ナッ神?が祀られてます。

コチラは聖人的な方々かな?

手前に仏足跡が有ります。

このお方、人気ですね・・・。


メインのお堂?仏塔?に続く建物の内部。

仏像とかイロイロ並んでます。

なんでしょう、この方たちは・・・?


奥の方に有る仏像。

にこやかなお顔です・・・。

奥に有る別の部屋の像。


鹿が引く車に乗る親子の像。

なんかよく解りませんが、良い感じです・・・。
御者が小さいですね・・・。

ラジオ・・・?

なぜココに・・・?

別の部屋に有った祭壇。

いくつもこういう祭壇が有り、その脇にオバサンが居て、拝んでいけ拝んでいけと声を掛けてきます。
いくつか拝んだりしたんですが・・・、そのたびにお金を賽銭箱的なヤツに入れざるを得なくて・・・、キリが無いので途中から無視して通り過ぎることにしました。

メインのお堂?仏塔かな?の入り口付近の壁画。


仏塔の内部。


センターの仏様は緑色です・・・。



2/2につづく・・・。

拍手[1回]

ミャンマーのパゴダ、ヤンゴンのチャウットーヂー・パヤーの続き。

丘の上からの景色。

・・・って、コレは北側なので、ほぼ林しか見えませんが・・・。

コチラも大理石製のプラ・シバリー像。


やはり大理石製の鉢。

ステージの上からお賽銭を投げ込むようです。

円錐形のガラスケースが突き出た祠が有ります。

奥に結構高い「柱」が有ります。

ガラスケースの中に小さめの仏塔が有ります。

上の方の開いてる所から、お賽銭を投げ込むんですね・・・。

境内で水とかジュースを無料で配布してました。

太っ腹?ですね・・・。
何杯かいただきました。

大理石仏のお堂の正面にある祠。


祠に祀られてる聖人?の像。


同じく・・・。


3体のお坊さん像。


弁天様(サラスバティー)の像。


祠の裏に有る仏塔。

小さめです。

奥の方に有る祠。


祠の内部。

どなたでしょう?この世界を股にかける、的なお方は・・・?

祠の奥の方に有る仏像と緑の女性。

この緑の女性、別のパゴダでも時々見かけます。
頭にナーガが乗っかってます。
ナッ神のお一人でしょうか?

大理石仏が人気で、多くの信仰を集めているようでした。
参拝者の数がかなり多かったです。
駐車場周りとか、お店とかイッパイ出てましたし。
パゴダ自体はそれほど大きくなく、お参りしやすいです。

地図

拍手[1回]

ミャンマーのパゴダ、ヤンゴンのチャウットーヂー・パヤーです。
市街から結構北の方に行った所、空港のちょっと南辺りにあるパゴダです。

正面の参道の入り口。

このパゴダも小さい丘の上に建っています。

参道内の様子。

参拝者が多いです。

上から見た参道。


参道を上り切った正面にあるお堂。

通常、仏塔が建ってることが多いですが、お堂が建ってます。

お堂内には大仏様が祀られてます。

コチラ、大理石製らしいです・・・。
どっかで掘り出された巨大な大理石から削り出した、とかそんなんみたいです。
ガラスでがっちりガードされてます・・・。

大理石仏のお顔。

ちょっと間延びしたお顔です・・・。

背中側から見たところ。


めっちゃ参拝者が居ます・・・。

シュエダゴンを除けば、ヤンゴンのパゴダで一番参拝者が多い気がします。

大仏様の前方両側に有る、拝む弟子(?)の像。

コチラも大理石製です。

お堂内部の壁画。

大理石仏を運搬する場面みたいです。

同じ場面の写真も飾られてました。

現地で原石を仏像に加工して、それから運搬したんでしょうか・・・?

大理石仏のお堂の裏にある祠。

雨宿りの人達がイッパイ居ますが・・・。

仏足跡が祀られています。


仏足跡の祠の近くにある3つの祠。


右の祠の内部。


2/2に続く・・・。

拍手[1回]

ミャンマーのパゴダ、ヤンゴン・タンリン地区のチャイッコウ・パヤーの再訪です。
前回のはコチラ
前回行った時、パンフレット的なのをもらっていて、後で見直すとイロイロ見落としてたようだったので、再訪しました。

参道の門越しに仏塔を見上げたところ。

門の前のシンハーもなかなか立派です。
仏塔に何か掛かってますね・・・。

参道内のお店。

ミヤゲモノやさんっぽいのも有ることは有りますが、ほとんどがフツー?のお店です・・・。

仏塔を見上げたところ。

足場を組んでます。
お色直し、でしょうか?

竹で足場を組んでます。

最終的に全部覆ってしまうようです。

前回見落としていた祠の内部。

ポーズからしてボーボージーさんのようですが、ココのはちょっと変わってますね。

ビミョーにズーム・・・。

今まで色々なパゴダでボーボージーを見てきましたが、基本同じような感じでした。
ココのは独特?で良い感じです。
バナナがイッパイお供えされてます。

前はなかった像が増えてます。

まだ彩色してないようですが。
この方たちは誰なんでしょう・・・?
メッチャ笑顔なんですが・・・。

同じく笑顔の方たち・・・。


コレも前回見落としていた、遺跡っぽいヤツ。

パゴダは丘の上に建ってますが、コレは中腹辺りに有ります。
なんだろ?お堂の跡?
草だらけで近付けませんでした・・・。

丘の上からヤンゴン市街の方を見たところ。

シュエダゴン・パヤーが見えます。

ズームするとこんな感じ。


ちょっと離れた所から見たパゴダ。

周りに高い建物が無いので、かなり目立ちます。

前回見落としていた、ボーボージー像と遺跡?が見れました。
あと、工事中の様子が見れて興味深かったです。

地図

拍手[1回]

ヤンゴン、タンリン地区のパゴダ、チャイックダイヨアン(?)・パヤーの続き。

仏塔の周囲4方向にある祠の仏様。


祠?お堂?が有ります。


祠の右側の部屋の仏像。

赤っぽい透明の樹脂製?です。
単頭のナーガです。

左の部屋の内部。

向かって右にウパクダーさん、左にプラ・シバリーが祀られてます。

別の祠。

真ん中には仏様が、左右には聖人か何かが祀られてます。

真ん中の部屋の壁画。

ブッダ誕生のシーンですが、なんかオモシロいタッチですね・・・。

右の祠のお方。

ちょっと顔が怖いです・・・。

サラスバティー(弁天様)を祀る祠。


聖人的なお方、かな?


ボーボージー?


そんなに大きいパゴダではなく、見どころも少ないですが、素朴な感じがして良かったです。
お参りに来てる人もチラホラ見かけました。

地図

拍手[0回]

1 2 3 4 5 6  →Next