タイ在住。訪れたタイのお寺は500寺以上・・・。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。 タイ以外の国のお寺なども紹介します。
2020.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[03/20 ドロスケ]
[02/25  Trip-Partner スカウトチーム]
[11/02 しぶぞう]
[11/02 くろへい]
[09/24 マレーンポー]
[01/21 坂本 理恵]
[01/02 あみん (hgn)]
[11/15 しぶぞう]
[11/15 NONAME]
[10/23 しぶぞう]
カウンター
アクセス解析
ランパーンの第3級王室寺院、ワット・ブンヤワート・ウィハーンです。
前回のラク・ムアンのすぐ北側に有ります。

お寺の門。


装飾の下の方に居るお方。

どなたでしょうか?

入ってすぐ本堂が有ります。


正面の装飾。

ヴィシュヌ神+クルッ(ガルーダ)+ナーク(ナーガ)ですね。
緑が鮮やかです。

柱の装飾。


結界石は壁埋め込みタイプです。


本堂内部。

イスがズラッと並んでます。

ご本尊。

結構立派な仏像です。
ちょっと特徴的で良い感じです。

左の方に有るお坊さん像と現国王の写真。


壁画がなかなか良いです。

ご本尊の背後はプラ・メートラニーのシーンです。

側面の壁画。

結構描き込んでますね・・・。
人がイッパイ居ます・・・。

反対側。

上空に浮遊してる神々?が良い感じです。

正面の壁画。

天から仏が降臨するシーンですかね?
浮遊する神々がさらにイッパイ居ます・・・。

本堂を裏側から見たところ。

お堂自体はまあ、フツーっぽい感じです。

本堂の裏に有るチェディー。

小さめですが、板金貼り?でキレイなチェディーです。

王室寺院で格式有る感じですが、本堂とチェディーが有るだけのこじんまりしたお寺です。
本堂内部はご本尊、壁画と、なかなか見ごたえありました。
チェディーもなかなか良い感じです。
参拝者はあまり見かけなかったですが・・・。

地図

拍手[1回]

ランパーンのラク・ムアンです。
市場か何かの向かい、広場みたいなエリアの一角に有ります。

コチラがサーラー・ラク・ムアン・・・って、思いっきり工事中ですね・・・。


中に入れなかったので、外からラク・ムアンを写しました。

3本有りますね。
2本というのはバンコクも含めてたまに見ますが、3本というのは珍しい、かな?

同じ広場の反対側に有ったお堂。

閉まってました・・・。

工事中でお参りできませんでした・・・。

地図

拍手[0回]

ランパーンのお寺、ワット・チャイ・モンコンの続き。

このお寺、敷地が塀で囲まれていて、結構広いんですが、前回の本堂とチェディーは敷地の割と端の方に有ります。
で、何もないというか原っぱみたいなエリアが広がってるんですが、敷地の真ん中あたりに大きい建物が建ってます。
その建物がコチラ。

屋根とかは伝統的な建物っぽいですが、下の方は西洋風です。
下の方の窓とか、板切れで塞いでたりして、使ってないのかな?と思ってたんですが・・・。

別の方から見たところ。


屋根の辺り。

壁は伝統的な感じですが、屋根はトタンっぽい感じで・・・。

正面から見たところ。


装飾とか古いっぽいですが、単にボロいだけのような気も・・・。


柱の装飾。


あまり人気が無かったんですが、開いてたので階段を上がって中に入ってみると・・・、中には立派な仏像が祀られてました。

最初は暗かったんですが、オジサンが居て、電気を点けてくれました。

なかなか素晴らしい仏像です・・・。

古いっぽいですが、どうなんでしょう?
下の方、仏弟子たちが取り囲んでます。

仏像のアップ。

ミャンマー風の、耳付き(?)宝冠を被った仏様です。

手前の部屋の欄間?部分の装飾。

小さい人形みたいなのがいくつもくっついてます・・・。
「生老病死」のシーンですね。
ユーモラスでカワイイ?です。
古いっぽいですが、かつて有ったお堂とかから移設したんでしょうか?

真ん中の装飾。

右の方の2人は誰なんでしょう・・・・
弓持った人と剣を持った毛むくじゃら?の男です。

左の装飾。

右はブッダの出家シーンかな?
左はよく解りません。
ウマが死んでる?

