タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8
9 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
[01/18 あみん (hgn)]
カウンター
アクセス解析
ナーンのお寺、ワット・シ・パン・トンの続き。

本堂の内部。

ご本尊は意外と小さい・・・かな?

ご本尊の前に大きめの仏様と小さめのが並んでます。

こういう配置は珍しい気がします。

正面の壁画。

城壁で囲まれた街?が描かれてます。
昔のナーンでしょうか?

別の壁画。

何かの物語か歴史でしょうか?
戦闘の様子とかが描かれてます。

また別の壁画。

中央部、火事になってますね・・・。
このお寺なんでしょうか?

本堂の左にある経蔵。


経蔵の隣にあるお堂。

小さいお堂です。
閉まってました。

小さいお堂の扉の絵。

中央、人魚と戯れる?ハヌマーンですね。
人魚がちょっと怖いですが・・・。

本堂の側面出入り口の柱の下部。

正面とかのと同様、ヤックか何かが支えてますが・・・、ココのだけかなり雑です・・・。

本堂のずっと右手の方にひっそりと小さめのお堂があります。


お堂の右側に、やはり小さめのチェディーもあります。


お堂の中には、プラ・サンカチャイが祀られています。

結構大きめです。

正面から見たところ。

結構特徴的です。
目立たない場所にあるので、ココまで来てる人はほとんどいませんでした。

本堂を右斜めから見たところ。

屋根も金ピカです。

本堂正面辺りにあるボート?

スゲー長いです・・・。
実際に使えるんだろうか?

相当金ピカ度が高い本堂でした。
正面の装飾に一部銀が有るだけで、他は屋根も含めて金一色です。
チャチュンサオのこのお寺に次ぐぐらいの金ピカ度です。
観光の中心、ワット・プーミンから少し離れていますが、観光コースに含まれているようで、たくさんの参拝者、観光客で来ていました。
ナーンも結構個性的なお寺が多く、良かったです。

地図

拍手[0回]

ナーンのお寺、ワット・シ・パン・トンです。
街の中心部からちょっと西に行った辺りにあります。

本堂。

なかなか立派なお堂です。
そして金ピカ度も相当高いです。
装飾も個性的ですね・・・。

正面の装飾を上の方から見ていきましょう。

この辺りだけちょっと銀があります。
周りに触手みたいなのが有る物体をゾウが支えており、その台も7匹のゾウが支えています。
その下に、ヤックかなにかがいて、また支えています。
周りにもイロイロいますが、よく解りません。

中段部分右、ホン(ハンサ)に乗ったプラ・プロム(ブラフマー神)がいらっしゃいます。

中央には仏様の手と法輪が、その下にはカーラ?がいます。

反対側にはエラワンに乗ったプラ・イン(インドラ神)がいらっしゃいます。

頭がすごいことになってます・・・。
エラワンは3つ首のゾウという姿が多いですが、本来は33の頭を持つようですので、コッチの方が正解なんでしょう。
まあ、コレは33も無いっぽいですが、足りない分は背後に隠れている、と解釈しましょう・・・。
よく見ると左下にプラ・メートラニーっぽいお方がいらっしゃいます。

プラ・プロムの右辺り、上下にどなたかいらっしゃいますが・・・、どなたなのかよく解りません。


同じく、プラ・インの左のお方たちも、よく解りません。


中央下段にいらっしゃる、魚にのったお方。

コチラもよく解りません・・・。

柱の所にぶら下がってるのは、上半身人間のナーク・・・?でしょうか?

踊ってるんでしょうか?

柱を支えるハヌマーンズ。


コッチはヤックたち、かな?


柱とかの装飾も相当手が込んでます。


ナーンでは珍しい(かな?)、7頭のナーク。

なかなか立派で迫力あります。

なんか両脇にちっちゃい頭が付いてますが・・・、コレも加えると9頭になります。


横の壁に魚とかがイッパイいます。


2/2に続く・・・。

拍手[0回]

ナーンの第3級王室寺院、ワット・プラ・タート・チェー・ヘーンの続き。

本堂とチェディーを囲む回廊の中の仏像。


コチラが本堂とチェディー。

本堂は割とジミですが、良い感じです。

本堂入口上の装飾。

ナークが絡まってます。

本堂内部。

あまり広くないので、ちょっと窮屈な感じですね。

ご本尊。

結構立派な仏様です。

コンジキのウサギ・・・。

「卯年のチェディー」ですので。

卯年のチェディー。

まあまあ立派ですが、まあ、フツーと言えばフツーな気もします。

このトンガリ?は何でしょうか・・・?

