タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2018.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
8 9 11 13
14 15 16 17 18 19
22 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[11/15 しぶぞう]
[11/15 NONAME]
[10/23 しぶぞう]
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
カウンター
アクセス解析
ナコンサワンのお寺、ワット・キーリーウォンです。
丘というか低い山の上に建っています。
北部の方に車で行くとき、ナコンサワンを通るんですが、このお寺のチェディーが山の上に建っているのが見えて、気になってました。

麓から見上げたところ。

チェディーがよく見えます。
左の方に何か建ってますね。

チェディーをズームしたところ。


左に在った建物がコチラ。

お寺の手前にある、展望台的なモノのようです。

下からは見えませんでしたが、大仏様も有りました。


大仏様のお顔。

ちょっとブサイクな仏様ですが・・・。

大仏の近くに有る本堂。

閉まっていました。
大仏の周りもそうですが、チェディーの辺りから少し離れているので、ほとんど人がいません・・・。

遊行仏。


チェディーとか礼拝所とかが有る辺り。


礼拝所前の仏像。


タイではよく見かける九面仏。


宝冠を被った仏像。

よく見ると左手が指差ししておられます。
割と珍しいポーズでしょうか?

左の方にはイロイロな神像が並んでいます。

ラーフ、プラ・ピッカネー(ガネーシャ神)、プラ・プロム(ブラフマー神)ですね。

ラーフの頭が変です・・・。

長いっていうか、ボーリングのピンっぽいですね・・・。

ゾウの像。

胴の下をくぐっている人がいます。
なんかコレもタイではお約束のようです。

礼拝所の中に有るボーボージーの像。


礼拝所の仏像。


礼拝所の右に有るお堂?祠?


祠の中の仏様。

手前の寝ている(亡くなってる?)お方は、ココのお坊さんでしょうか?

足がなんかすごい角度してますけど・・・。


隅の方に有った仏像。

コレはなかなか面白いですね。
前に涅槃仏が有って、座仏の掌に「天上天下唯我独尊」の像が乗ってます。
生誕から入滅までワンセットになってます。

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

ナコンサワンの第3級王室寺院、ワット・ナコン・サワンの続き。

本堂を後ろ側から見たところ。


後ろ側の装飾。

水曜午後の椅座仏ですね。
サルと像も描かれてます。

本堂右手に有る大きめのサーラー。


サーラー内部には、仏像が縦に並んでいます。

割と大き目で、白くて頭だけ黒い仏様です。

奥の方の仏像。

小さい仏像もすべて同じスタイルなのがオモシロいです。
奥の一番大きい仏像の後ろ、もう1体背中合わせに仏像が配置されてます。
こういうの、ラーチャブリーのお寺で見たことあります(コチラ)。

本堂の後ろの方に在る祠。

上のとがった部分、ガラスかなんかで覆われてます。
そこが貴重(高価?)だから覆われてるんでしょうか?
単なるハトよけ?あるいはこういうデザイン・・・?

なんか大仏っぽいミニチュアが有りました。

後で分かるんですが、別の場所に造ってましたね(後程紹介します)。

ズラ~っと並ぶ仏像。


ココナッツジュース屋さん。

ミツバチが周りにイッパイ飛んでます・・・。
タイのミツバチって、日本のより1回り以上大きいから、ちょっと怖いんですよね・・・。

っていうか・・・、イッパイ溺れてるんですが・・・。

フタしてても、開けた瞬間に入られてしまうんでしょう・・・。

チャオしたプラクルアン。

ポンとリヤンです。
どちらもご本尊ですかね?

裏面。

どちらも同じデザインです。
このお寺のお坊さんでしょうか?

コチラのヤンもいただきました。

右下にナーンクワック(招き女)がいますね。

そんなに広くないし、豪華絢爛な感じはしませんでしたが、いかにも地方の名門寺院らしい格式を感じました。
結構参拝者もいましたが、ごった返すというほどではなく、良い感じににぎやかでした。
それほどの見どころは無いですが、なかなか良い感じのお寺です。

地図

拍手[1回]

ナコンサワンの第3級王室寺院、ワット・ナコン・サワンです。
街の中心に大きな池が有る公園が有って、それのちょっと東南の方に在ります。

入り口から入って正面に4つほど祠が並んでます。


祠の仏様。


同じく。


コチラはお坊さん像。


同じくお坊さん像。


祠の後ろに本堂があります。

本堂の両側手前に小さ目のチェディーが有ります。

反対側のチェディー。


本堂屋根の装飾。

ナークプロック仏ですが、ちょっと変わってますね。
背景の植物とか。

正面の結界石。

台座がアクリルでカバーされてます。
本体より台座の方が貴重なんでしょうか・・・?
動物が描かれてます。
干支かな?と思いましたが、カメがいますね・・・。

本堂内部。

壁はほとんど装飾が無い、シンプルなお堂です。

ご本尊。


2/2に続く・・・。

拍手[0回]