天井の装飾。

クジャクですね。

もう一つ。ウサギ。

なんでウサギなんだろう・・・。

ボーボージー像。

最近バンコク辺りでもよく見かけますが、北部の方のビルマの影響が強い辺りでは、以前からこの方がよく祀られていたみたいです。

誰?ツボ?を担ぐ女性?

シカが寄り添ってます。

最初、本堂しか無いのかな?と思っていて、しかも閉まっていたのでガッカリしてたんですが・・・。
まあ、本堂も、変な結界石やヨガ仙人?が有ったりしてそれなりに良かったです。
で、真ん中の建物ですが、古い?仏像や欄間の装飾など、素晴らしくて見ごたえありました。
この建物、外観をもうちょっと補修したりした方が良いと思います。
あと、何も案内が無いので、スルーしそうになりました・・・。
当初我々以外全く人が居なかったんですが、後から何組か参拝者が来てました。

地図

拍手[1回]

ランパーンのお寺、ワット・チャイ・モンコンです。
ランパーン市街の南の方に在ります。

本堂とチェディー。


チェディーの中腹辺りに、ミャンマーでお馴染みの、胴体が2つのコイツがいます。

プレーでもたまに見ますから、タイ北部の方はミャンマーの影響が強いんでしょう。

本堂の側面。

土台の上にヨガをする仙人?が並んでます。

バンコクのワット・ポーにこんな感じのヨガ仙人?の像が有りますね。


本堂を裏から見たところ。


裏面の仙人は色塗ってないですね・・・。


結界石・・・。

ネコの像が結界石・・・?

コッチは像です。


正面は犬。

それもマルチーズ・・・。

コレはネズミ・・・・


コレは獅子ですね。

周り草ボーボーですが・・・。

乗ってないのも有りました・・・。

何が乗ってたんでしょう?

本堂正面辺りに有った浮彫りの壁画。

地獄図ですね。
なんか牧歌的?な感じですけど・・・。

本堂は閉まってましたが、ドアがガラスだったので内部が見えました。

中央にさっきの結界石と同じような台が有って、何か像が乗ってます。

ご本尊。

椅座仏ですね。
割と珍しいかな?

見たところプラ・メートラニーのようです。

タイ北部では、本堂内にプラ・メートラニー像が有る事も多いですが、仏様の方を向いて、それも本堂中央に置かれてる、というのは初めて見ました。

2/2に続く・・・。

拍手[1回]

プレーのお寺、ワット・ケオ・モンコンの再訪です。
前回と前々回のはコチラコチラ
ヨメさんの実家の近所に有り、何度もお参りしているお寺です。

今回お参りすると、経蔵がキレイになっていたので紹介します。
装飾が金色に塗りなおされてます。

前はこんな感じ
壁もキレイになってますね。

正面から見たところ。

あれ、正面の木扉は古いままですね・・・。

屋根の装飾。

良い感じに塗られてます。

正面に立ってる柱?の上のホン(ハンサ)。


毎回載せてますが、斜めった古いチェディー。

右に有るのは鐘楼です。

今回初めて、プラクルアンをチャオしました。
プラ・リヤンと小枝・・・?


裏面。

リヤンの裏には斜めってるチェディーが描かれてます。
なかなか良いですね。

このお寺、チェディーも経蔵も結構古いモノらしいです。
今回、プラクルアンをチャオ出来て良かったです。
毎年、正月やソンクランにお参りに来てます。

地図

拍手[1回]

プレーのお寺、ワット・プラタート・チャイディーです。
前回のワット・パイ・ヨイから2.5キロほど北上した辺りに在ります。
低い丘の上に建ってるお寺です。

チェディーと本堂。


正面側から見たチェディー。

少し特徴的な形ですかね・・・?

チェディーの正面にいらっしゃる仏様。


本堂。

建物的にはちょっと本堂っぽくない(?)感じです。

結界石・・・、ってあれ?石が無い・・・?

準備中・・・?

本堂正面のお坊さん像。

肌が金色です・・・。

本堂内部。

正月用の糸とか何かでゴチャゴチャしてます・・。

本堂の壁画。

なんか、タッチというか人の顔が独特ですね・・・。
目が特徴的なのかな?

