タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
カウンター
アクセス解析
バンコクのお寺、ワット・シリポーン・タム二ミットです。
バンコクの、結構北の方ですね。
バーンケーンのちょっと東、少し北上するとパトゥンタニーです。
高速のすぐ脇にあるお寺で、気になってました。

建設中のチェディー。

高速からよく見えます。
この写真は今から1年ほど前なんですが、2015年3月現在、まだ完成してません・・・。
まあ、タイではお寺関係の工事とか、そうとうゆっくりやってる印象がありますね。

なんかやたらと人がいます。

よく見ると、小坊主がいます。
奥の方にもっとイッパイいたんですが、どうも夏休み中にプチ出家する(させられる)ガキどものようです。

このお寺、やたらとコギレイな建物が並んでます。

お金持ち寺院なんでしょう、たぶん。

さっき人がイッパイいた前辺り、チェディーの裏に礼拝所があります。

コレはまあ、どうってことない、新しい仏像3体です。

礼拝所の仏像。

一番左だけビミョーに変わってますね。中華風?

お坊さん像、など。

真ん中の方は誰なんでしょうか?
中華寺院で見かける十六(十八)羅漢の中に居たような気がしますが、定かではありません。

仏足跡。

パッと見フツーですが、凹型と見せかけて、実は凸型です。

コッチは完全に凸型です。


礼拝所の裏手に本堂があります。

お堂自体もそこそこ立派ですが、土台の上に乗っているので、かなりの威容です。
高速からもよく見えます。

本堂の前のお坊さん。

持ち物からいくとプラ・シバリーなんですが、どうも実在のお坊さんっぽいですね。

屋根の装飾。

割とハデですが、上品な感じです。

結界石と土台部分の扉。

扉に描かれてる神様?ですが、右の方は水牛、左の方はワニに乗っておられます。

ご本尊。

立派な本堂なので、中のご本尊も・・・と思ったんですが、かなりフツーな感じですね・・・。
いつもは閉まってるっぽかったです。
たまたま開いていたみたいで、電気も点いてませんでした・・・。

本堂を横から見たところ。


チェディーは未完成だし、本堂はこの時は入れましたがいつもは閉まってるみたいだしで、意外と見どころは少なかったかな?
チェディーが完成したら、また印象が変わるかも。

地図。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.563No.562No.561No.560No.559No.558No.557No.556No.554No.555No.552