プラチンブリーの第3級王室寺院、ワット・バーン・クラバンの続き。

本堂の前に有る小さ目のチェディー。

色が特徴的です。

本堂の横に有る祠。

閉まってました。

祠の装飾。

どなたなんでしょうか?
腕が4本有ります。

祠の前。

シンハーは分かるけど、ブタは何なんでしょうか・・・?

祠の内部。

閉まってましたが、シャッターのすき間から見えました。

本堂の斜め前辺りに在るメートラニー像など。


後ろの方、ワニと、なぜか小便小僧・・・。


コレも小便小僧ですが、なんか中華風?ですね。


セクシーな人魚。


ワニ・・・。


お寺の建物の装飾。

メートラニーですが、上半身しかありません。

人魚?

手に結界石っぽいのを持ってます。

船。

何かよく解りません・・・。

この辺はお寺付属の小学校かな?

看板をヤックとハヌマンが支えてます。

「天上天下唯我独尊」像と、デカい手・・・。


「見ざる・言わざる・聞かざる」のポーズですが、サルではなく人ですね・・・。


お寺の案内マップ。

結構広いお寺です。

よく見るとコウモリの写真が有ります。

結構探したんですが、見かけなかったですね・・・。

王室寺院で、格式あるお寺の割に、参拝者は少なかったです。
数組しかいませんでした。
コンクリ像がイロイロ有りますが、それほどインパクトのある見どころは無いですね・・・。
コウモリも居なかったし。
参拝者を呼ぼうという意気込みは(多少)感じますが、本堂も閉まってるし、ちょっと空回りでしょうか?

地図

拍手[2回]

プラチンブリーの第3級王室寺院、ワット・バーン・クラバオです。
王室寺院って、市街(ムアン)の中心辺りに在ることが多いですが、このお寺は市街から30キロほど西の方へ行った所に在ります。
それもかなり田舎の方ですね・・・。

お寺敷地の道を挟んだ向かいに建設中のチェディー。

この時点でまだまだ掛かりそうな感じでしたが、もう出来てる頃でしょうか?
そこそこ大きなチェディーですね。

さっきのチェディーの手前に有った、お寺の看板と敬礼する警官?の像。

う~ん、なんでしょう・・・?
タイのお寺では、兵士とか警官とかの像ってのがたまに有りますね・・・。

コチラがお寺本体の門。


門の横辺りに有る祠。


祠に祀られてる仏様。


反対側にもう一つ祠が有って、コチラは弥勒仏(布袋様)が祀られてます。

ずいぶん腹がデカいですね・・・。

向かって左手に有るお堂。


お堂の前。

プラ・メートラニー、テワダー(?)、小坊主の像です。
小坊主はメガネ掛けてます・・・。

テワダー?の後ろ姿。

羽根が生えてますね。
タイの天使(天女?)に羽根生えてましたっけ?
キンナリかな?よく解りません。

お堂の内部。

お坊さんが祀られてます。
右の箱の中は、タイ名物?のロウ人形のリアルお坊さん像です。

仏足跡。


お堂の裏、クルッ(ガルーダ)像です。

ギョロ目です・・・。

お寺の看板。

左にいらっしゃる緑のお方はプラ・イン(インドラ神)ですかね?
なぜか右にトラが居るんですが・・・?

なんだろ?このお方は・・・?

弓矢と刀を持って、メッチャ走っておられます・・・。
首に掛かってるのは何だろ?サンゴかな?と思ったら・・・よく見ると切り取った指でした・・・?
なんなんだ・・・。誰なんだろ・・・?

コレはキンナリかな?

コブラと格闘してますね・・・。

さっきのお堂の並びに有る本堂。

まあまあ立派ですが、閉まってました。

正面の仏様。


屋根正面の装飾。

エラワンに乗るプラ・イン(インドラ神)ですね。
エラワンのハナとキバが飛び出してます。

裏側の装飾。

コレ、何のシーンでしょうか・・・?
ブッダが出家すべく出ていく場面?ウマの後ろの人は誰・・・?
よく解りません・・・。
何でコレを描こうと思ったんでしょうか・・・?