別の壁画。

やっぱり独特だ・・・。
何の場面でしょうか?
あまり見た事ない気がしますが。

当然ながら、どの絵も同じタッチで描かれてます。


木窓のこの方達も・・・。


木扉のこのお方も・・・。


丘の下から続く階段の上がったところに有る仏像。


チェディーの左側の建物の所に有る仏像。


チェディーの奥側に有る小さいチェディー?祠?


祠の内部。

シカが祀られてます・・・。

コチラの仏様のお顔、特徴的ですね・・・。


丘の上から見た景色。

田舎です・・・。

丘の麓から見たお寺。


小さいお寺だし、大した見どころもないです。
本堂の絵にこだわりを感じました・・・。
参拝者は他に居なかったです。

地図

拍手[0回]

プレーのお寺、ワット・パイ・ヨイです。
前回のワット・バン・ウィアーンから1.5キロほど北上した辺りに在ります。

本堂を正面から見たところ。

閉まってますね。
奥にチェディーが見えます。

階段の所のナーク(ナーガ)。

階段に合わせて120°ぐらいに折れてるのがオモシロい?です。

正面外壁の壁画。

ブッダの生涯が描かれてます。

踊る天女?

左手に光る玉?を持ってます。
なんでしょう?

本堂を斜め後ろから見たところ。


同じく本堂を裏側から見たところ。

裏側の扉は開いてました。
前回のお寺と同じく、裏側の扉は右の方に1か所しか有りません。
この辺りのお寺独特の仕様なんでしょうか?

本堂の内部。


右の方に有る白い肌の仏像。

ちょっと特徴的ですね。

苦行中の仏様、ですかね?

強烈な印象の仏像ですね・・・。

何というか・・・怖いです・・・。

螺髪が尖って鉄鋲みたいになってますし、髪の生え際がヘルメットを被ってるみたいになってます・・・。
クチビルは真っ赤だし・・・。

プラ・イン(インドラ神)かな・・・?

リュート?かなにか、楽器を持っておられます。
足を投げ出して座ってるのがオモシロいです・・・。

プラ・メートラニー。

なんで下半身が埋まってるんでしょうか・・・?
本堂内にこのお方の像が有る、というのは、タイ北部の方でたまに見かけますね。

本堂内の壁画。

ブッダを誘惑する美女たち・・・かな?

本堂の裏手に有るチェディー。

小さめですが、結構独特な感じで良いですね。

ラテライトっぽい石材が表面に出ています。


本堂左手に有る礼拝所。

正月とかソンクランに行うお祈り用の紐が、頭上に張り巡らされています。

美人のプラ・メートラニー像。


本堂右手に有る車。

葬式の時に棺桶を運ぶ車です。
ナンバー無いですが、公道を走れるんですね・・・。

ここも小ぢんまりしたお寺でしたが、なかなか良かったです。
特徴的なチェディーと本堂の仏像等が見どころです。
参拝者は見かけませんでしたが・・・。

地図

拍手[1回]

プレーのお寺、ワット・バン・ウィアーンです。
前回のワット・プラ・タート・プー・ジェーから3キロほど北東の方に行った所に在ります。

本堂。

扉が右側に片寄ってますね・・・?
というか、こちら側は裏面なんでしょうか?
小さめのチェディーが有ります。

チェディー。

小さいですが、なかなかキレイで良い感じです。
手前両側の柱みたいなのは何でしょうか?

屋根の装飾のプラ・イン(インドラ神)。


本堂の裏側・・・というか、コチラが正面みたいです。


正面の装飾。


本堂の内部。


ご本尊。

ご本尊手前両側で拝んでる2人、普通は仏様の方を向いてると思うんですが、ココのはコチラ側を向いてます。

本堂の壁画。

お馴染みのジャータカ(本生譚)ですね。

結界石。

ちょっと変わってます。

本堂の左手、境内の奥の方に有る椅座仏像。

ゾウの首が、相当ムリありますね・・・。

右側のサル。

細いです・・・。

小ぢんまりしたお寺ですが、個人的にはチェディーが気に入りました。
参拝者は全然居ませんでした。

地図

拍手[0回]

プレーのお寺、ワット・プラ・タート・プー・ジェーの続き。

本堂の側面。

壁だけじゃなく、屋根瓦も真っ白なのが良いですね。

窓の周りの装飾。


よく見るとリス?がいます・・・。

ネズミっぽいですが、尻尾が太いのでリスだと思います。

側面奥の方に有る出入り口。


タイ北部ではお馴染み?の謎の生物が居ます。

コイツの名前は何ていうんでしょう・・・?

