タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
カウンター
アクセス解析
サムットプラカンのお寺・・・と思っていましたが、よく見るとバンコクのお寺、ワット・チェーンロン?です。
ほとんど境界辺りにあるお寺です。
路地みたいな道を結構奥の方に入って行きます。

本堂。

まあ、普通ですね・・・。
閉まってましたし。

本堂の右手前にあった祠。

こういうのって、プラ・プロム(ブラフマー神)とかが多いですが、お坊さんの像です。

本堂正面の壁画。

水曜日午後の仏様です。
なかなか良い感じです。
扉の上の装飾も良いですね。

本堂の裏手。

イヌがいっぱいいます。警戒してます。
更にこの後、イヌどうしケンカを始めてしまい・・・、これ以上近寄れませんでした・・・。

本堂の裏手にある礼拝堂。

ココも閉まってました。
庇が無い、ちょっと変わったお堂です。
なかなか良いですね。

礼拝堂の横あたりにある、水曜日午後の仏様。

本堂の壁画といい、なにか謂れがあるんでしょうか?
結構こういう像、好きです。
ゾウの足が埋まってますね・・・。

細い道を隔てて学校か何かがあり、そこの敷地内にいくつか像が有りました。

右手前、棒を持った女性・・・、ではなくメートラニーのようです。
仏様の顔といい、ちょっと特徴的ですね。
左のはゾウに乗ったヤックかな?

ぜんぜん人気(ひとけ)の無いお寺ですが、個人的には結構好きです。
お堂が開いてれば更に良かったんですが。

地図。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.413No.412No.411No.410No.409No.408No.407No.406No.405No.404No.403