タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
カウンター
アクセス解析
バンコク、ラムカムヘンのお寺、ワット・テープリーラーです。
ラムカムヘン大学のすぐ近く。

門から入ってすぐ右にある礼拝所の仏様。

かなり金箔が貼られています。
結構人気のお寺のようです。

タイのお寺でよく目にする、金の玉。

たいがい9つあります。
新たにお堂とかを建てる際、コレを地下に埋めるようです。

小坊主(?)の像。
素焼きの陶器製かな?

アユタヤのワット・タカロンにもあるけど、なんでみんなメガネを掛けてるんだろう・・・?

イロイロ、お馴染みの面々の像がありました。
左のはヴィシュヌ神(プラ・ナライ)かな?
右のお方は・・・、ラーマ5世でしょうか?

目と唇だけ黒いのがちとアレですが・・・。

他にも、プラ・シバリー、ラーフ・・・、珍しい所では、クベーラ神(チベット様式かな?)らしき像もありました。

礼拝堂。

結構立派な建物です。
お坊さんにお経をあげてもらう所には、何十人と言う参拝者がいて、同時にお経をあげてもらいます。
モチロン、オレもタンブンしました。

礼拝堂の奥に、本堂があります。
閉まっていましたが。


境内にあった、ナゾの箱・・・。
この方はいったい誰でしょうか?

ヨメさんいわく、無縁仏(?)のためのお墓を造るのに寄付を頼んでいるんだとか。
お金を入れると、センサーが検知して、なにやらテープが流れ(お礼を言っている?)、手を上下に動かして感謝(?)します。
同じようなのがもう1体ありました。

参拝者も多く、にぎやかでした。
イロイロ仏像・神像等もあるし、祈るガイコツ君もあり、なかなか楽しめるお寺です。

地図。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.167No.166No.165No.163No.162No.161No.159No.158No.157No.156No.155