本堂の左側に有る建物。

お坊さんに拝んでもらってタンブンする場所です。

礼拝所の仏像とお坊さん。


チェディーと本堂。

ワット・プラ・タート・チョーへーのに似たスタイルです。
プレーのチェディーはこのタイプのが多いですね。

本堂のエリアから見た景色。

右の方に建造中の大仏が見えます。

駐車場の辺りに在るヤックとナークの像。


コレもヤックかな・・・?

かなり特徴的ですね・・・。
目立たない場所にひっそりと立ってました。

ヤックのお顔。

造形がオモシロいので、お色直しすればそれなりに見えそうです・・・。

コチラが大仏様。

この時から2年以上経っているので、もう完成してるでしょう。

大仏の所から見上げた本堂のエリア。


丘の麓に階段が有りますが、別の道から車で上れるので、ほとんどココから上る人は居ません・・・。

ココを上っていくと、さっきのヤックの所に出ます。

大仏、キレイな本堂、チェディー、変わったヤック像と、なかなか見どころが多いお寺ではないでしょうか?
そこそこ人気があるお寺のようで、チラホラと参拝者が居ました。

地図

拍手[1回]

プレーのお寺、ワット・プラ・タート・プー・ジェーです。
プレー市街から北西に25キロほど行った、少し山に入った辺りに在るお寺です。
丘の上に建っています。

駐車場から本堂の方を見たところ。

白い屋根の建物とチェディーが見えます。

階段のところの白いナーク(ナーガ)。


階段を上ったところに有る祠の仏様。


ゆで卵がお供えされてます。

願いが叶ったお礼にお供え、でしょうか?

コチラが本堂。

小さめですが、なかなかキレイなお堂です。
新しいですね。
結界石が無かったり、砂が積んであったり、まだ完成していないのかな?

本堂を正面から見たところ。


木の地色と金の装飾が良い感じです。


ゾウとシカの像。

どうせならシカも木製にすれば良いのに・・・。

階段の所の純白のナーク。

短い・・・。

本堂の内部。

壁は・・・未塗装なのかな?

ご本尊。


この手前の方の仏様・・・、個性的なお顔ですね・・・。

味が有って(?)、良いです・・・。

天井は木がふんだんに使われてます。


本堂内、向かって右手に有る仏様。

灰色なのは未塗装だから?
あまりこういう色の仏像は見ない気がします。

2/2に続く・・・。

拍手[1回]

プレーのお寺、ワット・ナ・ク・ハーです。
プレー市街から真東の方へ30kmほど行った、山の中に有るお寺です。

コチラが本堂。

まあ、フツーのお堂ですね・・・。

正面の装飾。


正面の階段登り口に有る丸。

なんでしょうか・・・?
太陽?月?

本堂の祭壇。


ご本尊。

何というか・・・特徴的な仏様です・・・。
頭頂のとんがりもなんか変わってますね。
髪の生え際が金色なんですが、どういう意味が有るんでしょうか?

右手前に有るプラ・シバリー像。

ミョーに黄色いです・・・。
あと、顔がゴツい・・・。

本堂の壁画。

チューチョックのシーンです。
よく有るタッチの絵です。

本堂の左手奥に有る仏像。

両側にプラ・シバリーとプラ・サンカチャイの像が有ります。

プラ・ウパクッの祠。


プラ・ウパクッ像。

ハスの葉を被って、鉢に手を入れてます。

敷地奥の方に開けた場所が有り、大仏がいらっしゃいます。

向こうに山が有ったりして、景色がキレイです。

大仏様。

台座含めて10メートルそこそこですかね?

見上げたところ。


なんか、チクビの位置がビミョーにおかしいような・・・。


手に持っておられるのは何なんでしょう?

果物?

大仏様の前に礼拝所が有ります。


礼拝所。


コレは何でしょう・・・?

