タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
カウンター
アクセス解析
バンコクのお寺、ワット・パーシーです。
トンローとエカマイの間、ニューペップリー通り近くにあります。
せーンセーブの水上バスに乗って、バンカピ方面に向かうと、すぐ側に見えてくる怪しい?建物がソレです。

この建物。

ビルの上に仏塔が立っています。

境内の様子も他のお寺とは微妙に違っています。
なんかいろんな像が境内のあちこちに立っています。

これは仏様です。


グル・ハーミットって言うんでしょうか?
この方もタイ寺院ではおなじみですね。


モチロン、タイではお約束のプラ・シバリー、プラ・サンカチャイにプラ・ラーフやメートラニー、ジャトカム・ラーマテープなどもあります。

次に、ヒンドゥー教関係。
ブラフマー神(プラ・プロム)。

前には神妃のサラスヴァティー女神の像もあります。
コレはタイでは珍しいかも。

ヴィシュヌ神。

なぜか前にドゥルガー女神の像があります・・・。

ヴィシュヌ神の隣には、神妃のラクシュミー女神。

この女神も、タイのお寺ではあまり見ないですね。

そしてシヴァ神。

3大最高神そろい踏みですね。
こちらにもドゥルガー女神の像が。
こっちは良いんですが、ヴィシュヌ神の方は違うと思う。

ドゥルガー女神は単独でも奉ってあります。

隣はプラ・ピッカネー(ガネーシャ神)ですね。

中国系のもいくつかあります。
クアンイム(観音様)は良いとして・・・、この方はどなたでしょうか?

道教系の神様でしょうか?

タイの英雄か何かでしょうか?
赤い鉢巻をしておられます。


他にも、ずっと前に亡くなったタイの国民的歌手の方を奉った建物があっ
たりします。

あと、何頭か牛が飼われていて、干草を与えることが出来たりします。
モチロン、タンブンとして。

境内のプラ屋で買った、ヤモリの置物。
尾が2つに分かれています。
タイでは、2又のヤモリは幸運を呼ぶと言われているようです。


いろんな像とかを見るだけでも面白いと思います。
観光客はほとんどいませんが、タイ人には結構人気があるお寺のようです。

地図。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.115No.112No.110No.109No.106No.104No.103No.99No.98No.97No.96