タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
カウンター
アクセス解析
BTSオンヌット駅とプラカノン駅の間ぐらいを北上した所にあるお寺、ワット・マハーブットです。

観音様。
華僑、華人の影響からか、タイのお寺でもほとんどに観音様があります。


お葬式をあげる建物、だと思う。


礼拝堂の仏様。
赤ちゃんのようなかわいらしいお顔立ちです。


礼拝堂の前の売店でプラクルアンをチャオしました。
店番の人がいなくて、近くの花屋のおばあさんにお金を預かってもらったんですが・・・。

裏面。


左のリヤン(金属製)の方はどう見ても違うけど、プラ・ソムデット(粉製)の方は、さっきの仏様のような気もします。
背後にあるヒトデみたいなのは、さっきの仏様の背後にある凧(?)を表わしている・・・???


このお寺が有名なのは、このお堂に奉られている「メー・ナーク」のためです。

写真撮影禁止と書いてあったので、写真はないですが、金色の女性の像がありました。
服とか化粧品とかがいっぱい供えられていました。

「メー・ナーク」とは、タイ人なら誰でも知ってる怪談に出てくる女の幽霊です。
その話に出てくるお寺がここで、このお寺のお坊さんの力で、メー・ナークは成仏した、ということになっています。

あと、メー・ナークの横には、ツキを呼ぶ木があって、宝くじで一発当てたい人たちが木を撫で回していました・・・。

このメー・ナークは、怖い話ではありますが、愛する夫を思って幽霊になって現れる、女性の一途な気持ちが支持されているのかも知れません。

かわいいお顔の仏様といい、メー・ナークのお堂といい、なかなか見所のあるお寺でした。

地図。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.49No.45No.42No.38No.37No.32No.30No.28No.23No.17No.15