タイ在住。 タイのお寺とプラクルアンにハマっています。 有名・無名のタイのお寺を紹介していきます。
2018.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
しぶぞう
性別:
男性
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
8 9 11 13
14 15 16 17 18 19
22 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[11/15 しぶぞう]
[11/15 NONAME]
[10/23 しぶぞう]
[10/13 ニシオ]
[06/13 中村真吾]
[01/10 しぶぞう]
[01/09 yajapa]
[05/08 あみん (hgn)]
[05/06 しぶぞう]
[05/06 あみん (hgn)]
カウンター
アクセス解析
チェンマイのお寺、ワット・プラ・タート・ドイ・カムの続き。

敷地の一番奥に回廊で囲まれたエリアが有ります。

一番奥というか、正確には一番手前なんでしょう。
駐車場が裏なので、奥から順番に見て来てます。

ヤックが居眠りしてます。

プレーのワット・プラタート・ストーン・モンコン・キーリーと似てますね。

回廊の入り口のシンハ?

なんかヤック?と絡み合って?ます・・・。

反対側。

コッチも緑のヤックにのしかかってますね・・・。
何してるんでしょうか・・・?

回廊の中に有るチェディー。

小さめのチェディーです。

チェディーの周りに祠がいくつかあります。

コレはどなたでしょうか?
タイドレスが奉納されてますので、木の精かな?と思うんですが、両側のサルがよく解りません・・・。

コチラはウドラカさんですね。

トラ、ヒョウ柄なんで分かりやすいです。

チェディーの裏、じゃなく表側にお堂が有ります。

人と見比べれば分かりますが、結構小さいお堂です。

お堂の横にいるヤック。

色使いがハデです。

お堂の内部。

内部も当然、狭いです。

お堂の右側にある祠の内部。

たくさんの参拝者でごった返してました。
花が山のように積まれてます・・・。

祠の仏様。

有名な仏様なんでしょうか?
手前に書かれたマークはヒンドゥーのシンボル(オーム?)だし、左の絵はラクシュミー女神、右側はアルダナーリー・シュヴァラ(シヴァ神&パールバティー女神)が描かれてます。
なんかヒンドゥー色が強いですね。

さっきの祠の裏。

地蔵菩薩ですね。
ヒンドゥーから一転して大乗仏教系です・・・。

中央のお堂の正面。

・・・人多いですね・・・。

回廊の正面入り口脇に立つお方。

・・・なんて言うんでしょう?キンナラ?
顔がゾウです。

ハヌマーンですね。

山を持ち上げてます。
ラーマキエン(ラーマーヤナ)のエピソードですね。
薬草を探しに行ったがどれか分からず、山ごと持ち帰るという・・・。

正面の階段。

本来はコチラから上って来るべきところなんでしょうね・・・。
結構のぼって来るエライ?方々がいますね・・・。

階段上りきったところが展望台みたいになってます。
ラクシュミー女神がいらっしゃいます。

チラッと見えてますが、向こうにプラ・ピッカネー(ガネーシャ神)もいらっしゃいます。

プラ・イン(インドラ神)。

ちっちゃいですが、エラワンに乗っておられます。

展望台から見た景色。

街まで遠いし、たいして高くもないですが・・・。

チャオしたプラクルアン。

裏面にチェディーっぽいのが描かれてます。

大仏、涅槃仏に小さいお堂、他にもイロイロと、見どころ多いお寺でした。
参拝者も多く、にぎわってました。

地図

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.677No.676No.675No.673No.672No.671No.670No.669No.668No.667No.666