2/2に続く・・・。

拍手[1回]

プラチンブリーのお寺、ワット・テワーブットの続き。

大仏様の隣りにトタン屋根の建物が有り、中に涅槃仏がいらっしゃいます。

そんなに大きくはないですね。

お顔のアップ。

ちょっと不気味に見えますが・・・。

近くの別の建物にもう1体いらっしゃいました。

コッチの方が大きいですね。

やはりお顔がちょっと不気味な気が・・・。


涅槃物の裏辺りに祠が有り、イロイロな仏像が有ります。


同じく、祠の仏像。

オレンジの大仏の建物も同じ感じでしたが、こういう祠?がこのお寺の共通仕様?なんでしょうか?

さっきの祠の後ろというか手前?にあるコンクリ像。

ゾウとかウシとか、動物の像ですね。

全体的にイマイチな出来ですが・・・、特にトラはちょっとヒドいです・・・。


前回の礼拝堂の前辺りの林。


よく見ると、何やら飛び交ってます。


コウモリですね。

前にチャチュンサオのお寺でコウモリ見ましたが、このお寺もコウモリ寺(?)だったんですね・・・。
日本でよく見る小っちゃいヤツと違って、結構大きいです。

中途半端ですが、大仏、涅槃仏、コンクリ像が有り、コウモリも居る、と、割と見どころが有る訳ですが・・・、参拝者は全く居ませんでしたね・・・。
チャチュンサオのコウモリ寺は、中国人のバスツアーが来たりして、すごく人気のお寺でしたが・・・。
本堂ぐらい開けておけば良いのに、と思いました。

地図

拍手[0回]

プラチンブリーのお寺、ワット・テワブットです。
市街から少し西の方に行った所に在ります。

本堂。

ヒョロッとした細い感じのお堂です。
閉まってました。

正面上の方の装飾。


門の上の装飾のクルッ(ガルーダ)。

ちょっとマヌケ?なお顔ですね・・・。

本堂の左に有るお堂。

コッチも閉まってました。
あまり飾り気がないお堂ですね・・・。
扉が無いですが、裏面に有ったのかな?

本堂の右手に有る目立つ建造物・・・。

すき間から大仏が見えてます。
どうせなら、もっと大仏がよく見える建物にすれば良いのに・・・。
しかもオレンジのこんな目立つ色で塗って・・・。
仏像の向きも意味不明ですよね・・・?

反対側から見たところ。

ココが入り口です。

両側に階段が有り、真ん中に像が有ります。

ゾウとウドラカさん(左)と・・・、あと誰か、の像です。
ちょっと出来がイマイチですね・・・。

コチラが大仏様。

大きさ的にもビミョーです・・・。
この建物の意味が全く解りません・・・。

大仏の前の仏像。


大仏の前辺りにある祠。


祠の内部。


何というか・・・、ビミョーな出来の仏様ばかりですね・・・。

「味が有る」という気もしなくもないですが・・・。

2/2に続く・・・。

拍手[0回]

プラチンブリーのラク・ムアン(市の柱)です。
川のほとりにサーラー・ラク・ムアン(ラク・ムアンの祠)が在ります。

コチラがサーラー・ラク・ムアン。

まあ、ごく一般的な祠ですね。

屋根の装飾。

プラ・イン(インドラ神)ですね。
台座にゾウがいます。

別の面。

黒い肌で台座に水牛がいます。
ヤマ(閻魔様)でしょうか?

また別の面。

う~ん、どなただろう・・・?
布団たたきみたいなの持っておられます。
台座には竜っぽいのがいます。
ヒザにハトが乗ってますね・・・。

最後の1面。

コチラもどなたか分かりません。
台座に拝んでる人?がいます。
眉毛が太いですね・・・。つながってるし。

サラーの内部。


コチラがラク・ムアン。

先っちょに4面が乗っているタイプです。

先っちょのアップ。

この4面ってたまに見ますが、プラ・プロム(ブラフマー神)なんでしょうか?

よく見えませんが、ガラスケースに入った仏様。


ラク・ムアンの周りのイロイロな像。

観音様とかプラ・ピッカネー(ガネーシャ神)とか見えます。

他にもクマントンとかも。

水子供養ですかね・・・。

まあ、割と一般的なラク・ムアンでした。
何人かお参りに来ている人もいました。

地図

拍手[1回]

プラチンブリーのお寺、ワット・ケーオ・ピチットの続き。

敷地手前の方にある礼拝所にある涅槃仏。


同じく礼拝所の仏像。


礼拝所の近くに有る八角形のお堂(?)。


お堂の中の仏像。


仏足跡。


本堂の前に有る建物とその前の像。

どなたなんでしょうか・・・?王様?
変わった形の建物ですね・・・。
モスクっぽい感じです。

さっきの像の後ろに有る像。

仏像とガネーシャ神像や他のヒンドゥー神っぽい神様の像です。

なんだろ?木の根っこを彫刻しているんでしょうか?


