タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
カウンター
アクセス解析
バンコクのお寺、ワット・パーシーの続き。

新しい建物の中にある、お坊さんにお経をあげてもらう場所。

チェディーの模型(ハリボテ?)みたいなのがいくつかあります。
多分インドの仏塔ですね。

背中を向けた仏様・・・?

コレは珍しい・・・気がします。
ちょっと安っぽいですが。

裏っ側はどうなってんのかと見てみると・・・、板でした・・・。


礼拝所の祭壇。

以前は外に有ったヤツですね。

ピカピカの立仏。

なんか豪華な感じです。
ポーズとか割と特徴的ですね。

本堂。

なんと、まだそのまま有りました・・・。
すっかり新しい建物の内部に収まってますが。
内部もそのままでした。

本堂の横に、地下に下りる階段ができてました。

本堂の下に入れるようになっています。
まだ工事中で危ないですが・・・。

何があるのか、期待して下りてみましたが・・・、何もありませんでした・・・。

ただの通路です・・・。
これからなんか設置するんでしょうか?

本堂の奥にあるチェディー。

大きくはないですが、細目でちょっと特徴的です。
こんなん有ったかな・・・?

チャオしたプラクルアン。

さっきの立仏のようです。

裏面はチェディー。

ブッダガヤかどっかのチェディーですね、たぶん。
このお寺の「チェディーが乗った建物」の上のチェディーが、コレをマネして造られているんだと思います。

この時が2013年11月ですので、もうかなり出来上がってるころでしょう。
またそろそろお参りしたいと思います。
どうなってるのか楽しみです。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.493No.492No.491No.490No.489No.488No.487No.486No.485No.484No.483