周りにウサギ像があります。

ミニチュア版チェディー。

あまり似てないですが・・・。

チェディー近くの祠。

装飾がちょっと変わってますね。

祠の中の仏様。


祠の仏足跡。

足がビミョーに細長いですね・・・。

コイツは・・・、ウサギ・・・かな?


ナゼかトラ・・・。

しかもかなりビミョーなデキですし・・・。
前脚長すぎでしょ?

チェディーを見上げたところ。


プレーのチョーヘーもそうですが、プラクルアンが安いので、同僚(タイ人)へのミヤゲ用にいっぱいチャオしました。

その1.プラ・ポン。

表はフツーのプラ・ソムデットですが、裏に卯年のチェディーが描かれてます。

その2.コレもプラ・ポン・

同じく裏面にチェディー。

その3.プラ・リヤン・・・ぽいですが、仏様の廻りが板ではなく穴が開いてます。


その4,5.プラ・リヤン。左は違うか・・・?


裏面。
右のは裏にチェディー。


その6.ミニ・チェディー。

似てないですね・・・。

ラストその7.ご本尊かな?

中に水が入っていて、逆さにするとキラキラが舞うヤツ。
・・・、なんか懐かしいですね・・・。
プラというより、オミヤゲモノ感が有りますけど・・・。

干支のチェディー寺はどこもそうですが、やはり人気のお寺のようで、参拝者がイッパイいました。
広いし見どころも多いので、ある程度覚悟して行かないと疲れます・・・。

地図

拍手[0回]

ナーンの第3級王室寺院、ワット・プラ・タート・チェー・ヘーンです。
ナーン市街から東の方へ数キロ行った、丘の上に建つお寺です。
王室寺院としてだけではなく、北タイの干支チェディーのうち、「卯年のチェディー」のお寺としても有名です。

入口正面から見たところ。

丘って言っても、そんなに高くないですね。

お寺の名前の碑。

英語表記がビミョーに違ってる気がしますが・・・。
これじゃ「チェーハーン」ですね。

参道?の所のナーク。

結構立派です。
ナーンは単頭のナークが多いですね。

ナークの胴体。


しっぽの先っちょ。

そういえばこのナーク、いつものヤツに食い付かれてませんね。
珍しい・・・かな?

途中に有ったチェディー。


参道の上にある飾り付け?

正月用かな?
雪洞っぽいですね。
向こうに卯年のチェディーが見えます。

雪洞の左の方にあるお堂とチェディー。


お堂を横から見たところ。

装飾が少ないシンプルなお堂です。

お堂の前の・・・なんだろ?ヤック?

左はヤックっぽくないですね。剣を持ってます。
右はヤックっぽいです。
棒を持って、正座っぽい座り方してます。

お堂の形からも分かる通り、涅槃仏が祀られてます。

10メートル無いぐらいかな?そんなに大きくはないです。

頭側から見たところ。


枕に結界石っぽいのが埋まってます。


足側から見たところ。

足の裏は何もありません。
下側がハゲてるのは、参拝者が触っていくからでしょうね・・・。

さっきの白いチェディーと卯年のチェディー。


チェディーの前のこのイヌは何なんでしょう・・・?


広場にある木。


なんか小さくてジミなお堂が有ります。


さっきのお堂の内部。


結構特徴的な仏様です。

古い仏像っぽいですが、どうなんでしょう?

金ぴかのプラ・メートラニー像。

新しそうです。

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

ナーンのお寺、ワット・ミン・ムアンの続き。

本堂入口上の装飾。

下の方にガルーダに乗ったヴィシュヌ神がいらっしゃいます。
上の方の手がイッパイあるお方は誰なんでしょう?

本堂内部。

イスとテーブルが並んでたり、なんか祭壇みたいなのが造られてます。
正月のイベント用でしょうか?

