タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
[02/27 しぶぞう]
[02/27 tetsu]
[01/18 しぶぞう]
カウンター
アクセス解析
バンコク、ヤワラーの中華寺院、ワット・モンコン・カマラワートの続き。

3如来の両側の方たち。

中華寺院ではオナジミ?の、十八羅漢ですね。

反対側。


大雄寶殿の右の方のお堂。


「財神爺」は前にも見たこと有りますが、他はあまりよく分かりません・・・。

ヒゲ面のオッサンにピンクのベールは・・・、どうなんでしょう・・・?

地蔵菩薩ですね。


観音菩薩のようです。


観音様の右側に涅槃仏がおられます。

イマイチ見えにくいんですが。

コレはまた別のお堂。

お坊さんかなにかだったかと。

プラクルアン。

さっきの十八羅漢の面々が描かれてます。

もう一点、タンブンしたらいただいた首にかけるお守り。

読めそうで読めん・・・。

最初の広場の所。

なんかロウソクに火を灯したのがイッパイあります。

さっきのロウソクの所の奥がお堂になっていて、その内部。

なんか物置状態なので、奥まで入りませんでした・・・。

完全に中華寺院ですね。
タイのお寺によく併設されてる中華ゾーンと違って、全く中国のお寺と同じです。
中華系の人だけじゃなく、完全な?タイ人も多く参拝してました。
このお寺、王族の方も参拝されるようです。
ずっと前、王族の方の参拝に出くわした事があります。

地図。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.552No.551No.550No.549No.548No.547No.546No.545No.544No.543No.542