タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
カウンター
アクセス解析
バンコク、ニューペップリー通り近くのお寺、ワット・ウタイターラームです。
今回2度目の参拝です。
1度目はこちら

前回はタイ仏教の祭日で、夜だったですが、今回は昼間に行きました。

前回写さなかった所を中心にアップします。

ドラ?です。

タイのお寺にはよくありますね。
ここのは割と大きいです。

太鼓・・・。

いっぱい吊るしてあります。
鐘やドラもありますね・・・。

なぜか船が。
周りには動物の置物。
タイのお寺ではお馴染みです。


キンナラ像。

セクシーです・・・。

今回、本堂も礼拝堂も閉まっていました。
礼拝所が開いていたので、お坊さんにお経をあげてもらいました。

礼拝所の仏像。


プラクルアンの売店があったので、イロイロチャオしました。
その1。
素焼き製、かな?

お坊さんは「インドのプラだ」と言っていました。
インド製なのか、インドの仏像をモデルにした物ということなのか、よく分かりませんでしたが。
ちょっと珍しい感じで、気に入っています。

裏面。

ブッダの生涯の重要場面の絵が入っています。

その2&3。
これも素焼き製みたいです。
金色に塗られています。


裏面。


その4&5。
プラ・リヤンとプラ・ピッターです。


裏面。


その6。
ガネーシャ神(プラ・ピッカネー)の極小像。

お坊さんの話では、第二次大戦後、チェディーが崩れた時があって、その際にチェディーの中からこのガネーシャ像が発見されたんだとか。
そう言われてみれば、歴史を感じるような気も・・・。
しかし、値段も安かったし、古い物ではない気もします。

後姿。

コレも結構気に入っていたんですが・・・。
ヨメさんが翌朝、「夢にこのガネーシャが出てきて、お寺に帰りたいと言っていた」とか言って、お寺に返しに行ってしまいました・・・。

前回紹介したチェディーや仏像、今回紹介した物と、見どころも多く、またプラクルアンも面白いのがあり、なかなか良いお寺です。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.172No.171No.170No.169No.168No.167No.166No.165No.163No.162No.161