コチラがご本尊。

やはり正月用の糸が張り巡らされてます。

背後の壁画。

プラ・メートラニーのシーンですが・・・、銃持った人がいます。
タイの他のお寺でも見た事ありますが、ブッダがいた時代に銃は無いでしょうに・・・。

側面の壁画。

壁一面にビッシリと描かれてます。

同じく壁画。


同じく・・・。

すごい数の人が描かれてます・・・。
ブッダの生涯・・・?
何の場面かとか、イマイチ解らないですが、なかなかの力作です。

本堂の横にあるチェディー。

そんなに大きくないですが、コレも本堂とお揃いの真っ白でキレイです。

チェディーの前のプラ・シバリー像。


サーラー・ラク・ムアンの横辺りにある祠。


祠に祀られてる仏様とナーン・クワック(招き女)。


クルッ(ガルーダ)に乗ったヴィシュヌ神と招き?プラ・サンカチャイ。


別の祠。

奥の方に鐘楼が見えます。

別の建物の装飾。


中華ゾーンの観音様。


ココも街中に有るので、こじんまりしたお寺です。
ラク・ムアンが敷地内に在るというのが珍しいです(多分)。
真っ白で緻密な装飾の外観と、内部の人だらけの壁画が良かったです。
夜間も開いていたのは正月だからでしょうか?

地図

拍手[0回]

ナーンのお寺、ワット・ミン・ムアンです。
前回のサーラー・ラク・ムアンのすぐ裏、というか同じ敷地の奥にあります。

手前がサーラー・ラク・ムアン。

色とか装飾とかも完全にお揃いですね。
お寺の近くにラク・ムアンが在る、というパターンはこれまで見た事ありますが、こういう風に完全に同じ敷地に在る、というのは見た記憶が無いですね。

コチラが本堂。

真っ白でキレイなお堂です。
装飾もかなり凝ってます。
暗いのでちょっとボケちゃってますが・・・。
夜なのに開いてました。
正月だったからかな?

屋根の所の装飾。

イロイロな神さまとか場面が浮き彫りになってます。

ナラヤナ(アナンタ竜王の上でまどろむヴィシュヌ神)の図。


下の方の柱の装飾。

ゾウに乗ったお方。
どなたでしょうか?普賢菩薩?

先ほどのお方と対になってるコチラのお方、シンハーに乗り、剣を持っておられます。

文殊菩薩・・・ですよね。
タイにも文殊・普賢菩薩がいらっしゃるんですね・・・。
知らなかった・・・。

この装飾オモシロいですね。

ゾウとかハヌマーン?とかがワニ?の口の中にいます。
・・・というか、食われてる・・・?

ナークと対峙するこのお方は誰なんでしょう・・・?


横の方の柱にクルッ(ガルーダ)がいます。

その下のお方はアーラーダ・カーラーマでしょうか?

他にもお堂の周りをイロイロな方々が取り巻いてます。

一番右のお方はよく分かりませんが、その左はシヴァ神ですね。

右側面の方々。

どなたも誰だか分かりません・・・。

リュートを奏でるお方(右)と棍棒を持つお方(左)。

リュートのお方はプラ・イン(インドラ神)かな?

側面窓の上の装飾。

ウサギに乗ったお方。
干支の神さま、的なお方ですね。
何度か見たこと有ります。

各窓に干支の神さまがおられます。

コチラはウシに乗ったお方。
上にカーラっぽいのがいます。
コレとラーフが似ていてややこしいですね・・・。
ココのは明らかにカーラです。

入口の上の装飾。

両脇はヤック、真ん中のお方は誰かな?

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

ナーンのラク・ムアンです。

サーラー・ラク・ムアン。

なかなか特徴的な祠です。
夜に訪れたので、あまりちゃんと写せてませんが・・・。

テッペンに4面の顔が付いてます。

プラ・プロム(ブラフマー神)ですかね?
下の方にもどなたかいらっしゃいますが、よく解りません。

ラク・ムアン。

コチラもテッペンに4面が付いてます。
コレはたぶん珍しいですね。
今までにこういうの見たことないです。
奥の方、ラーマ5世とかの像が立ってます。

ラク・ムアンの4面。

奥の柱の上部がエラワンになってます。

ヤック像。


ナレースワン大王、かな?


