タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
カウンター
アクセス解析
バンコク、トンブリー地区のお寺、ワット・クン・チャンの続き。

本堂。

前回、別の建物を本堂とか言っちゃってますが、コチラが正解ですね・・・。
前回も有ったはずですが、目に入ってなかったというか、印象に残ってなかったというか、まだよく分かってなかったんでしょうね・・・。
閉まってました。

本堂前のヤック。


本堂の左にも涅槃仏が有ります。

コレは確実に前回無かったです。
7・8メートルぐらいかな?

ビルマ風、かな?

ポーズもお顔も特徴的です。

ビルマ風涅槃仏の隣にある礼拝堂。

前回は内部だけしか紹介してませんでした。

礼拝堂の正面に窓があって、内部が見えます。

上に「三寶仏寺」って書いてます。
実は、アユタヤのワット・パナンチューンとか、トンブリーのワット・カラヤンミットと同じく、「鄭和」を祀るお寺だったんですね・・・。

礼拝堂の右手前にある祠。

観音様とか弥勒仏が見えます。

ビルマ風涅槃仏の裏手にチェディーが有ります。

コレも前回見た記憶無いです・・・。

前回、本堂と間違えた建物。

変わった形してます。

中には中華風の石製?の仏さまと涅槃仏がおられました。

壁がキラキラしてます。
このお寺、涅槃仏が多いですね。
それも中華風、ビルマ風と、違った雰囲気のがあります。
銀色の涅槃仏は、どこ風なのかよく分かりませんが・・・。

火葬場・・・。

右にカラフルなチェディー?が建ってます。
左に見える白いのは、ワット・パクナムの大チェディーです。

前回来た時は、我々以外数組しか参拝者がおらず、閑散としてた記憶があるんですが、今回、たくさん参拝者がいてにぎわってました。
ファランの観光客とかも来てました。
まあイロイロあってオモシロいお寺ですから、前回来た時、もっと人気があっても良さそうなのに、と思ってました。
前回、写真撮り忘れたのとかも有ったので、再訪したいと思ってました。
今回、ビルマ風涅槃仏が増えてたり、前回見てなかったモノとかも見れて良かったです。

地図

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.641No.640No.639No.638No.637No.636No.635No.634No.633No.632No.631