干支の動物が彫られてます。


さっきの建物の内部。

プラ・ピッカネー(ガネーシャ神)像。
博物館的な感じです。

なんだろ?墓石みたいですが・・・。

字が彫ってありますね。
王様のサインを彫ったんでしょうか?

農機具のようです・・・。

タイの文化習慣とかを展示してる感じです。

小舟に乗る女性(マネキン)・・・。

横にデカい魚が泳いでます・・・。ライギョかな?

礼拝堂かな?

かなり特徴的なお堂ですね。
閉まってましたが・・・。

正面の装飾。


川沿いの塀の上のナーク。

銀色でキレイです。
脇の柱の上にニワトリの像が有ります。
そういえば他の写真にもニワトリ像が写ってますね。
何か関わり有るんでしょうか?

タイのお寺ではたまに見かける、魚のエサの自販機。

魚にエサをあげてタンブンします。

なかなか見どころ多いお寺です。
博物館?はイマイチでしたが・・・。
結構人気のお寺のようで、参拝者が結構いました。

地図

拍手[1回]

プラチンブリーのお寺、ワット・ケオ・ピチットです。
プラチンブリー市街(ムアン・プラチンブリー)の中に在ります。

コチラが本堂。

壁が茶色で、結構特徴的なお堂です。

本堂の門の上の装飾。


さっきの装飾に時計が有るんですが・・・。

本物の時計じゃないみたいです。
なぜココに時計を入れる必要が有ったんでしょうか・・・?

お堂正面の装飾。


結界石と仏像、弥勒仏像。


本堂正面壁の装飾。

この場面の絵も時々見かける気がしますが、何のシーンなんでしょう?
よく解ってません・・・。

さっきの絵の上の方の装飾。


本堂の内部。

内部の壁は水色ですね・・・。

ご本尊。

座仏の後ろに立仏というのは変わってますね。
座仏の印相も今まで見たことない気がします。

立仏。


本堂内の壁画。

船が描かれてます。
上の方、船が沈没して怪魚?に襲われてるシーンです。

天国と地獄・・・でしょうか?

上の方に有るチェディーは、例の、天国に有るというチェディーでしょうか?

地獄パートの絵。

割とソフト?なタッチです。
真ん中の人、頭にチャクラ(円盤)が刺さってますね・・・。
右上の羽根?が有る人は何でしょうか?
コウモリ人間・・・?

別の絵。

コレも天国と地獄でしょうか?

左の方、やはりチャクラが刺さった人がいます・・・。


本堂を少し離れた所から見たところ。


2/2に続く・・・。

拍手[0回]

プラチンブリーのお寺、ワット・シー・マハー・ポーの続き。

コチラが本堂。

敷地の奥の方に在ります。
割と立派なお堂ですが、閉まってました。

結界石と本堂の正面。


本堂正面の装飾。

プラ・メートラニーの場面です。
このシーンがココに描かれているのは、珍しい気がします。

お寺の建物。


建設中のサーラー。

金色のハスの蕾がキレイです。

サーラーの仏様。

真ん中に井戸みたいなのが有ります。

お寺正面の門の脇に有る青色のシンハー。


お寺の向かい、道を挟んだ正面にも何か有ります。


この木を祀っているようです。

インドから持って来た、ブッダが悟りを開いた菩提樹から株分けした木だとかなんとか書いてあった気がします。
真偽不明ですが・・・。

木の周りに仏像が並んでます。


菩提樹の下の仏像。


木の幹に金箔が貼られてます・・・。


何だろ、コレは?

石の台・・・ですかね?

仏足跡。

小さ目です。
逆にこういうサイズのは珍しいかも?

菩提樹の所でいただいた、ラミネートした葉っぱ。

何か処理してあって、葉脈だけになってます。
また、真ん中に金箔が貼ってあります。
コレはなかなか良いですね・・・。

王様の極小像。

どなたでしょうか?
タークシン王?

なかなか見どころが多い、良いお寺でした。
結構人気が有るようで、参拝者もそこそこいました。
大型観光バスが何台か来ていたりして、観光コースにも入っているみたいです。

地図

拍手[4回]

プラチンブリーのお寺、ワット・シー・マハー・ポーです。
前回のワット・コア・サモーから、さらに西の方に行ったとこらへんに在ります。

敷地入って正面右手にお堂?が有ります。

なんか遺跡っぽい柱とか立っています。

お堂の内部。

石製?の仏像が祀られています。
珍しく(?)説法印の仏様ですね。

左の方に有る仏足跡2点。

左はフツーの金属製ですが、右のは石製?の両足タイプです。

敷地手前の方に有るプラ・サンカチャイ像。

まだ色を塗っていないのかな?