祠の階段部。

ハヌマーンかな?
いつもはナーク(ナーガ)に食い付いてるヤツ(ワニ?)に食い付かれてます・・・。

コッチはクルッ(ガルーダ)。

やっぱり食い付かれてます・・・。

このヤックも・・・。


リュートを奏でるこのお方も・・・。


石碑。

由緒書きか何かでしょうか?

なかなか特徴的なラク・ムアンでした。
夜でも開いてるんですね。
お参りに来てるのは数組でしたが。

地図

拍手[0回]

ナーンのお寺、ワット・クー・カムです。
前回のワット・パヤ・プーから数百メートル北に行った所に有ります。

本堂とチェディー。

プレーも多いけど、ナーンのお寺はこの配置が多いですね。

本堂正面の装飾。


ヤック?とじゃれ付くシンハー・・・?


反対側。

ヤックの方、口からなんか出てますが、何だろ?キバ?

プラ・シバリーとプラ・サンカチャイ像。

金箔が貼られてるんですが、イマイチちゃんと貼りついてないですね・・・。

プラ・ウパクッ像。

中部とかでは、このお方の像はそんなによく見ないですが、北部の方では人気(?)ですね。

エラワン、かな?三つ首のゾウ。


本堂内部。

正月の飾り?とかがあります。

ご本尊。

ちょっと特徴的なお顔です。
頭頂のトンガリ?が無いですね。

裏側から見たチェディーと本堂。

また雲が良い感じでたなびいてます。
チェディー自体はフツーですね。

チェディーの上の方と下にワイヤーが引っ張ってあり、お金を付けて引き上げます。


本堂裏側の装飾。

前に比べて手抜きな気もしますが、まあ、コレはこれで良いですかね?

祠の仏様。


正面の門。

クルッ(ガルーダ)が象牙っぽいのを持ってます。

門の横のウシ。

背中にチェディー?が乗ってます。
どういう意味があるんでしょう?

ここも、本堂とチェディーだけ、というかなりシンプルなお寺です。
取り立てて珍しいモノは無いですが、まあ割と良い感じです。
ワット・プーミンからそんなに遠くないですが、参拝者は全くいませんでした・・・。
ここまでは足を延ばして来ないのかな?

地図

拍手[0回]

ナーンの第3級王室寺院、ワット・パヤ・プーです。
ワット・プーミンから東の方へちょっと行った所にあります。

本堂・・・かな?結界石とか無いですが。

やはり裏にチェディーがあります。

ナーク。

ここのも単頭です。

本堂内部。

割と立派なご本尊です。

ご本尊。


入口扉のヤック?


かなり独特の顔をしています・・・。

顎に下がってる5本の杭みたいなのは何なんでしょう?
上あごのキバ?もすごいです・・・。
いままで見た記憶が無い感じのヤックです。

本堂裏のチェディー。

コレはまあ、フツーかな?

お寺の門。


結構立派です。


踊るキンナリ。


もう1つお堂が有ります。礼拝堂かな?

結構キレイなお堂ですが、閉まってました。

礼拝堂のシンハ。


ここもこじんまりしたお寺ですが、結構良かったです。
参拝者は2組ぐらいしかいませんでした。
ワット・プーミンとかがあるエリアから徒歩圏内で、王室寺院でもあるんですが、ちょっと目立たない場所にあるからかな?

地図

拍手[0回]

ナーンのお寺、ワット・フア・クアンです。
前回のワット・プラ・タート・チャーン・カムから歩いて数分の所にあります。

外から見たところ。

やはり奥の方にチェディーが見えます。
本堂の裏手にチェディー、というスタイルはプレーなんかでも多いですね。

本堂とチェディー。

茶色の屋根がちょっと特徴的です。
チェディーはそんなに大きくないですね。

チェディーと経蔵、かな?


本堂正面の装飾。

これも茶色基調です。

単頭のナーク。

コレも北部の方で多い・・・かな?

