タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
[01/18 あみん (hgn)]
カウンター
アクセス解析
バンコクの第1級王室寺院、ワット・ラーチャ・プラディットです。
前々回のワット・ラーチャ・ボピットから西の方、王宮方面に歩いて行くとあります。
バンコクの第1級王室寺院としては、これで10寺目、これでコンプリートです。

正面の門の内側。

中華系の人物の像が立ってます。
タイだとヤック、日本や中国だと仁王とかが立ってそうですが、どなたなんでしょう?

入り口扉の絵。

コレはヤックっぽいですね。

一段高くなったところに本堂があります。

壁が石のタイルで、キレイです。
このお寺、結構狭いので、なかなかお堂全体が入りません・・・。

土台の周りにはシンハーや中華系の人?の石像が並んでます。


土台の上、本堂前のシンハー。

コレも中華系の獅子ですね。

ヤリを持ったオジサンの像。


本堂内部。

ご本像は小さめですね。
壁画はハデではないですが、結構緻密に描かれてます。

ご本尊。

本体の地味さを背後のキラキラでカバーしてますね(多分)。

本堂の壁画。

ちょっと色使いがジミですかね・・・。
色あせてるのかも。

裏側から見た本堂。


屋根の装飾。


2/2 に続く・・・。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.572No.571No.570No.569No.567No.566No.568No.565No.564No.563No.562