前にもこんな感じのを見たこと有ります。
仏様の内臓・・・でしょうか・・・?
よく解りません。

山の中に有るお寺ですが、割と有名なようで、家族連れとかが何組か居ました。
まあ、見どころは大仏様ぐらいですが、景色がキレイなのでピクニックを兼ねて来るには良い感じです。

地図

拍手[1回]

シュエダゴン・パヤー百景、その5、ラストです。
今回は東口近くのホテルからの風景。

ホテルの屋上から撮った写真。

メッチャ近いです・・・。
ほぼズーム無しでこれぐらいの大きさ。

ちょっとズームアップ。

仏塔に続く参道が、斜めからキレイに見えます。

仏塔のアップ。


先っちょのアップ。


前の晩に撮った写真。

ライトアップされてキレイです。

東口正面から見たところ。


ちょっと近づいたところ。


仏塔近くから撮った写真。


今回のホテルはコチラ
小さめのホテルですが、屋上からシュエダゴンを眺めるだけでも泊まる価値有ると思います。

拍手[1回]

シュエダゴン・パヤー百景、その4です。
今回は近くから見た景色。

南側の参道入り口付近から見たところ。

巨大なシンハと参道の建物越しに見える大仏塔です。
天気が悪いからイマイチですね・・・。

仏塔の近くから撮った写真。


先っちょ部分のアップ。

宝石までは確認できないですね・・・。

先っちょの下辺りのゴチャっとしたトコ。


4か所のお堂のうちのひとつと仏塔。


別の時に撮った写真。

天気が良くてキレイです。

参道の建物を見上げたところ。


参道の建物だけでもすごい立派ですね・・・。


大仏塔のアップ。


参道の左側から見たところ。


南口が、一番参拝者や観光客が多いですね。
オミヤゲ屋とかも多いし。

拍手[1回]

シュエダゴン・パヤー百景、その3です。
シュエダゴンのほぼ真南に在るホテルから見たシュエダゴンの風景です。

夕方に写した写真。

結構近いので、ズームしなくてもこれぐらいの大きさで見えます。

ズームアップしたところ。

よく見えるんですが、照明か何かの塔が被ってるのが残念です・・・。

夜撮った写真。


ちょいアップで。


別の時の朝に写した写真。


アップで。

朝日が反射してまぶしいです。
右に有る小さめの仏塔は、マハーヴィジャヤ・パヤーのですね。
補修中で足場に覆われてます。

シュエダゴンの南側、シュエダゴン・パゴダ・ロードから見た大仏塔。


同じく、シュエダゴン・パゴダ・ロードから見た大仏塔。

手前の小さい仏塔は、マハーヴィジャヤ・パヤーの隣に有るTant Taw Mu Payaという小さいパゴダのモノらしいです。
結構道にはみ出して立っているので、ここだけ道幅が狭くなってます・・・。
というか、元々はこの道幅だったのが、拡張されて来たって感じでしょう。

マハーヴィジャヤ・パヤーの仏塔越しに見たシュエダゴンの大仏塔。


シュエダゴンの南に在るU Ottama Parkという公園から見た大仏塔。


今回のホテルはコチラ
下の方の階とか、反対側の部屋だと仏塔は見えません。
屋上にバーが有り、そこからよく見えます。

拍手[1回]

シュエダゴン・パヤー百景、その2です。
シュエダゴンの東側に有るカンドージー湖の湖畔に有るホテルからの景色です。

ホテルの屋上から見たところ。

このホテルは屋上にレストランが有り、朝食もそこで食べます。
ちょっと離れてますが、大仏塔がキレイに見えます。

右手の方、ナゾの船みたいなのが浮かんでます。

コレ、有名なレストランらしいです。
パゴダのような装飾の建物と、舳先の鳥(ハンサ鳥?)が特徴的です。
行った事無いですが・・・。

大仏塔を正面から見たところ。

左に有る小さめの仏塔は、前回ので右に見えてた、マハーヴィジャヤ・パヤーの仏塔です。

ちょっとズームアップ。

段々になってる参道の屋根もよく見えます。

さらにアップ・・・。


雨上がりだったので、たまたま虹が掛かってました。


前日の夕方にカンドージー湖畔の遊歩道から撮った写真。


夕焼けがキレイです。


船レストランと大仏塔。


今回のホテルの場所はコチラ
シュエダゴンから見て東南東辺りに有ります。

拍手[0回]

1 2 3 4 5 6  →Next