本堂内部。


ご本尊。

ココにもナークがいます。

ご本尊の右側。

手前の3人組はどなたでしょうか?
仏弟子か何かかな?
真ん中にナークの胴体があります。

左にも2人、仏弟子がいます。

デキのビミョーさがなかなか良いですね。

本堂左手にある礼拝所。


仏様とプラ・ウパクッ&プラ・サンカチャイ像。


チャオしたプラクルアン。

茶色のプラ・ポンです。
裏面にチェディーが描かれてます。
シンプルですが、割と好きです。

こじんまりしたお寺です。
新し感じですが、元々は古いお堂だったのを修復したっぽいです。
やはりワット・プーミンから徒歩で来れるからか、結構参拝者がいました。

地図

拍手[0回]

ナーンのお寺、ワット・プラ・タート・チャーン・カムの続き。

本堂の右隣にある礼拝堂。

新しい建物っぽいです。
屋根とか見ると、結構立派な建物に見えますが、よく見るとお堂自体は意外と小さいですね。

正面の装飾。

上にも下にもクルッ(ガルーダ)がいます。

シンハ。


礼拝堂内部。

・・・ん?なんか狭いな・・・?
外から見ても、お堂自体は小さいと分かったんだけど、思ったよりずっと狭い気がします。
装飾とかも全くないです。
古いお堂の上に新しくて大きい屋根を付けた、って感じではないでしょうか?

礼拝堂の仏様。

ガラスケースに入った立仏です。

窓の上の装飾。


塀の外側から見た本堂とチェディー。

雲が良い感じでたなびいて(?)ます。

チェディー中段のゾウ。


チャオしたプラクルアンその1。

毒々しい色のプラ・ポン。
絵具をぶちまけたような色です・・・。

その2、プラ・クリン。

ご本尊かな?

その3、ミニチェディー。

このお寺のチェディーなんだと思うんですが・・・全然似てないです・・・。
もうちょい似せて作ることはできないんでしょうか・・・?

その4、プラ・リヤン。

礼拝堂の仏様かな?

その5、金銀のスズメバチ・・・。

本物のスズメバチを使ってます・・・。
お寺的に殺生はどうなんでしょうか・・・?
お寺内に巣が有って、駆除した時に死んだハチを供養して?、金銀に塗ってプラとした、って感じかな?

いかにも王室寺院という格式の高さを感じました。
そんなに大きくないお寺なので、疲れません。
ワット・プーミンに近いので、参拝者(観光客?)は結構来てました。
この辺りには、他にも歩いて行ける範囲にいくつもお寺が有るので、観光コースになっています。

地図

拍手[0回]

ナーンの第3級王室寺院、ワット・プラ・タート・チャーン・カムです。
ワット・プーミンのすぐ近く、歩いて数分の所にあります。

本堂とチェディー。

本堂はフツーっぽいですが、結構立派だし、古い建物っぽいです。
チェディーもまあまあ立派ですね。
お寺名に「プラ・タート」が付いているお寺は、だいたい立派なチェディーがあります。

本堂の内部。

補修されてますが、やはり結構古いお堂のようです。

ご本尊。

割と大きめの仏様です。

壁画。

かなり色あせてしまってますね・・・。

別の部分の壁画。

目を凝らしても、あまりはっきりとは見えないですね。

入口の木扉の装飾。

一番下にプラ・メートラニーがいらっしゃいます。

さっきのチェディー。


チェディーの前の礼拝所。


お金を入れた飾り?をワイヤーで上に引っ張り上げます。


チェディーの裏の小さい祠。


祠の中の仏様。

やはり金髪の仏様がいらっしゃいます。
ナーンでは多いですね。

祠の裏手にも小さめのチェディーがいくつかあります。


2/2に続く・・・。

拍手[0回]

ナーンのお寺、ワット・プーミンの続き。

地獄の釜茹での図、かな?


なんだろ?船とか見えます。


なかなか個性的な方たちが乗ってますね・・・。


本堂の右手の方にある、ドーム型の建物。


中には地獄が有りました。

右上に飛んでるお坊さんは誰なんでしょう?
タイの地獄の絵とかで、たまに見かけますね。

真ん中にいらっしゃるのは、ヤマ(閻魔大王)でしょうか?

あまり威厳が感じられませんが・・・。

規模は小さいですが、釜茹で、トゲトゲの木、舌引っこ抜き、解体・・・と一通り揃ってます。


地獄ドーム(?)の隣辺りにある祠の像。

どなたでしょうか?

お寺の建物。


ハヌマーン?達が組体操をしています。


正面から本堂を見たところ。

シンハが互いにソッポ向いてますね・・・。
仲悪いんでしょうか・・・?