なにやら出土品っぽいモノが置いてあります。

顔はヤックかな?

この柱はリンガでしょうか?


ヨニとかも有ります。

古いモノなんでしょうか?

最初のお堂の右手の方に行った所にある、小さいチェディー。


チェディーの前で拝む人。

奥にヤックがいます。

お坊さん像?

ココにも遺跡っぽい柱が有ります。

傾いたプラ・リーラー(遊行仏)像。

何とも言えないお顔です・・・。

チェディー。


チェディーの前のシンハー。


2/2に続く・・・。

拍手[0回]

プラチンブリーのお寺、ワット・コア・サモーです。
前回のワット・フア・ワーからちょっと西の方に行った所に有ります。

コチラが本堂。

まあ、フツーのお堂ですね・・・。
閉まってました。

正面装飾の仏様。

鉢を持った立仏です。
ちょっと変わってるというか、珍しい・・・気がします。

結界石。

ハデな色使いです。

礼拝堂。

コッチも閉まってました・・・。

斜めから見た礼拝堂。

フツーっちゃフツーですが、色使いとか、ちょっと変わってる気がしなくもないです。
結構新しそうです。

木窓の上の装飾。


プラーン型のチェディー。

コレも新しいですね。
下が祠になっています。

チェディーを支える赤と緑のヤック。

下の方で支えている事が多いですが、ココのはかなり上の方で支えてます・・・。

チェディーの内部に祀られている仏足跡。


お寺の建物。

田舎のお寺にこういう建物がよく有ります。
法事とかを行う場所でしょうか?

別の建物の装飾。


黒・白・金の仏様。


プラ・シバリー像。

土台のナークがちょっと変わってます。
なんか、ウルトラ怪獣的な顔をしてる気がします。

ピー(精霊)とかを祀る祠。

上段真ん中のお方はどなたなんでしょうか?

ココもだいたいフツーのお寺でした。
本堂も礼拝堂も閉まってましたね・・・。
参拝者の姿も見られませんでした。

地図

拍手[0回]

プラチンブリーのお寺、ワット・フワ・ワー・サマッキです。
前回のWat Pho Thiyanとかと同じ道沿いに有ります。

本堂。

フツーのお堂です。

正面の装飾。

エラワンに乗るプラ・イン(インドラ神)です。
エラワンは3頭です。
両側の頭はちょっと小さいですね。
プラ・インは緑の肌の事が多いですが、ココのは白い肌です。

結界石。

上の方に草?か何か巻きつけてあります。

本堂内部。

全く装飾とか無いシンプルなお堂です。
ご本尊もフツーですね・・・。

チェディー・・・?お墓?


ちょっと大き目の仏様。

祠はまだ建築途中なんでしょうか?これで完成・・・?

別の祠の仏像とお坊さん像。

右から2人目、なんかガイコツっぽいです・・・。

木の精を祀る祠。

木・・・といか杭ですね、コレは・・・。

まあ、ごくフツーのお寺です・・・。
本堂が開いていたのは良かったです。
参拝者は全く居なかったですが。

地図

追記。
チャオしたプラクルアン。

ウドラカさんですね。
裏がマーブルっぽくなっています。

拍手[1回]

プラチンブリーのお寺、ワット・ポー・ティヤンです。
前回のワット・ノパクーンからちょっと西の方に行った所に有ります。

本堂。


本堂の門の上の装飾。


本堂を斜めから見たところ。

まあ、フツーのお堂ですね・・・。
閉まってました。

本堂の横に有る祠。


反対側の装飾。

女性がいますが、何をしているんでしょう・・・?
右の人、ハープみたいなの持ってますが、何でしょうか?
左の人は皿か何か持ってますが、なぜ頬を押さえているんでしょう・・・。

正面の装飾。

テワダー?が花を撒いています。

祠の仏様。

手前の小さ目の仏像、結構古そうな感じです。

お顔がどちらも個性的ですね・・・。

手前の方は耳が大きいし、奥の方は・・・、目つき悪くないですか・・・?

仏足跡。


本堂と祠しかないシンプルなお寺でした。
参拝者は全く居ませんでした。
まあ、フツーのお寺ですからね・・・。

地図

拍手[0回]

1 2 3 4 5 6  →Next