ご本尊をかたどった極小仏。

なかなか良いですね。

同じくご本尊のプラ・リヤン。

コレもなかなか気に入ってます。

裏面は本堂です。


プラ・ポンも良い感じです。

やはりご本尊です。

本堂、ご本尊に壁画、地獄ドームと、見どころが多いお寺です。
「タイのモナリザ」は必見です、・・・多分・・・。
でも、それほど広くなくこじんまりとしています。
ナーンに来る観光客は、ほぼ全員訪れるお寺のようで、たくさん人がいました。
プラクルアンも良い感じのが多く、しかも安かったのでたくさんチャオしてしまいました。
タイ人社員へのオミヤゲ用に・・・。

地図

拍手[0回]

ナーンのお寺、ワット・プーミンです。
街の中心辺りにあり、相当有名なお寺のようです。

本堂。

上から見ると「+」型になってるお堂です。

屋根の所の装飾。


階段の所の・・・ナーク・・・?

顔が無い・・・?
何だこのマキマキは・・・。
しっぽか?

本堂の反対側に回ると、ちゃんと頭が有りました。

ナークがお堂を貫いてるんですね。

ナーク。

結構立派です。

結界石。


反対側の結界石。

なんか小さいですが・・・。
どうしちゃったんでしょうか・・・?

本堂内部。

参拝者がイッパイいます。

柱?の4面にそれぞれ仏様がいらっしゃいます。

結構有名な仏像ですね、多分。
前になんかの本で見ました。

ご本尊のミニ版と仏足跡。

仏足跡はお札が載せられまくってて、ほとんど見えません・・・。

ご本尊だけじゃなく、壁画も有名らしいです。

上はブッダと弟子、・・・かな?
下は戦闘シーンです。
ラーマキエンかな?

上の方、タイマッサーの絵?

真ん中辺り、女ヤックかな?
例のあのシーンでしょうか?
でも人魚とかいませんね。

壁画は全面にイロイロ描かれてます。

下真ん中右寄りの男女?の絵、かなり有名みたいです。
なんかの図柄で見たことある気がします。
ヨメさん曰く、タイのモナリザだとかなんとか・・・。
多分タイ人しか言ってませんが。

地獄の絵ですね。

釜茹でとかトゲトゲの木とか見えます。

上の方のニョロニョロは何でしょうか・・・?

下の方にもヘビみたいなのがいます。
右下の方の女の人の絵も有名みたいですね。

この左の方の人の絵も有名みたいです。

タバコを吸ってるのかな?
髪型がモヒカン?カリアゲ?みたいです。

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

ナーンのお寺、ワット・チェディーの続き。

さっきのチェディー。

新しそう。
お寺の名前がチェディーだから、他に古いチェディーも有りそうだけど、見当たらなかったです。
古いヤツの上に新しいのを造ったのかな?

チェディーの前の礼拝所。


土台部分の装飾。

タイ人お得意?の、コンクリート製彫刻(?)です。
シヴァ神かな?

下はプラ・プロム(ブラフマー神)、上はプラ・ウパクッかな?


シヴァ、ブラフマーと来れば、当然ヴィシュヌ神もあります。

ナラヤナっぽいですけど、ちょっと変わってますね・・・。
上から見たところでしょうか?
上に居るのはプラ・シバリーですかね?

ブッダの生涯とか、ラーマキエンとか、イロイロな場面が緻密に描かれてます。

コンクリむき出しですが、最終的には彩色するんでしょうか?

・・・なんでしょう・・・?

内臓出ちゃってます・・・。
心臓でしょうか、ハートに顔が有りますね・・・。
下の方にブタの首が有ったり、よく解らない絵です・・・。

チェディー中段の装飾。

4方向に小部屋が有ります。

小部屋の中の仏像。

小部屋の内部は装飾とか一切無しです。
まだ出来てないだけかも。

チェディーを見上げたところ。


チェディー中段から見た前回の柱っぽいヤツ。


手前のコレもよく解りません。

正月の祭祀用の何か、でしょうか?

チェディーはなかなか立派だし、本堂も開いていたし、ナゾの柱が有ったり、割と見どころ多いお寺ではないでしょうか?
参拝者はいなかったですが・・・。
立地的に、市街から外れてるからかな?

地図

拍手[0回]

1 2 3 4 5 6  →Next